ブログ

【入門編】SEOとは?SEOの言葉の意味と重要性を簡単に解説!

こんな悩みはありませんか?

  • ブログを始めたけどSEOの意味がわからない
  • SEO対策が重要って聞くけど、何で大切なのか知りたい

ブログを副業にする場合、SEO検索エンジン最適化いう言葉を嫌というほど聞くことになります。

そのため、ブログをスタートする段階で、その意味と重要性を正しく理解しておかなければ、あとあと後悔することになります。

この記事では、ブログ初心者の方にわかりやすいように「SEOとは何か」「SEOが大切な理由」を解説していきます。

結論として、SEO対策とはユーザーファーストの記事を書くことであり、それがブログで稼ぐ上では最重要です。

それでは、本編をどうぞ!

SEOとは

SEOとは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略称で、Googleのような検索エンジンに評価されるように、Webサイトを構築することを指します。

SEO対策を施したWebサイトは、検索エンジンで調べものをした際に検索上位に表示され、より多くのユーザーがWebサイトに訪問してくれます。

つまりSEOとは、運営するWebサイトの訪問者を増やすために、検索エンジンに評価されるサイトを構築することと言い換えることができます。

検索エンジンとは

検索エンジンとは、インターネット上の情報を探すシステムのことを指します。

GoogleやYahoo!を立ち上げると、下の写真のように検索窓が現れますが、これが検索エンジンです。

Search engine

検索エンジンにキーワードを入れると、どんな記事を求めているのかを分析して、検索結果を表示します。

検索キーワードをもとに、検索エンジンが独自のアルゴリズムで分析し、もっとも「適切」で「価値ある」記事やサイトから順位付けして、結果を表示するのです。

「適切」と「価値ある」という言葉を使いましたが、検索キーワードに対して、どんな記事が「適切」で「価値があるか」を判断するために、Googleの場合は200以上のアルゴリズムをもとに分析しています。

例えば、ドメインの強さ、記事の文字数、キーワードの使い方、文字装飾、画像の使い方、サイトのスピード、内部リンク・外部リンクなどの、さまざまな観点で評価され検索順位が決まります。

そのため、ただ作文が上手なだけでは、検索エンジンにとって「適切」で「価値がある」とはいえません。

ブログで稼ぐためには、検索エンジンに好まれる記事を作成できなければならないのです。

さらに詳しく!

実は、Yahoo!もGoogleの検索エンジンを使っており、見た目はYahoo!ですが中身はGoogleです。そのため、国内で90%以上はGoogleの検索エンジンを使っています。

ちなみに残りの10%はbingの検索エンジンです。

例えば、Googleで「SEO 初心者」と検索すると、合計8,290,000件のサイトが検索されます。その中から、Googleがもっとも解決策に近いと思うWebサイトを上から順に表示します。

検索結果

上の画像の場合、検索1位は「SEOとは?初心者でも簡単にできるSEOの基礎と基本を学ぶ」というWebサイトが表示されています。

つまり、この記事は、「SEO 初心者」というキーワードにおいて、検索エンジンに評価されるSEO対策が施された記事といえます。

SEOがブログで稼ぐために重要な理由

ブログで稼ぐ方法は「広告収入で稼ぐ方法」「自社商品を販売する方法」のいずれかが主な方法となります。

いずれにせよ、大切なことは「ブログのアクセスを増やし、ブログの成約率(販売率)を上げる」ということです。

その上で、SEOは必須となる知識です。

SEO対策とは、Google検索で1位を目指すということ!

 

SEOの基本

SEO対策は、言い換えればGoogleなどの検索エンジンからのアクセスを増やす施策です。

上の図を見てみると、ブログへのアクセスを増やすには、SEOSNSを使うことが一般的です。

つまり、ブログのアクセスを増やすためには、SEOからの流入を意識したブログづくりを行うか、SNSからの流入を意識したブログづくりを行うか、またはその両方を行うかの3択です。

SEOはGoogleなどの検索エンジンを使う全ての人が見込み読者になりますが、SNSは繋がりのある範囲内のせいぜい1,000人~1万人程度が見込み読者です。

明らかに潜在顧客の量でいえば、SEO市場が大きく、SEOで伸びるブログをつくることが収益を作るうえで非常に重要といえます。

SEOとSNSからのアクセスの違い

SEOは検索エンジンからの流入となるため、基本的には、関係値の低いアクセス(読者)の訪問です。

一方、SNSはフォロワーからの流入が主になるため、基本的には多少なりとも関係値のあるアクセス(読者)の訪問です。

つまり、SNSからの読者との関係値のほうが、SEOよりも深いことがわかります。

種別アクセス属性アクセス数と成約率(販売率)
SEO関係値が薄い方。Googleなどの検索エンジンで検索してブログにたどり着いた方アクセス数は多いが、成約率は低め
SNS関係値が濃い方。SNSのプロフィールや投稿からブログにたどり着いた方。アクセス数は少ないが、成約率は高め

短期的にみれば、成約率の高いSNSからの集客が、売上を上げるために高い効果を発揮しますが、長期的にみれば、アクセスが数十倍、数百倍になるSEOからのアクセスは大きな利益をもたらします。

SEOからアクセスした読者にも、記事の価値が高いと感じてもらえれば、読者から徐々にファンが増えていき、同時に成約率も上がります。

つまり、長期的にみれば、SEOからのアクセスを増やすことが、収益を大きく上げるうえで非常に重要といえます。

検索順位1位を取る重要性

SISTRIX社が公開した2020年7月の検索順位別クリック率データをもとに、検索1位をとる重要性を確認します。

検索順位クリック率
1位28.5%
2位15.7%
3位11.0%
4位8.0%
5位7.2%
6位5.1%
7位4.0%
8位3.2%
9位2.8%
10位2.5%

参考:SISTRIX社

表を参考にみてみると、検索1位のアクセス数は28.5%に対して、検索2位は15.7%と半分程度のアクセス数になってしまいます。

また、検索10位に対して、検索1位は10倍のアクセスになります。

つまり、検索1位になることは、ブログにアクセスを集める上で非常に重要です。

仮に月間検索数が1,000件の場合は、1位であれば285アクセスが見込め、10位であれば25アクセスしか見込めません。この違いは収益に大きな差をもたらします。
MONEBLO

検索順位1位を取るためには?

検索1位を取るには、200以上のアルゴリズムがある検索エンジンに、評価されるブログを作らなければいけません。

しかし、200以上のアルゴリズムの詳しい内容は公表されておらず、SEOマーケッターやブログを運営している達の様々な情報を踏まえて、検索エンジンに評価されるブログづくりをしていく必要があります。

それを踏まえて、SEO対策した検索エンジンに評価されるブログとは、「ユーザーファースト」が絶対条件です。

Googleなどの検索エンジンは、検索キーワードに対して、正しい答えを上位表示することが企業の社会的責任です。

そのため、ユーザーにとって読みやすく、信頼できて、悩みを解決するサイトが自ずと上位に表示される訳なのです。

 

具体的なSEO対策の方法に関しては、SEO対策をした記事を書くポイントの記事を読めば、ポイントが抑えられます。

まとめ 30秒でこの記事を理解できる!

「SEO」とは検索エンジンで、サイトを上位に表示させるために行う施策のことでした。

SEO対策は、ブログで稼ぐうえでもっとも大切なポイントの1つです。

そして、検索エンジンに評価される記事(SEO対策した記事)とは、ユーザーファーストの記事です。

読者目線を忘れずに、読者にとって価値のある記事を増やしていくことが、ブログで稼ぐ第一歩だと頭においてください。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

UESHO

マネブロのオーナー&複数企業の経営者。FP2級保持。 フリーランス時代に、ブログ・転売・投資・MLMなどあらゆるインターネットビジネスを経験済み。嘘にまみれたインターネットビジネスの世界を是正するため、マネブロでは、目で見た正しい情報だけを発信しています。

-ブログ
-,

© 2021 マネブロ|副業・節約 お金に関するまとめサイト Powered by AFFINGER5