水道光熱費

2020/11/23

固定費の節約|エルピオでんきで電気代を節約しよう!

「エルピオでんき」は、「価格.comの値引額ランキング」で1位を獲得している、とにかく電気代を抑えたい人におすすめの電力会社です。今回は、電気代を節約したい人に向けて、非常におすすめの「エルピオでんき」をご紹介します。

続きを読む

転売

2020/11/20

メルカリで稼ぐための「いいね!」を活用した裏技|「いいね!」を5個集めるメリット

今回は、フリマアプリ「メルカリ」の「いいね!」を使った販売術を3つ紹介します。また、「いいね!」たくさんもらうコツも同時に解説するので、メルカリで収益を上げたい人、メルカリでたくさんの商品を売りたい人は必見です。メルカリ転売にも有効ですよ!

続きを読む

サブスクリプション

2020/11/18

【24時間70円】傘のシェアリングサービス「アイカサ」の使い方を紹介!

70円で24時間使える!お得な傘のレンタルサービス「アイカサ」の使い方をまとめました。好きな場所で借り、好きな場所で返却できます。1ヶ月使い放題でも280円。コンビニでビニール傘を買うよりお得な「アイカサ」を紹介します!

続きを読む

税金

2020/11/17

減価償却とは?対象や計算方法をわかりやすく解説!

減価償却とは、取得価額が10万円を超える固定資産を耐用年数によって、数年に分けて費用計上することです。業務に使用していて、なおかつ時間の経過によって劣化するものが減価償却する条件です。減価償却の計算方法には、毎年一定の金額を経費にする定額法と、毎年一定の割合を経費にする定率法があります。

続きを読む

水道光熱費

2020/11/15

【基本料金タダ】Looopでんきとは?メリット・デメリットを解説!

基本料金が0円のLooopでんき(ループでんき)に切り替えることでどれくらい固定費を節約できるか知っていますか?定期的に電気代をはじめとする固定費を見直すことは節約に非常に効果的です。この記事ではLooopでんきのメリット・デメリットや料金プランを解説します。

続きを読む

Webライティング

2020/11/13

SEOの基礎|「検索意図(インテント)」とは?なぜ重要なのかを解説!

SEO対策をする上で、ユーザーの「検索意図(インテント)」を想定することは非常に大切です。検索意図、つまりユーザーのニーズを的確に叶える記事を書くことで、質の高いコンテンツとみなされます。この記事では、検索意図の重要性や種類についてわかりやすく解説します。

続きを読む

サブスクリプション

2020/11/9

【就活生必見!】「カリクル」でリクルートスーツを無料レンタルする方法

カリクル(caricuru)では、無料でリクルートスーツがレンタルできるキャンペーンを行っています。出費がかさむ就活生の味方であるカリクルの登録方法から使い方まで、画像付きで詳しく解説します。先着5,000名限定なのでお早めに利用してくださいね!

続きを読む

投資

2020/11/14

株式投資|会社四季報の読み方5【キャッシュフロー】を解説

この記事では、会社四季報の【キャッシュフロー】について解説しています。キャッシュフローでは、営業CF・投資CF・財務CFがあり、この3本柱を確認することで、「支出・収入」の流れが分かり、会社が保有している現金・現金化できる能力が分かります。

続きを読む

ブログ・Webライティング

稼げるブログタイトルは?初心者も3ステップでできるタイトル講座

こんな悩みはありませんか?

  • ブログをはじめたい!
  • ブログをはじめるときの注意点が知りたい!
  • ブログのタイトルの付け方がわからない!

ブログの収益を決める大きな要素は「記事タイトル」です。

この記事では、ブログ初心者でも収益化するための、タイトルの付け方について解説します。

ブログの始め方についてはブログの始め方ガイドで解説しています。

「ブログタイトル」とは?

まず、ブログのタイトルが持つ役割を確認しましょう。ブログのタイトルは、「読者が記事を読むかどうかを決める」役割と、「記事の内容を要約する」役割を果たしています。

読者は読む記事を選ぶ際に、最初にタイトルを見て、その記事を読むかどうかを決めます。

そのため、読者が「読みたい!」と思うタイトルを付けなければそもそも読まれませんし、せっかく読みたいと思った読者も、タイトルと記事の内容が全く違えば、すぐにページを閉じてしまいます。

そのため、タイトルは非常に重要な役割を果たしており、ブログの収益に直結します。

ブログのタイトルが、収益に直結する理由は2つあります。

  1. ユーザーが記事を読むかどうかを決めるため
  2. 検索順位に影響を与えるため

詳しく説明します。

ユーザーが記事を読むかどうかを決める

検索エンジンで悩みを検索したとき、パソコンでは検索結果が10個ほど表示され、スマホの場合は、2・3個の記事が表示されます。

読者は、その中から瞬間的に読むかどうかを決めます。

記事のタイトルは、その瞬間的な判断で読者が読みたいか否かを判断するための、最大の材料です。

「記事のタイトル次第で、読まれる確率も大きく変わる」といえます。

検索順位に影響を与える

Googleのような検索エンジンは、独自の計算システムを用いて、どの記事を検索結果の上位に表示させるのかを決めています。

検索エンジンが、記事の検索順位を決める際に重要視されるのが「タイトル」だといわれています。

基本的に「検索順位が上がるタイトル」と「読まれる確率が上がる」タイトルはイコールです。

つまり、「読まれる確率の上がるタイトル」を付ければ、自ずと検索順位も上がっていくと考えて問題ありません。

検索数が上がるタイトルの付け方

STEP1. 適切な文字数を確認する

検索エンジンで検索すると、パソコンの場合は「30~35文字」程度、スマホの場合は「36~41文字」程度が全文表示されます。

つまり、検索エンジンで適しているタイトルは35文字以内です。

その中でも、人間が平均的に読める文字数は「1秒に4文字」と言われています。

読む記事を検索結果から選ぶ際に、多くの方は「1秒」で判断するので、「4文字以内」に興味をひかなければ記事を読まれることはありません。

まずは「4文字」で興味を引き、その「4秒」で興味を引いた人が「3秒(12文字)」で記事を読むかどうかを判断します。

つまり、「12文字以内」で記事の概要を伝え、「35文字までの残り23文字」は、補足的なタイトルにするのがおすすめです。

STEP2. キーワードを盛り込む

検索エンジンは、サイトを上位表示させる際には「タイトルに含まれているキーワードを基にして検索順位を決める」といわれています。

そのため、タイトルには「検索ボリュームが高いキーワード」をいれるとよいでしょう。

検索ボリュームとは、Googleのような検索エンジンで、キーワードが検索される回数の量のことを指します。

検査ボリュームを調べるツールで、無料で使えてオススメなのが「aramakijake.jp」です。

「aramakijake.jp」は、キーワードを入力することで、その検索キーワードが月間でどれだけ検索されているか(されるか)を計算してくれます。

aramakijake.jpの画面

たとえば、「ブログの始め方」についての記事を書く場合を想定します。

ブログを始めたい人向けに記事を書く場合、想定されるキーワードは「ブログ」「ブロガー」などが挙げられます。

その場合に、「ブログ」「ブロガー」の、検索ボリュームを調べることで、どちらのキーワードを選ぶべきかを調べることができます。

試しに「ブロガー」で検索した場合は、以下の結果になりました。

検索ボリュームの調べ方

Google検索で月間11,840件の検索がありますね。

では、「ブログ」で検索した場合はどうでしょう?

「ブログ」という検索キーワードの場合

Google検索で月間440,000件の検索があります。

「ブロガー」と「ブログ」を比較すると、単純に11,840件と440,000件。「ブログ」は約37倍の検索があるといえます。

「ブログ」と検索する人が全員「ブログの始め方」を求めている訳ではないでしょう。

しかし、ブログで検索する人が多いのであれば、タイトルに入れるべき単語は「ブロガー」よりも「ブログ」でしょう。

さらに詳しく!

この場合「ブログ 始め方」と「ブロガー 始め方」の検索順位や「ブログ 初心者」「ブロガー 初心者」などを比較することも大切です。

STEP3. 意味がわかる「文章」にする

前章で選定したキーワードを基に、誰が見ても一瞬でわかる文章にしていきます。

タイトルを文章にするときに大切なポイントは、以下の通りです。

  1. 上位表示されているタイトルを参考にする
  2. 記事の概要を要約する
  3. キーワードの羅列はしない

詳しく説明します。

上位表示されているタイトルを参考にする

検索エンジンで検索した結果に表示される記事のタイトルは、「検索エンジンが高く評価した」ことを意味します。

そのため、上位表示されているタイトルを見比べて、まずは「どのようにタイトル文が書かれているのか」を知りましょう。

上位検索されている記事は、それだけクリックされている記事であり、タイトルをつける際に活かすことができます。

ちなみに「Webライター 初心者」で検索した場合の検索結果は以下の通りです。 検索結果の上位に表示されているページ

タイトルを見比べてみると、ある共通点がわかります。

それはどのタイトルにも、誰に向けて書いているのかを明示している点です。

つまり、タイトルを作るときには、「誰がターゲットなのか」を明確に書くことが一つのポイントといえます。

また、他にも「3ヶ月で副業収入0から月10万円」のように具体的な数字を示す、「業界歴5年」のように権威性を示す、「【】」で文頭を目立たせるなどのポイントが見て取れます。

このように上位表示のタイトルを分析することで、得られることは沢山あるのです。

記事の概要を要約する

タイトルの役割の1つは「記事の内容を要約する」ことでしたね。ユーザーはタイトルを見て、記事の内容を推測します。

そのため、タイトルと記事の内容は合致させる必要があります。

なぜなら、タイトルと記事に書かれている内容が本文で解決されていない場合、ユーザーは「期待を裏切られた」と感じ、そのサイトから離れる可能性が高くなるからです。

そのため、「記事の内容で一番伝えたいポイント」をタイトルにすることを忘れない様にしてください。

キーワードの羅列はしない

タイトルにSEO対策したいキーワードをいれると、上位表示される可能性が高くなります。

だからといって、検索ボリュームが高いキーワードをたくさん盛り込めば、検索順位が上がるわけではありません。

検索エンジンは、「ちゃんとした文章で構成されていないタイトル」を低く評価する傾向があります。

日本語として最低限成り立つ文章にしながら、最重要キーワードを12文字以内に(最低でも35文字以内に)いれてください。

まとめ この記事を30秒で理解できる!

ブログのタイトルは収益に直結し

  1. ユーザーが記事を読むかどうかを決めるため
  2. 検索順位に影響を与えるため

に重要でした。

その上で、検索数が上がるタイトルの付け方として

  1. 適切な文字数を確認する
  2. キーワードを盛り込む
  3. 意味がわかる「文章」にする

以上の3つが重要でした。

ブログのタイトル1つで、せっかく作成したブログが読まれるかどうかが決まるので、分析してつけてみましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-ブログ・Webライティング
-,

© 2020 マネブロ|副業・節約 お金に関するまとめサイト Powered by AFFINGER5