ブログ

【コピペOK】Webライターで稼ぐ!仕事が増えるプロフィールの書き方を解説!

webライティング

こんな悩みはありませんか?

  • Webライターを始めてみたが、なかなか仕事を依頼されない!
  • 実績がないため、プロフィール欄に書くことがない!
  • 初心者でも真似できる、プロフィールの書き方が知りたい!

記事の信頼性

マネブロは、複数のWebサイトを運用しており、クラウドワークスとランサーズで計10名のライターを抱えています。ライター募集経験もクラウドワークスで6回、ランサーズで1回あります。

Webライターを始めるためにクラウドワークスやランサーズに登録したものの、なかなか仕事が受注できない!と悩む方は多いでしょう。

しかし、プロフィールを工夫するだけで、仕事の依頼率を大幅に上げることができます。

この記事では、仕事を依頼する側(クライアント側)の目線で「仕事を依頼したくなるプロフィール」を説明していきます。

Webライター目線ではなく、クライアント側の目線に立った参考プロフィールとなるため、真似てプロフィールを作れば、直接仕事に繋がりやすいです!
MONEBLO

プロフィールの目的

プロフィールは、クライアントがライターを見つけるための重要なツールのひとつです。

案件によっては、100人近いライターからの募集があるため、クライアントはライターのプロフィール欄を隅々まで見る余裕はなく、パッと見て良さそうなWebライターを何人か選定して選考します

その選定基準となるのが「プロフィール」「評価」「過去の作品・記事」の3つです。

そのうち一番最初に見るのが「プロフィール」であり、そこで興味をひかなければ、外注することはあり得ません。

クライアントはWebライターのプロフィールを見て、以下の要素を満たす人に外注したいと思っています。

クライアントが重要視するポイント
  • 納品してもらった記事がほとんど手直しなく公開できる状態になるか
  • 期日やルールを守って責任ある仕事をしてくれるのか

この2点をプロフィールから読み解き、条件を満たす人だけが次の選考にすすみます。

プロフィール書き方

魅力的なプロフィールを書くために、5つの項目に分解して解説します。

  1. プロフィールの要約
  2. Webライターとしての基本情報
  3. 得意分野
  4. 可能な業務
  5. 補足アピール

項目1. プロフィールの要約

プロフィールの冒頭には、プロフィール全体の要約文を挿入することが効果的です。

プロフィールの冒頭文は、クライアントがそのプロフィールを読み進めるかどうかを左右する大切な役割を担っているからです。

プロフィール例

ご覧頂きありがとうございます。田中と申します。私は美容関係の仕事をしながら、2年間Webライターを続け、計500本の記事を書いてきました。

私自身が美容関係であることから、美容・エステの記事が一番得意です。

また、知育玩具関係、旅行関係、SEO関係の執筆経験があるので、知識はそれなりにあります。

またご要望があれば、柔軟に対応させていただきますので気軽にお声かけください。

項目2. Webライターとしての基本情報

基本情報には、「ライティングの経験」や「(一週間に)納品できる記事数」などを書きます。

発注するクライアント側からすれば、「週に何記事、どのレベルの記事をあげてくれるのか?」が一番知りたいポイントです。

そのために、最低限以下の6つを書くとよいでしょう。

  1. 年齢
  2. 仕事内容(学生の場合は学部学科)
  3. Webライティング経験、ブロガー経験
  4. 連絡可能時間
  5. 執筆可能ペース
  6. 実績((URL)

執筆可能ペースの欄には、1週間もしくは1か月にどれだけの記事を執筆できるのかを記載しましょう。

プロフィール例

【基本情報】

居住地:東京都

年齢:28才

仕事内容:美容関係

経験:Webライター歴2年(計500本納品)

連絡可能時間:平日、休日問わず10~22時(基本2時間以内に返信)

執筆可能ペース:週5記事(3,000文字の場合)

実績:https://xxx.xxx

項目3. 得意分野

仕事内容や、趣味などをもとに、クライアントに得意分野をアピールしましょう。

プロフィール例

【得意分野】

美容・ダイエット
⇒自分を変えたいという思いから、13キロのダイエットに成功した経験があります。また6年間美容関係の職についているため、美容については豊富な知識があります。

サブカルチャー(音楽・映画・アートなど)
⇒大学でグラフィックデザインを学んでいた経験があり、芸術全般に強い関心があります。特に映画は幼少期から大好きで、今でも年に200本ほど視聴しています。

項目4. 可能な業務

Webライターの場合、可能な業務は「記事の執筆」「リライト」と書くといいでしょう。

クライアントの多くは、WordpressでWebサイトを構築しているため、「Wordoressへ直接納品できる」とクライアントから評価されます。

さらに、「画像の選定・挿入」「メタディスクリプションや抜粋の設定」「カテゴリー・タグの設定」など、できることがあれば書いておくと受注しやすくなるでしょう。

Webライティング以外の仕事も受注したい場合は、自分が受注可能な分野を書くといいでしょう。

プロフィール例

【可能な業務】

記事の執筆、リライト。

WordPressへの直接納品も可能であり、以下の業務も可能です。

  • 画像の選定・挿入
  • メタディスクリプションや抜粋の設定
  • カテゴリー・タグの設定

それ以外にもWordや「Googleドキュメントの納品」も可能です。

項目5. 補足アピール

クライアントに対して、あなたにしかない価値を最大限アピールしましょう。

過去に書いた記事や、他案件でもらっている評価、仕事への姿勢などを補足して、アピールします。

プロフィール例

記事を書く時に注意しているのは、「単なるまとめサイトにならないように、経験談を語る様な文章を意識する」点です。

また、アフィリエイト記事のライティング経験もあるため、幅広く記事を執筆することが可能です。

プロフィールの例

これまで説明した項目を踏まえてプロフィールを作成しました。ぜひ、参考にしてみてください。

プロフィール例

ご覧頂きありがとうございます。田中と申します。私は美容関係の仕事をしながら、2年間Webライターを続け、計500本の記事を書いてきました。

私自身が美容関係であることから、美容・エステの記事が一番得意です。

また、知育玩具関係、旅行関係、SEO関係の執筆経験があるので、知識はそれなりにあります。

またご要望があれば、柔軟に対応させていただきますので、気軽にお声かけください。

________

【基本情報】

居住地:東京都

年齢:28才

仕事内容:美容関係

経験:Webライター歴2年(計500本納品)

連絡可能時間:平日、休日問わず10~22時(基本2時間以内に返信)

執筆可能ペース:週5記事(3,000文字の場合)

実績:https://xxx.xxx

________

【得意分野】

美容・ダイエット
⇒自分を変えたいという思いから、13キロのダイエットに成功した経験があります。また6年間美容関係の職についているため、美容については豊富な知識があります。

サブカルチャー(音楽・映画・アートなど)
⇒大学でグラフィックデザインを学んでいた経験があり、芸術全般に強い関心があります。特に映画は幼少期から大好きで、今でも年に200本ほど視聴しています。

________

【可能な業務】

記事の執筆、リライト。

WordPressへの直接納品も可能であり、以下の業務も可能です。

  • 画像の選定・挿入
  • メタディスクリプションや抜粋の設定
  • カテゴリー・タグの設定

それ以外にも、WordやGoogleドキュメントでの納品も可能です。

________

記事を書く時に注意しているのは、「単なるまとめサイトにならないように、経験談を語る様な文章を意識する」点です。

また、アフィリエイト記事のライティング経験もあるため、幅広く記事を執筆することが可能です。

初心者だからといって不利ではない

クライアント側からすれば、できれば能力が高く、責任感のあるライターに外注したいと思っています。

そうなると、やはり経験豊富なライターに依頼が集中すると思いますが、初心者のライターにもチャンスは同じようにあるので安心してください。

クライアント側が、あえて初心者ライターに依頼するメリットが2つあります。

  • 安く外注できる
  • 初心者のうちから教育して専属化する

ライターをころころと入れ替えると、媒体全体の記事の統一感がなくなり、見栄えが悪くなってしまいます。

そのため、クライアント側からすれば、できたら1人のライターに継続して書き続けてほしいと願うのも事実です。

しかし、経験豊富なライターは、色々な案件を並行して請け負ったり、条件のいい案件に流れてしまいがちのため、長く付き合うことが難しい場合もあります。

その点、初心者のうちから教育すれば、専属化のオファーもかけやすく、ライターと長期的に付き合いやすくなります。

そういった点も踏まえ、初心者ライターでもチャンスはあるので、初心者でも「誠実に責任をもって仕事に取り組む姿勢」をプロフィールに盛り込めば、案件を受注するのことは難しくないでしょう。

まとめ この記事が30秒で理解できる!

クライアントがWebライターに仕事を依頼する場合、以下の2点を重視しています。

  • 納品してもらった記事がほとんど手直しなく公開できる状態になるか
  • 期日やルールを守って責任ある仕事をしてくれるのか

上記をプロフィールから読み取れるWebライターだけが、次の選考に進めます。

そのため、プロフィールには以下の5つを挿入するとよいでしょう。

  1. プロフィールの要約
  2. Webライターとしての基本情報
  3. 得意分野
  4. 可能な業務
  5. 補足アピール

以上のことを意識して、プロフィールを作ってみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

UESHO

マネブロのオーナー&複数企業の経営者。FP2級保持。 フリーランス時代に、ブログ・転売・投資・MLMなどあらゆるインターネットビジネスを経験済み。嘘にまみれたインターネットビジネスの世界を是正するため、マネブロでは、目で見た正しい情報だけを発信しています。

-ブログ
-

© 2021 マネブロ|副業・節約 お金に関するまとめサイト Powered by AFFINGER5