ブログ

【初心者】サーバーとは?役割からおすすめサーバー4選までわかりやすく解説!

こんな悩みはありませんか?

  • ブログを始めたいが何から始めればいいのかわからない。
  • ブログには、なぜサーバーが必要なのかがわからない。
  • とにかくおすすめのサーバーを教えてほしい
ブログを始めるときに準備するものって何があるかな?
ブログを始めるには、まずはサーバーとドメインが必要です!
MONEBLO

ブログ初心者の方は、ブログを書く前の準備で手こずる方が多くいます。

その原因は、専門用語が多すぎる点や、何を選べばいいかわからない点にあります。

今回の記事では、初心者の方がつまづくであろうサーバーについて、解説します。

「サーバーとは何なのか?」「サーバーの種類」「おすすめのサーバー4社比較」が理解できます。

サーバーとは何なのか?

ブログを始めるときに、サーバーは必ず必要になります。

以前の記事で説明したドメインは「建物までの住所」ですが、サーバーは「インターネット上の土地」だとイメージするとわかりやすいでしょう。

サーバ―(土地)の契約をしないと、そもそもブログ(建物)を建てることができません。

そして、住所がわからないとせっかく買った土地、建物に人を呼ぶことができません。

サーバーとドメインを契約して、はじめてブログの開設へと移れると覚えておきましょう。

ブログで使用するサーバーは3種類ある⁉

一口にサーバーといっても、大きく分けると以下の3種類に分けられます。

  • 専用サーバー
  • 共用サーバー(レンタルサーバー)
  • VPS(仮想サーバー)

3つのサーバーは実際には、どんな特徴があるのか調べました。

専用サーバー

専用サーバーはネット上の土地を買うイメージです。

そのため、初期費用で数万円~数十万円、月々の利用料で数万円かかります。

個人ブログには高価すぎるため、まず使用することはないでしょう。

ここに注意!

自由に独自アプリをインストールできるなど、カスタマイズが可能ですが、自身でメンテナンス作業も行わなけばならないので、専門知識がないとそもそも扱うことが難しいです。

専用サーバーがおすすめになる方は以下です。

  • SNSや大規模なWebなど大量にアクセスが集まるサイトやアプリを運営する方
  • 社員数百名以上の社員や顧客データなどの管理システムを運営する方

さらに詳しく!

専用サーバーは、サーバーを独占できるので、他のユーザーの影響を受けない、スペック自体が高い、サーバーのカスタマイズが可能など、あらゆる点で最も優れています。しかし、費用がかかるため、バランスを考えると、個人ブログには適していないでしょう。

共用サーバー(レンタルサーバー)

1つのサーバーを他の方とシェアすることによって、値段を抑えることが可能なサーバーになります。

スペックによっては月々1,000円以下でも利用可能なサーバーも存在します。

サーバーのメンテナンスも、管理会社が行うため、専門的な知識なく利用することができます。

ブログとしてサーバーを利用する場合は、共有サーバーの利用を考えることが基本だとお考え下さい。

共用サーバーがおすすめになる方は以下です。

  • 個人ブログを運用する方
  • 零細企業のWebサイトを運用する方

ここに注意!

共用サーバー(レンタルサーバー)によっては、急にアクセスが増えるとアクセスが不安的になることがあります。

アクセスが不安定になると、ブログに訪問してくれた方がアクセスできなく、機会損失に繋がります。サーバー選びは慎重に行いましょう。

VPS(仮想専用サーバー)

VPSは、専用サーバーと共有サーバ―の間に位置するサーバーです。

複数のユーザーでサーバーを共有することは共用サーバーと一緒ですが、VPSは仮想的に専用サーバーのような自由度の高いサーバーです。

専用サーバーのようなスペックを安価で利用できる点や、共有サーバーよりも自由度が高いのは魅力的ですが、サーバーの設定や運用を契約者自身が行う必要があるため、専門知識が必要です。

価格はスペックによって、月々数千円~数万円の範囲が主です。

さらに詳しく!

共用サーバーよりは少しコストはかかりますが、他のユーザーからの影響でサーバーがダウンする恐れがない点は魅力的です。

しかし、専門性が要求されるため、初心者にはおすすめしません。

VPS(仮想専用サーバー)がおすすめになる方は以下です。

  • コストを抑えて、専用サーバーのように使いたい方
  • 共用サーバーよりも「自由度のある」サーバーを使いたい方
  • オンラインゲームやアプリを運営したい方
  • Java ServletやJava Server Pages (JSP)で作成されたアプリケーションを利用したい方
副業で個人ブログを運営するには、安く利用できる共有サーバーがおすすめなんだね!
MONEBLO

おすすめな共用サーバー(レンタルサーバー)4つ紹介します!

サーバーについて理解したところで次は、おすすめのレンタルサーバーを4つ紹介します。

  • ConoHA WING
  • エックスサーバー
  • ロリポップ
  • さくらのレンタルサーバー

以上のサーバーは多くの方が使用しているレンタルサーバーです。

値段と性能を見比べて、自分に合ったサーバーを選びましょう。

『マネブロ』は安定感のあるエックスサーバーを使っているよ!
MONEBLO

国内最速のレンタルサーバー【ConoHa WING】

速さだけでなく、設定画面が初心者でも簡単に使いやすくなっていて、初心者からトップアフィリエイターまでもが使用しているレンタルサーバーです。

また初期費用が無料なのも魅了です。

ConoHa WINGのおすすめポイント

  • 月間100万PV以上のサイトでもサイトスピードが変わらず使える、国内最上級のサーバースピード
  • Webが苦手な方でも使いやすい管理画面、サイト運営が楽々と可能
  • ほかのサーバーからの移動もスムーズ
  • 多くのトップアフィリエイターの使用したいレンタルサーバーNo.1
  • 初期費用が無料

【12か月料金パック比較】

ベーシックプラン【初心者におすすめコース】 スタンダードプラン プレミアムプラン
料金  900円/月~ 料金 1950円/月~ 料金 3900円/月~
転送量目安 150GB/日 転送量目安 約183GB/日 転送量目安 200GB/日
ドメイン個数 無制限 ドメイン個数 無制限 ドメイン個数 無制限
データベース 無制限 データベース 無制限 データベース 無制限
初期費用 0円 初期費用 0円 初期費用 0円

サイトはこちらから飛べます→ConoHa WING

国内シェア率No.1のレンタルサーバー【エックスサーバー】

サーバースピードは、ConoHAサーバーの方が速いといわれていますが、シェアNo.1だけあって、安定感のあるサーバーです。

17年以上の実績があり、使用している方が多いので、操作で困ったときもネット検索すれば、解説記事や動画が出てきます。

エックスサーバーのおすすめポイント!

  • 国内トップクラスのサーバースピード
  • 国内No.1のレンタルサーバーシェア率
  • WordPressの設定が簡単
  • 国内のデータセンターで24時間サーバーを監視、セキュリティー面が万全
  • 急激な大量アクセスに対してもサーバーがパンクすることなく安定したサーバー運営可能

【12か月料金パック比較】

X10プラン【初心者におすすめコース】 X20プラン X30プラン
料金  1000円/月~ 料金 2000円/月~ 料金 4000円/月~
転送量目安 150GB/日 転送量目安 180GB/日 転送量目安 200GB/日
ドメイン個数 無制限 ドメイン個数 無制限 ドメイン個数 無制限
データベース 無制限 データベース 無制限 データベース 無制限
初期費用 通常3000円→0円【2020年9月3日まで】 初期費用 通常3000円→0円【2020年9月3日まで】 初期費用 通常3000円→0円【2020年9月3日まで】

さらに詳しく!

「転送量目安」とは、サーバーに送られるデータ量で、サイトに1アクセスあるとおそよ約3MBデータが送られます。そのため、10,000アクセスあると30,000MB(30GB)になります。

「ドメイン個数」とは、1つのサーバーで何個ドメインを利用できるかです。つまり何個のブログを作れるかと言い換えてもいいでしょう。

「データベース」とは、今まで書いた記事のデータを保存するための機能です。基本的には1データベースにつき、1つのブログを管理します。

サイトはこちらから飛べます→エックスサーバー

お手軽価格で操作も簡単な【ロリポップ!】

エックスサーバーやConoHAと比べて月々にかかるコストが安く、操作も簡単なのがこちらのサーバーです。

シェア率もトップクラスで、こちらもエックスサーバー同様、操作に困った時も問題解決してくれる記事が多いです。

手軽に始めたい方におすすめなサーバーです。

ロリポップサーバーのおすすめなポイント!

  • 最安値で月々250円でブログを始めることが可能なプランあり
  • 国内トップクラスのシェア率で、操作で困ったときも問題解決してくれる記事が豊富に存在する
  • 操作が簡単で、ブログ開設までスムーズに行うことが可能
  • 他社サーバーからのブログ移行が容易にできる

【12か月料金パック比較】

ライトプラン【初心者におすすめなコース】 スタンダードプラン ハイスピードプラン
料金  250円/月~ 料金 500円/月~ 料金 1000円/月~
転送量目安 100GB/日 転送量目安 180GB/日 転送量目安 200GB/日
ドメイン個数 50 ドメイン個数 100 ドメイン個数 無制限
データベース 1 データベース 30 データベース 70
初期費用 1500円 初期費用 1500円 初期費用 3000円

サイトはこちらから飛べます→ロリポップ!

老舗ネット企業であり、コストも安い【さくらのレンタルサーバー】

創業が1996年と日本にインターネット普及し始めた頃にスタートした、ネット企業の中では老舗と格付けされています。

お手軽な値段で利用できるものから、上級者が利用するスペックも用意されていて幅広いです。

老舗の安心感で、こちらのサーバーを利用する方もいます。

さくらレンタルサーバーのおすすめなポイント!

  • 老舗ネット企業としての安定した運営と信頼感
  • 初心者から上級者まで幅広くサーバープランが用意されている
  • 全てのプランに電話対応サービスがついている

【12か月料金パック比較】

スタンダードプラン【初心者におすすめなコース】 プレミアムプラン ビジネスプラン
料金  524円/月~ 料金 1571円/月~ 料金 2619円/月~
転送量目安 100GB/日 転送量目安 200GB/日 転送量目安 160GB/日
ドメイン個数 100 ドメイン個数 150 ドメイン個数 200
データベース 20 データベース 50 データベース 100
初期費用 1500円 初期費用 1500円 初期費用 3000円

サイトはこちらから飛べます→さくらのレンタルサーバー

 

おすすめレンタルサーバー4社の比較表

以下の表は各レンタルサーバーでブログを初めて開設するの方におすすめしているプランの比較表です。

ConoHa WING エックスサーバー ロリポップ! さくらのレンタルサーバー
ベーシックプラン X10プラン ライトプラン スタンダードプラン
料金  900円/月~ 料金  1000円/月~ 料金  250円/月~ 料金  524円/月~
転送量目安 150GB/日 転送量目安 150GB/日 転送量目安 100GB/日 転送量目安 100GB/日
ドメイン個数 無制限 ドメイン個数 無制限 ドメイン個数 50 ドメイン個数 100
データベース 無制限 データベース 無制限 データベース 1 データベース 20
初期費用 0円 初期費用 通常3000円→0円【2020年9月3日まで】 初期費用 1500円 初期費用 1500円

サーバースピードで選ぶなら

ConoHA WING > エックスサーバー > ロリポップ > さくらのレンタルサーバー

価格で選ぶなら

ロリポップ > ConoHA WING > さくらレンタルサーバー > エックスサーバー

安定感で選ぶなら

エックスサーバー > ConoHA WING > さくらのレンタルサーバー > ロリポップ

特にこだわりがないなら、ConoHa WINGエックスサーバーが、安定感・スピードで優秀なので、どちらかを選ぶのがおすすめです!
MONEBLO

まとめ 30秒でこの記事が理解できる!

サーバーは、ブログを始めるときに必ず必要です。

今回の記事をまとめると

  • サーバーはインターネット上の土地
  • 個人でブログを開設するときにおすすめなのが共用サーバー(レンタルサーバー)
  • レンタルサーバーのおすすめは4社ある

です。

早目にサーバーを準備して、熱が冷めないうちにブログにとりかかりましょう!

サーバーと同様に、ブログ開設に必要なドメインに関して、こちらの記事で詳しく解説しています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-ブログ
-,

© 2020 マネブロ|副業・節約 お金に関するまとめサイト Powered by AFFINGER5