ブログ

SEOキーワードの選び方|ブログで稼ぐために狙うべきSEOキーワード選定とは?

こんな悩みはありませんか?

  • SEOキーワードの選び方が分からない!
  • 「SEOキーワードがなぜ大切なのか?」が分からない!
  • SEOキーワードを選ぶときに使う無料ツールを教えて欲しい!
ブログのアクセスを集めるためにはキーワード選定が大事って本当?
ブログで失敗する人の多くは「SEOキーワード」の選定が甘いんだ。どんなキーワードを狙うかを戦略的に決めるだけでアクセス数は大きく変わるよ!
MONEBLO

「ブログにアクセスを集めたい!」と思ったら、「どのSEOキーワードを使って検索結果の上位表示を狙うか」を決めることが非常に重要です。

SEOキーワードの選定で手を抜いてしまうと、いつまでたっても収益の立たないブログになってしまいます。

この記事では、SEOキーワードの選び方の重要性を解説した上で、SEOキーワードを選定する具体的な手順を紹介します。

あなたのブログが「収益を生み出すブログになる」ための重要な情報となっているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

SEOとは?という方は、まずはこちらの記事で基本事項を確認してから、この記事を読んでみてください。

SEOキーワードとは

SEOキーワードとは、簡単に言うとGoogleやYahoo!のような検索エンジンで、ユーザーが検索するキーワードのことです。

例えば、この記事では「SEOキーワード 選び方」のような検索ワードを想定して記事を書いており、「SEOキーワードを選ぶ際のポイントや具体的なやり方」を解説しています。

SEOキーワードを意図的に決めてから記事を書くのと、漠然と記事を書くのとでは、アクセスの伸びは大きく変わってきます。

例えば、「SEOキーワード」に関連する記事でいえば、「SEOキーワード 選び方」は月間で100~1,000の検索ボリュームがありますが、似たような「SEOキーワード 選ぶ」は0~10の検索ボリュームであり、どちらのSEOキーワードを記事に盛り込むかで、全く結果が異なってしまいます。

Googleなどの検索エンジンは、どんな記事が書いてあるのかを記事のタイトルやSEOキーワードを基に判別し、検索エンジンに登録します。

つまり、SEOキーワードはGoogleにどんな記事かを知らせる重要な役割があるといえます。

そして、アクセス数を見込む記事を書くには、まず「ユーザーが検索するSEOキーワード」を選定することが非常に重要なのです。

アクセスが見込めるSEOキーワードを選んだ後は、検索エンジン上位に掲載される記事を書くことが重要となります。記事の書き方についてはこちらの記事で解説しています。

SEOキーワードの選び方

では、具体的なSEOキーワードの選び方を説明します。

SEOキーワードの選定は、以下の2ステップが重要です。

  1. SEOキーワードの候補を100個程度出す
  2. 各SEOキーワードの検索ボリュームを調べる

ステップ1. SEOキーワードの候補を100個程度出す

まずは、SEOキーワードの候補を「素早く」「できるだけ多く」出してみましょう。

個人ブログであれば、基本的にロングテールキーワードと呼ばれる2語以上の複合キーワードのSEOキーワードを沢山出すことがおすすめです。

例えば「SEO」に関連する記事を書きたいのであれば、「SEO とは」「SEO ポイント」などを100個を目安に選定します。

まずは、自分自身がどんなキーワードで検索するかを考えて、キーワードを選定してみましょう。その上で、キーワード検索ツールを使い、足りない部分を補ったり、キーワードを深掘りしていきます。

自分で思いつくSEOキーワードを挙げる

まずは、自分で思いつくSEOキーワードを挙げてみましょう。エクセルに打ち込むもよし、メモに書き出すのもよしです。

この時に大切なのは「ユーザー視点に立つ」ことです。

検索をする多くのユーザーは「悩み」や「わからないこと」を解決したくて検索します。

そのため、自分が同じ立場ならどのようなキーワードで調べるかを考えてみると、比較的アクセスの集まるSEOキーワードが選定できます。

SEOキーワード検索ツール(「ラッコキーワード」がおすすめ)を使う

思いつくものが出きったら、SEOキーワード検索ツールを使ってみるといいでしょう。

SEOキーワード検索ツールにはGoogleキーワードプランナーなどいくつかのツールがありますが、手軽に使えておすすめなのが「ラッコキーワード」です。

ラッコキーワードは、無料で使えて検索ボックスにSEOキーワードを入力すれば、沢山の複合キーワードが出てくる優れもののツールです。

さらに詳しく!

「ラッコキーワード」では、主に「サジェストキーワード」を調べることができます。「SEOキーワード」を大別すると、「サジェストキーワード」と「関連キーワード」に分けられます。「サジェストキーワード」とは、検索ボックスにキーワードを入力したときに、自動表示される「検索候補」のことで、SEOキーワード選定において非常に重要なものです。

試しに、メインのキーワードを「SEO」にして検索すると、以下のような画面になります。

複数の関連キーワードが表示されるので、この中からSEOキーワードの候補となるものをピックアップしましょう。

まずは「このキーワードを使った記事なら書けそう!」と感じるものをピックアップするといいよ!
MONEBLO

ステップ2. SEOキーワードの検索ボリュームを調べる

ラッコキーワードで、キーワードを選定した段階で記事を書くのはまだ早いです。

次は、それぞれのキーワードの検索ボリュームを調べてはじめてどんな記事を書くべきかが決まります

ラッコキーワードでキーワードを洗い出した段階では、それぞれのキーワードの検索ボリュームがわからず、中には月間の検索ボリュームが「0~10」など非常に少ないものも混じっているかもしれません。

そのため、検索ボリュームを調べるツールを使って、優先的に書く記事を決めていきます。

検索ボリュームを調べるツールも色々ありますが、手軽に使えておすすめなのは「NEIL PATEL」です。

NEIL PATELでは、調べたSEOキーワードの検索ボリュームのほか、関連キーワードのボリュームや、参考になるコンテンツ(記事)も提示してくれるため、非常に便利です。

「左側メニュー>「キーワード」>検索ボックス」で「SEOキーワードを入力>検索ボタンをクリック」という流れで利用します。

NEIL PATELの使い方

例として、「SEO ブログ」の検索ボリュームを調べてみました。

検索結果によると「SEO ブログ」では検索ボリュームが1,000程度ということがわかりました。

また、「SEO難易度」では上位表示の難易度が示されており、「易」と書かれているので、この検索ワードで上位表示させることはそれほど難しくないことだということがわかりました。

 

下にスクロールすると、検索ボリュームランキングが表示されます。

ランキングの結果を加味して今回は「SEO ブログ 書き方」をサブキーワードとすることにしました。

個人のブログが最初に狙うべき検索ボリュームは、100~10,000がおすすめです。

検索ボリュームがあまりにも大きなSEOキーワードを選んでしまうと、記事を検索上位にあげることが難しく、一方で検索ボリュームがほとんどない記事はせっかく書いても殆ど読まれません。

Googleの検索エンジンの仕組みは、サイトのE-A-T(専門性-権威性-信用性)を重要視するアルゴリズムが組まれており、ドメインパワーの強い公的機関や上場企業が検索上位を取りやすい構造です。そのため、個人ブログがE-A-Tの評価が高いサイトに真っ向から挑むのは得策ではなく、ドメインパワーの強いサイトが少ない月間100~10,000のボリューム数を狙うべきなのです。

オススメ!
<br /> E-A-Tとは?SEO対策に最重要なポイントを解説!個人ブログを収益化する戦略も公開!

続きを見る

まとめ 30秒でこの記事を理解できる!

「ブログにアクセスを集めたい!」と思ったら、まず「どのSEOキーワードを使って検索結果の上位表示を狙うか」を決めることが非常に重要です。

なぜなら、「SEOキーワード選定」で手を抜いてしまうと、アクセス数を見込めずに、いつまでたっても収益の立たないブログになってしまうからです。

そのため、戦略的にSEOキーワードを選定しましょう。

具体的には、以下の2ステップで選びます。

  1. SEOキーワードの候補を100個程度出す
  2. 各SEOキーワードの検索ボリュームを調べる

個人のブログがまず最初に狙うべき検索ボリュームは、100~10,000がおすすめです。

SEOキーワード選定をしっかりと行って、収益の立つサイトを作っていきましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

-ブログ
-,

© 2021 マネブロ|副業・節約 お金に関するまとめサイト Powered by AFFINGER5