Webライティング

【初心者Webライター必見】SEO対策した記事を書くポイントを解説!

こんな悩みはありませんか?

  • どうすればSEOを意識した記事が書けるの?
  • Webライターが知っておくべき「SEO対策」って何?
  • 「SEO対策された記事」とは、どのような記事なのか知りたい!
Webライターで稼ぐには「SEO対策」をすることが大切みたいだけど、初心者の僕にはやり方がわからないんだ。
じゃあ、僕が初心者でもわかるように、SEO対策について説明していくね! 今回は「SEOを意識した記事とはどのような記事なのか」について説明するね!
MONEBLO

「SEO」とは、Googleのような検索エンジンで、Webサイトをなるべく上位に表示させることです。

Googleで検索順位が上位であれば、記事の露出が増えるため、読者に見てもらえる確率が上がります。

Webライターに記事を外注する企業や個人からすれば、読者に沢山見てもらえる記事が書けるWebライターは重宝したいので、高単価でもそのWebライターを採用する可能性が高まります

つまりWebライターからすれば、SEOを意識して結果の出る記事が書ければ、収入が上がると言い換えることができます。

SEOがわからない方は、こちらの記事で解説しているので、ぜひ参考にしてください。

関連記事
【初心者必見】SEOとは?Webライターで稼ぐための基礎知識

こんな悩みはありませんか? Webライターで稼ぐために必要なスキルを知りたい! SEOが全くわからない! SEOがWebライターに必要な理由を知りたい! Webライティングを始めたいと思っているのだけ ...

続きを見る

本記事では「SEO対策された記事とはどのような記事なのか」について説明していきます。

SEOを意識した記事を書くポイント

結論を先に言うと、SEOを意識した記事を書くポイントは、Googleに高く評価される記事を書けばいいのです。

Googleのような検索エンジンは、検索結果の順位を決められるからです。

検索エンジンの中でもGoogleに限定するのには、理由があります。

それは、Googleが検索エンジン市場において90%以上のシェア率を誇り、世界で最も使用されている検索エンジンだからです。

また、日本の検索エンジンとして有名なYahoo!も、Googleの検索エンジンシステムを採用しています。

そのため、Googleの検索順位の決め方がわかり、それに沿った記事が書ければ、記事の検索順位は上がっていきます。

Googleに高く評価されるには

では、Googleに高く評価される記事とは、どのような記事を指すのでしょうか?

Googleが高く評価する記事とは、一言で言えばユーザーの利便性を徹底的に考えた記事を指します。

Googleが、いかにユーザーのことを考えているかどうかは、GoogleとYahoo!のトップページを比較するとすぐにわかります。

Yahoo!のトップページには、様々な情報が詰めこまれているのに対して、Googleのトップページには広告がありません。

Googleのトップページは検索窓があるのみで、非常にシンプルなデザインになっています。これはシンプルに欲しい情報が届けられるようにとGoogleが意図した戦略です。

一方でYahoo!は、一覧でカテゴリを見ることができ、欲しい情報がある程度ジャンル分けで整理されています。

検索する内容が決まっている場合はGoogle、ネットサーフィンしながら情報を探したい場合はYahoo!がおすすめです。

また、Googleの検索結果には広告がいくつか表示されますが、広告には「広告」と明示されています。

そのため、ユーザーは広告と通常の検索結果とを、区別することができます。

基本的に、Webの広告は多くのユーザーからクリックされたいため、わざわざ広告に「広告」と明示することはありません。

その理由は「宣伝はクリックしたくない」と感じるユーザーに広告がクリックされなくなってしまうからです。

しかし、Googleはリスクを負ってでもユーザーの利便性を第一に考えて、広告だとわかりやすく明示しているのです。

また、Googleがいかにユーザーを大切に考えているかは、経営理念であるGoogleが掲げる10の事実でも理解できます。

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。
Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。金銭と引き換えに検索結果の順位を操作することは一切ありません。広告は、広告であることを明記したうえで、関連性の高い情報を邪魔にならない形で提示します。新しいツールやアプリケーションを開発するときも、もっと違う作りならよかったのに、という思いをユーザーに抱かせない、完成度の高いデザインを目指しています。

引用:Googleホームページ(Googleが掲げる10の事実)

Googleがユーザーを大切にする理由

Googleの中でコアとなる事業は広告事業で、会社全体の80%程度の売上を占めています。

検索エンジンを沢山の利用者に使ってもらうことが、Googleの売上に大きく影響するといえます。

なぜなら、Googleの検索エンジンの利用者が増えれば、利用者の多い場所に広告を流したいと考える企業も増えるためです。

つまり、Googleの検索エンジンで調べた時に、利便性の高い記事が検索結果で表示されたら、Googleを利用するユーザーが増えて、広告の売上が上がるのです。

これでGoogleがユーザーを大切にする理由がわかりましたね。

またGoogleのビジネスモデルを考えると、SEOを意識した記事を書くためにはGoogleに評価される記事。すなわち「ユーザーの利便性を第一に考えた記事」を書く必要があることもわかりましたね。

まとめ 30秒でこの記事を理解できる!

今回説明した内容を図で確認しましょう。

SEOを意識した記事は、Googleに高く評価されるような記事だとわかりました。

さらに、Googleが高く評価する記事とは、ユーザーにとって利便性が高い記事を指すこともわかりましたね。

次回はより具体的に、ユーザーの利便性が高い記事とはどのような記事を指すのかについて説明します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-Webライティング
-, ,

© 2020 マネブロ|副業・節約 お金に関するまとめサイト Powered by AFFINGER5