ブログ

【すぐにできる】ブログでアクセスを稼ぐ3つのテクニック!簡単にマネできる方法!

こんな悩みはありませんか?

  • ブログのアクセス数がなかなか伸びない
  • アクセスが集まるブログを書けるようになるテクニックを知りたい
  • 説得力があるブログの書き方を知りたい
ブログを頑張っているのに、全くアクセスが増えないんだ。
ブログのアクセスを増やすには、SEO対策のテクニックも重要だけど、それ以前に説得力のある文章を書くことが何よりも重要だよ!
MONEBLO

この記事の信頼性

マネブロは、運用3ヶ月目(2020年9月)で15,000PVを超えている媒体です。

「ブログのアクセス数がまったく増えない」と悩むブログ運営者は多いでしょう。

実はというと、ブログのアクセスを増やすためには「読者と検索エンジン」の両方にとって読みやすい記事を書く必要があります。

この記事では「読者目線」を意識した説得力のあるブログを書くテクニックを解説します。

説得力のあるブログの重要性

ブログのアクセス数を増やすためには、記事のタイトルと記事内容の整合性を取り、その上で説得力のある文章を書く必要があります。

説得力のある文章は読者からの信頼を得ることができます。

読者に「このブログは信頼できる」と感じてもらうことで、ページからの離脱率を下げることができます。

さらに、ブログを継続的に読んでくれるファンを作ることができるため、アクセス数を増やすことができるのです。

インターネット上には膨大な数の記事が存在しています。そのため、どの記事よりも信頼できて、読者の悩みを的確に解決してくれる記事が重宝されるのです。

アクセスを集めるためのSEOテクニックはもちろんありますが、SEOのテクニックを駆使するのは「説得力のある文章」を書いた上での施策です!
MONEBLO

説得力のあるブログにするテクニックとは

テクニック1. 論理的な文章を書く

そもそも論理的とは?

論理的とは「主張を伝えるのに必要な説明の道筋が、しっかりしている状態」を指します。簡単に言うと「誰が読んでも理解できるように説明されている状態」を指します。

では、誰が読んでも理解できる文章を書くためにはどうすればよいのでしょうか?

誰が読んでも理解できる文章を書くためには、主張に対して読者が抱く疑問をすべて解決する必要があります。

たとえば「格安SIMを購入するならA社がオススメ」と主張している記事を読んだ時には、「なぜ、A社がオススメなのかな?」と感じるでしょう。

しかし、もしA社をオススメする明確な理由が書かれていなかったとしたら、主張に納得できないでしょう。

そのため、主張に納得してもらうためには、読者の疑問をすべて解決する必要があるのです。

読者の疑問を解決するために重要なことは、次の4点です。

  1. ブログのペルソナ(ターゲット)が分からない言葉を使わない
  2. ブログのペルソナ(ターゲット)のレベル感に合う疑問を推測し、疑問を解決する
  3. 主張に対する理由を必ず書く
  4. なぜ、その理由がいえるのかという十分な「根拠」を書く

ブログのペルソナ設定が間違っていると、そもそも「誰に対して」説得力のある文章にすべきかが曖昧になります。ブログのペルソナ設定はこちらの記事を参考にしてください。

オススメ!
ペルソナの設定
【簡単】ブログのペルソナ設定する方法!稼げるブログの作り方

続きを見る

論理を構成する4つの要素

疑問を解決する文章を書くことをベースとして、次に文章全体の構成を考えていきます。

論理的な文章は、以下の4つで構成されています。

  1. 主張
  2. 理由
  3. 根拠
  4. 再主張

たとえば「Googleでブログを上位表示させるためには、ユーザーが検索する意図を満たす記事を書けばいい」という主張を4つの要素に分けてみます。

論理的な文章構成の例

【主張】

Googleでブログを上位表示させるためには、「ユーザーが検索する意図を満たす記事」を書けばいい。

【理由】

なぜなら、Googleはユーザーの利便性を第一に考えており、「ユーザーが検索する意図を満たすコンテンツ」を書くことがユーザーの利便性を高めるからである。

【根拠】

Googleの企業理念である「Google が掲げる10の事実」によると、『Google は当初からユーザーの利便性を第一に考えている。』と明記されている。

さらに、実際にGoogleで上位10位までの検索結果を分析すると、上位表示されているブログの多くは「ユーザーの検索意図を満たすコンテンツ」を提供している。

【再主張】

そのため、Googleでブログを上位表示させるためには、「ユーザーが検索する意図を満たす記事」を書けばいいことがわかる。

テクニック2.具体的な数値を用いる

説得力を上げる文章を書くためには、文章中に具体的な数字を用いることが効果的です。

悪い例

こちらのラーメン店はすごく評判がよく、行列に並んだとしてもすぐに店内に入ることができます。

「すごく」という表現は曖昧なため、どのくらい評判が良いのか具体的に説明する必要があります。また「すぐに」という表現も曖昧で、どのくらい待つ必要があるのか説明する必要があります。

いい例

こちらのラーメン店は「東京walker」4月号にて「2020年上半期にブレイクするラーメン屋第1位」になった人気店です。

いつも行列が絶えませんが、10人先客がいた場合でも10分程度で店内に入ることができるため、評判が高くリピーターが多いのが特徴です。

テクニック3.実績や経験を用いる

ブログは「誰が書いたのか?」によって価値が変わります。

GoogleがWebサイトを最も評価する基準として「E-A-T」を掲げています。

「E-A-T」とは、Googleが検索品質評価ガイドラインで語っているWebサイトの評価ポイントであり、検索順位においても大きく影響を与える要素です。

「E-A-T」は、「Expertise(専門性)」「Authritativeness(権威性)」「Trustworthiness(信頼性)」の頭文字であり、Webサイトの「専門性」「権威性」「信頼性」がSEOに重要であることを示しています。

たとえば、「ライザップのトレーナーが書いたダイエット術」と「名も知れぬライターが書いたダイエット術の記事」では、どちらを読みたいと思うでしょうか?

おそらく、「ダイエットのプロであるライザップのトレーナーの記事」の方を読みたいと思うでしょう。

なぜなら「専門家の言うことなら間違いないだろう」と信頼できるからです。

読者から「この記事は信頼できる!」と感じてもらうことで、そのページからの離脱を防ぐことができます。

またブログを継続して読んでもらえる可能性が高くなるため、アクセス数を増やすことができます。

そのため、文章中に「実績」を書くことは重要なのです。

「実績なんてないよ!」と感じる方もいるでしょうが、実績がない場合は「独自の経験」を伝えることでも、読者に信頼してもらうことができます。

たとえば「1か月で3キロ痩せた」「乳がんの手術を受けた」「大学をサボりすぎて全単位を落とした」など。

どんな経験であっても、その情報を知りたいと思う読者は必ずいます。そのため、経験を一つのコンテンツにすることが説得力をあげるキーポイントになるのです。

まとめ 30秒でこの記事を理解できる!

説得力のある文章を書くことで、読者が記事から離脱する可能性を低くすることができます。

さらに、ブログを継続的に読んでくれるリピーターを増やすこともできるため、結果的にアクセス数を増やすことが可能です。

説得力のあるブログを書くためには、次の3点が重要です。

  1. 論理的な文章を書く
  2. 具体的な数字や結果を用いる
  3. 実績や独自の経験を伝える

以上のことを意識してブログを作成していただけたら幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

UESHO

マネブロのオーナー&複数企業の経営者。FP2級保持。 フリーランス時代に、ブログ・転売・投資・MLMなどあらゆるインターネットビジネスを経験済み。嘘にまみれたインターネットビジネスの世界を是正するため、マネブロでは、目で見た正しい情報だけを発信しています。

-ブログ
-,

© 2021 マネブロ Powered by AFFINGER5