サブスクリプション

2020/10/22

食べタイムのお得なクーポン!最大50%割引の外食代なグルメクーポンを使い方!

外食代を安く済ませるなら「食べタイム」がおすすめです。全国の多くの飲食店で利用できるクーポンは、割引率最大50%!これからはいつもより安い価格で美味しいごはんを食べませんか?

続きを読む

スマホ・通信費

2020/10/22

スマホ代を節約する方法!今すぐできて最大無料まで安くする方法を5つ紹介!

毎月の固定費であるスマホ代に不満を感じている人は多くいます。今回は、月々のスマホ代を見直す方法4つと無料にする方法1つをご紹介します。すべて行えば最大1万円の節約になる場合もあるので必見です!

続きを読む

転売

2020/10/19

メルカリの安い配送方法|大きさ・重さごとの一番安い発送方法を解説!

今回はメルカリにおけるおすすめの配送の仕方を紹介しました。本記事をご覧いただくことによって、一番送料がかからない発送が分かると同時に、匿名配送や追跡サービス、補償サービスなどあなたが必要とする配送オプションサービスを理解することができます。

続きを読む

転売

2020/10/19

【副業実績】月収13万を達成!転売5か月目の実績公開!

メルカリ転売は、忙しい社会人や学生でも手軽かつ合法的に稼げる副業です。この記事ではメルカリ転売5か月目の社会人が1か月で稼いだ金額や、先月との比較、振り返りを紹介しています。副業を始めてみたい人、メルカリに興味がある人は必見です。

続きを読む

アプリ・ソフトウェア

2020/10/19

【食品ロス問題】余った食品を安く買えるアプリ・サービス3選!

こんな悩みはありませんか? 毎日お得な食事をして、食費を抑えたい 食品ロス(フードロス)問題の解決に協力したい 環境に優しい節約方法を教えてほしい MONEBLO 本来食べられるはずのものが捨てられてしまう食品ロス(フードロス)問題が、近年日本で深刻な問題となっているのを知っていますか? 日本では、毎日大量の食品ロス(フードロス)が出ています。 食品ロスは、すぐに解決することが難しい社会問題ですが、1人ひとりの意識を変えて、少しずつ減らしていくことは可能です。 この記事では、私たち1人ひとりが食品ロス(フ ...

続きを読む

ブログ・Webライティング

2020/10/14

E-A-Tとは?SEO対策に最重要なポイントを解説!個人ブログを収益化する戦略も公開!

SEO対策で「E-A-T」が重要視されています。E-A-Tとは「専門性、権威性、信頼性」の略称のことであり、Googleが高く評価するコンテンツの条件項目を指しています。この記事ではE-A-Tとは何か?個人ブロガーが生き残る戦略を解説します。

続きを読む

アプリ・ソフトウェア

2020/10/13

【乗ってみた】ハローサイクリングの使い方を解説!15分70円でお得に利用できた!

ハローサイクリングは、全国で利用できるシェアリングサービスです。今回は、ハローサイクリングを実際に使ってみたので、使い方や注意点、感想などについて紹介します。無料で登録できるのでぜひ参考にしてみてくださいね!

続きを読む

転売

2020/10/13

メルカリの稼ぎ方|たった5分でメルカリで売れる商品画像を作るコツ!

メルカリは、1枚目の商品写真を編集し目立たせることで、他の方と差別化でき購入されやすくなります。おすすめの写真編集アプリは、「PicCollage」です。今回は、メルカリで商品が売れやすくなるためにPicCollageの使い方を紹介します。

続きを読む

ブログ・Webライティング

【初心者向け】クラウドワークスとランサーズどっちが効率よく稼げるの?

こんな悩みはありませんか?

  • 初心者向けのクラウドソーシングサービスを知りたい!
  • クラウドワークスとランサーズにはどんな違いがあるのか知りたい!
  • クラウドワークスとランサーズ、初心者はどっちに登録すればいいのか知りたい!

この記事の信頼性

クラウドワークス・ランサーズでWebライターとして1年間案件を受注していた実績があります。また、現在運営している4つのWebサイトを外注しているライターは、クラウドワークスとランサーズで採用しているため、受注側・発注側の両面の視点があります。

「クラウドソーシングサービス」は誰でも、簡単に副業を始められるサービスとして、多くの注目を集めています。

その中でも有名なサービスに「クラウドワークス」と「ランサーズ」の2つがありますが、「どちらに登録すればいいかわからない?」と悩む方も多いでしょう。

結論をいえば、クラウドワークスとランサーズはどちらも利用すべきですが、案件数やライターに求められるクオリティなどに差があります。

この記事では、クラウドワークスとランサーズの違いを徹底的に比較することで、どちらのサービスが初心者にむいているのかを説明していきます。

そもそもWebライティングって何なの?という方はこちらの記事を先にご覧ください。

「クラウドワークス」と「ランサーズ」の基本情報

まず「クラウドワークス」と「ランサーズ」それぞれの基本情報を説明します。

特に初心者は、クラウドワークスとランサーズのどちらに適しているかを、確認してみてください。

クラウドワークスの基本情報

クラウドワークスは、クラウドソーシングサービスを提供している企業で、登録ユーザー数と仕事発注数は約300万件にも及び、クラウドソーシングサイトとしては国内最大手を誇っています。

クラウドワークスは、その他のクラウドソーシングサイトと同様に、仕事の受注から納品まで、すべてWeb上で行うことができます。

時間や場所を制約されることなく仕事ができるため、フリーランスの方はもちろんのこと、本業と両立して副業をする会社員や子育て中の女性、スキマ時間を利用したい学生など、さまざまな目的を持った人々がクラウドワークスを利用しています。

また受注できる仕事のジャンルは、200種類あり、Webライティング以外の仕事もあります。

未経験者でもすぐに取り組むことができる、データ入力やWebライティングから、スマートフォンアプリの開発やWebデザイン、画像編集など、専門的知識が必要な案件まで幅広いジャンルの仕事があります。

ランサーズの基本情報

ランサーズは、クラウドワークスと同様にクラウドソーシングサービスを提供している企業で、案件数は約210万件にも及び、国内屈指のクラウドソーシングサイトとして知られています。

フリーランスを始めとして、主婦や会社員、退職をしたお年寄りの方など、幅広い年代の方がランサーズを利用しています。

ランサーズで受注できる仕事の種類は多岐にわたります。ライティングや映像編集、アプリ開発、意外なものだと翻訳や営業、マーケティングの仕事まで存在します。

クラウドワークスとランサーズの概要を見比べた限りでは、2つの間に大きな差異はないように見受けられます。

ではこれから、より深くクラウドワークスとランサーズを比較することで、初心者にはどちらのサービスが向いているのか確認しましょう。

クラウドワークスとランサーズを徹底比較!

クラウドワークスとランサーズを案件数、案件の質、手数料、報酬の支払い方法を比較します。

案件数

まず、クラウドワークスとランサーズの総案件数を比較します(2020年7月現在)。

サービス名クラウドワークスランサーズ
案件数300万件210万件

案件数はクラウドワークスのほうが90万件も多いことがわかりますね。

ちなみに、「ライティング」の案件を比較してみると以下の数字です。

サービス名クラウドワークスランサーズ
ライティングの案件数12万件11万件

クラウドワークスのほうが1万件、案件数が多いことがわかります。

案件数が多いほど、選択肢が増えるため、より早く案件を受注できる可能性が高まります。

案件数の多さだけでいうと、初心者にはクラウドワークスのほうが向いているといえます。

案件の質

案件の質はクラウドワークスとランサーズの間に、大きな差があります。

クラウドワークスには初心者でも取り組みやすい、データ入力やアンケート、ライティングなどの仕事が豊富です。それに対して、ランサーズはプログラミングやデザインのような、専門的な知識を必要とする仕事が豊富な傾向があります。

サービス名クラウドワークスランサーズ
豊富な仕事のジャンルデータ入力・ライティング(初心者でも取り組みやすい)プログラミング・デザイン(専門的な知識が必要)

また、ライティングの案件を見比べたところ、クラウドワークスは映画の感想や商品のレビューのような、ライティング未経験者でも手軽に取り組める案件が多数あります。

それに対して、ランサーズはライティングスキルが中難度~高難度の方向けの案件が多数見受けられました。

さらに、ランサーズではYahooKDDIのような大企業の案件も多数紹介されているため、ライティングスキルに自信があり、本格的にライターとして活躍したい方に人気がある環境といえます。

手数料

手数料に関しては、クラウドワークスとランサーズの間に差異はありませんでした。どちらも、受注する金額によって手数料が異なります。表で手数料を確認しましょう。

受注金額20万円以上10~20万円以上10万円以下
手数料受注金額×5%受注金額×10%受注金額×20%

報酬の支払い方法

報酬の支払い方法に関しては、クラウドワークスとランサーズの間に差異は無く、どちらも仮払いシステムを導入しています。

仮払いシステムとは、クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービス側が、事前にクライアントから報酬を預かり、仕事の完了とともに仕事の受注者に報酬が支払われるシステムのことです。

仮払いシステムを利用することで、「仕事を完了したにもかかわらず、クライアントから報酬を支払ってもらえない!」という最悪の状況になることを防ぎます。

まとめ 結局、「初心者」にはどっちがいいの?

今回はクラウドソーシングサービスの二大巨頭である「クラウドーワークス」と「ランサーズ」の違いを比較しました。

「クラウドワークス」は案件の総数が多いだけでなく、初心者でも簡単に取り組める案件が多いことがわかりました。

それに対して「ランサーズ」は案件の総数はクラウドワークスに少々劣るものの、スキルアップが見込める、中難度~高難度の案件が多いことがわかりました。

この結果を踏まえて結論をいうと、初心者はまず「クラウドワークス」を利用し、その後スキルアップしたいと思う方は「ランサーズ」を利用するのがよいでしょう。

この記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-ブログ・Webライティング
-,

© 2020 マネブロ|副業・節約 お金に関するまとめサイト Powered by AFFINGER5