新着記事

投資

2021/1/27

株式投資|会社四季報の読み方11【配当】を解説

この記事では、会社四季報の中の【配当】について解説しています。配当金は、銘柄を購入する上で、欠かせない判断材料の1つです。この銘柄を購入すれば、どのくらいの配当金を受け取れる目安が分かるはずです。

続きを読む

転売

2021/1/26

メルカリで高額販売するテクニック3選!心理学を使った値段の付け方

こんな悩みはありませんか? フリマアプリに出品している商品をなるべく高く売りたい フリマアプリの販売利益を上げたい MONEBLO メルカリをはじめとするフリマアプリでは、商品の販売価格を工夫するだけで、商品の売上、利益は大きく変わります。 今回の記事では、売上と利益を大きくする販売価格のテクニックを紹介します。 フリマアプリの中で一番ユーザー数や取引数の多いメルカリを例に紹介しますが、基本的にどのフリマアプリでも通用するテクニックなので、ぜひ参考にしてください。 また、主に転売ヤー目線で記事を書きますが ...

続きを読む

スマホ・通信費

2021/1/25

【完全ガイド】LINE Out Freeの使い方とは?無料で電話番号通話ができる!

LINE Out Free(ラインアウトフリー)を使えば、電話番号を使った通話が無料でできます。15秒程度の広告を見るだけで毎回の通話料を節約できるので、ビジネスの場面やお店の電話予約などで便利なサービスです。今回は使い方を画像付きで解説します。

続きを読む

水道光熱費

2021/1/24

出光昭和シェルで電気代とガソリン代を今よりもお得に!最大25,000円の節約が可能!

石油事業で大手の出光昭和シェルが電力事業もしていることは知っていましたか?電気代だけでなくガソリン代も安くなる出光昭和シェルのプランや料金について詳しく解説します。どれだけ安くなるかも算出していきます。ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む

税金

2021/1/23

源泉徴収票とは?見方と必要なタイミングを解説!

源泉徴収票とは年収や所得、所得税額が記載された収入証明書の一つです。年末調整後の12月~翌年の1月または退職時に会社から発行されます。源泉徴収票の見るべきポイントは、「支払金額」、「給与所得控除後の金額」、「所得控除の額の合計額」、「源泉徴収税額」です。

続きを読む

投資

2021/1/22

証券会社とは?総合証券会社とネット証券会社の違いや仕組み・業務を解説!

株式投資をするうえで証券会社に関する知識は最低限持っておく必要があります。証券会社がどのような業務をしているのか分からない方もいるはずです。株式や債券などの有価証券を投資するためには、証券会社の口座は必須です。そこで、本記事では証券会社とは何かということや業務内容を解説します。

続きを読む

水道光熱費

2021/1/18

コスモでんきとは?豊富な電気プランで電気代が最大約7,000円節約できる!

2人以上の家庭で月に電気を200kWh以上使う方には特におすすめなのがコスモでんきです。最大で月約7,000円節約できるコスモでんきについてわかりやすく説明します。今の電力会社と比べてお得になるか確かめてみましょう。

続きを読む

ブログ

2021/1/16

CVR(コンバージョン率)とは?平均値、低い原因と改善方法まで詳しく解説!

CVR(コンバージョン率)とは、ブログに訪れた人の中から「成果(コンバージョン)」をした人の割合を表すものです。ブログの収益を上げるにはCVRを改善しましょう。CVRの基本から計算方法、改善方法までわかりやすく解説します!

続きを読む

税金

住民税って何?内容と計算方法が5分でわかる!

こんな悩みはありませんか?

  • 給与明細に書いてある「住民税」について知りたい
  • 住民税の計算方法が知りたい
  • いつから住民税を支払うのか知りたい
  • 地域によって税額が違うのか知りたい
給与明細に住民税っていう項目があるんだけど、住民税って何ですか?去年はなかったんですよ。
住民税は社会人2年目から徴収されるから、去年はなかったんだろうね。住民税がどんな税金なのか、いくら支払っているのかを解説していくよ!
MONEBLO

普通に生活をしていると住民税をいくら支払っているかはあまり気にしないかもしれませんが、給料から所得税や住民税、保険料が引かれた金額が、実際にもらえる手取り金額です。

どれだけ税金を支払っているのか、きちんと理解しておいても損はないでしょう。それでは住民税について説明します。

住民税とは

住民税とは、所得税のように所得に基づいて計算される税金です。

都道府県や市区町村が行っている教育・福祉・行政サービスなどを運用するために徴収されます。

住民税は、収入によって金額が変わる他、住んでいる地域によっても金額が異なります。

住民税は「道府県民税」と「市区町村民税」の2つに分かれ、さらに個人にかかる「個人住民税」と、法人にかかる「法人住民税」に分かれます。

本記事では、特に個人住民税について扱っていきます。ここからは、個人住民税のことを住民税とします。

住民税には以下の5種類が存在します。

所得割前年の所得金額に応じて課税
均等割定額で課税
利子割預貯金の利子などに課税
配当割上場株式の配当や召還差益に課税
株式等譲渡所得割特定口座での上場株式の譲渡益に課税

この中の「所得割」と「均等割」について知っていれば、多くの方は問題はないでしょう。

住民税の納付方法

住民税の納付方法は、普通徴収特別徴収の2種類があります。サラリーマンなどの給与所得者と65歳以上の年金受給者は特別徴収で、個人事業主などのそれ以外の方は普通徴収となります。

特別徴収

特別徴収とは、会社が毎月の給与から差し引き、従業員の代わりに会社が納付します。1年間で12回に分けて支払うので、従業員の負担は少なくなります。

また、税金の支払い忘れをする心配もなく、納税方法も簡単です。

サラリーマンでも給与所得以外に所得があり、確定申告を行なった場合は、その所得に対する住民税は特別徴収の対象です。

給与明細の中に「住民税」の項目があると思うよ!
MONEBLO

普通徴収

普通徴収とは、納税者が自ら自治体に納税する方法で、自治体が納税者に納税通知表を交付します。支払い時期は6月、8月、10月、翌年の1月の年4回です。そのため1回で支払う金額が多く、納税者の負担が大きいです。

最近はクレジットカードで支払いができる自治体が増えてきたので、クレジットカードのポイントを貯められるメリットもあります。

納税通知書は、原則6月に送られてきます。
MONEBLO

住民税の計算方法

住民税の中でも、所得割と均等割は、1月1日時点の住所地で課税されます。

所得割

所得割とは、前年の1年間(1月1日〜12月31日)所得に対して課税されます。そのため社会人1年目のサラリーマンは住民税を支払う必要がありません。

また、所得割は前年の所得に課税されるため、退職後1年目は住民税が発生します。

退職金を使い果たし、支払いに困ることのないように注意が必要ですね。
MONEBLO

所得割は、以下の計算式で求められます。

所得割額 = (総所得金額 − 所得控除) × 税率 − 税額控除

税率は全国一律10%です。その内訳は道府県民税が4%、市区町村民税が6%です。

ただし平成30年度の法改正で、政令指定都市のみ道府県民税が2%、市区町村民税が8%となりました。

また、自治体によって税率を変更することができますが、高いところでも10.1%と、ほとんど10%と考えていいでしょう。

所得割額は、年間で数百円程度しか変わりません。

そのため、地域による住民税の税率の違いは考えなくて良いでしょう。

さらに詳しく!

所得控除に関しては控除される項目は同じですが、控除金額が違うものがあります。住民税の方が所得税より控除額は低く設定されています。

均等割

均等割とは、所得金額に関わらず、納税対象者が等しく負担する住民税です。

その金額は道府県民税が1,500円、市区町村民税が3,500円、併せて5,000円です。

均等割に関してもほぼ全国一律ですが、300円から500円ほど上乗せしている地域が数カ所あります。

所得割は、所得に対して10%の税率ですが、均等割は誰でも5,000円がかかると覚えておきましょう!
MONEBLO

2021年度からの改正点

2021年から住民税に関して改正点がいくつかあります。基本的には、多くの世帯では納税額が増える改正となります。

給与所得控除額の変更・給与所得控除額が10万円引き下げ
・控除が受けられる収入額が1000万円から850万円に引き下げ
・控除上限額が220万円から195万円に引き下げ
税収増
公的年金等控除額の変更・公的年金等控除額が10万円引き下げ
・公的年金の収入が1,000万円以上の控除額に195.5万円の上限を設定
・公的年金以外の所得金額が1,000万円以上の場合の控除額を引き下げ
税収増
基礎控除額の変更・基礎控除額が10万円引き下げ
・合計所得金額が2,400万円を超える場合は控除額が減少
・合計所得金額が2,500万円を超える場合は控除の適用外
税収増
新たな非課税対象事実婚状態でなく、支給される児童扶養手当の支給を受けており、前年の合計所得金額が135万円以下であるひとり親は免除税収減
つまり「前年の合計所得金額が135万円以下のひとり親」以外は、住民税があがります。ある意味では、低所得のひとり親に優しい政策のように思えますが、全体で見ると、所得の多い人は、より多額の税金を納めないといけない改正になっています。
MONEBLO

さいごに この記事が30秒で理解できる!

住民税とは、自治体が教育・福祉・行政サービスなどを運用するために徴収する税金です。

納税額は、主に

  • 取得割:前年の所得10%
  • 均等割:5,000円

で計算されます。

前年の所得に対する税金のため、前年の収入が大きい場合は注意が必要です。

また住民税に関しては、多くの場合、納税額が増えるので頭に置いてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-税金
-

© 2021 マネブロ|副業・節約 お金に関するまとめサイト Powered by AFFINGER5