水道光熱費

2020/11/23

固定費の節約|エルピオでんきで電気代を節約しよう!

「エルピオでんき」は、「価格.comの値引額ランキング」で1位を獲得している、とにかく電気代を抑えたい人におすすめの電力会社です。今回は、電気代を節約したい人に向けて、非常におすすめの「エルピオでんき」をご紹介します。

続きを読む

転売

2020/11/20

メルカリで稼ぐための「いいね!」を活用した裏技|「いいね!」を5個集めるメリット

今回は、フリマアプリ「メルカリ」の「いいね!」を使った販売術を3つ紹介します。また、「いいね!」たくさんもらうコツも同時に解説するので、メルカリで収益を上げたい人、メルカリでたくさんの商品を売りたい人は必見です。メルカリ転売にも有効ですよ!

続きを読む

サブスクリプション

2020/11/18

【24時間70円】傘のシェアリングサービス「アイカサ」の使い方を紹介!

70円で24時間使える!お得な傘のレンタルサービス「アイカサ」の使い方をまとめました。好きな場所で借り、好きな場所で返却できます。1ヶ月使い放題でも280円。コンビニでビニール傘を買うよりお得な「アイカサ」を紹介します!

続きを読む

税金

2020/11/17

減価償却とは?対象や計算方法をわかりやすく解説!

減価償却とは、取得価額が10万円を超える固定資産を耐用年数によって、数年に分けて費用計上することです。業務に使用していて、なおかつ時間の経過によって劣化するものが減価償却する条件です。減価償却の計算方法には、毎年一定の金額を経費にする定額法と、毎年一定の割合を経費にする定率法があります。

続きを読む

水道光熱費

2020/11/15

【基本料金タダ】Looopでんきとは?メリット・デメリットを解説!

基本料金が0円のLooopでんき(ループでんき)に切り替えることでどれくらい固定費を節約できるか知っていますか?定期的に電気代をはじめとする固定費を見直すことは節約に非常に効果的です。この記事ではLooopでんきのメリット・デメリットや料金プランを解説します。

続きを読む

Webライティング

2020/11/13

SEOの基礎|「検索意図(インテント)」とは?なぜ重要なのかを解説!

SEO対策をする上で、ユーザーの「検索意図(インテント)」を想定することは非常に大切です。検索意図、つまりユーザーのニーズを的確に叶える記事を書くことで、質の高いコンテンツとみなされます。この記事では、検索意図の重要性や種類についてわかりやすく解説します。

続きを読む

サブスクリプション

2020/11/9

【就活生必見!】「カリクル」でリクルートスーツを無料レンタルする方法

カリクル(caricuru)では、無料でリクルートスーツがレンタルできるキャンペーンを行っています。出費がかさむ就活生の味方であるカリクルの登録方法から使い方まで、画像付きで詳しく解説します。先着5,000名限定なのでお早めに利用してくださいね!

続きを読む

投資

2020/11/14

株式投資|会社四季報の読み方5【キャッシュフロー】を解説

この記事では、会社四季報の【キャッシュフロー】について解説しています。キャッシュフローでは、営業CF・投資CF・財務CFがあり、この3本柱を確認することで、「支出・収入」の流れが分かり、会社が保有している現金・現金化できる能力が分かります。

続きを読む

サブスクリプション

【2020最新版】おすすめ動画系・音楽系サービス12社比較!料金や作品数は?

こんな悩みはありませんか?

  • Netflix、Spotify、Amazonプライムなど、どのサービスを選べばよいかがわからない
  • サブスクリプションのサービスをお得に使いたい
  • Amazonプライムのメリットを知りたい
  • Amazonプライムと他のサービスの違いを知りたい
動画見放題とか、音楽聴き放題みたいなサービスが流行っているけど、どれがおすすめなの?
それぞれのサービスで特徴が異なるから、特徴を話すね!参考にしてみて自分にあったサービスを選んでみてね!
MONEBLO

サブスクリプションサービス(以下サブスク)」という言葉をご存知でしょうか?

「Netflix」「PrimeVideo」「Spotify」など、「動画見放題」「音楽聴き放題」サービスもサブスクのひとつで、近年サブスクは様々なジャンルでも使われるようになってきました。

この記事では、サブスクの中でも特に人気の「動画見放題」のサービスと「音楽聴き放題」のサービスについて紹介します。様々なサブスクの比較と、その中でも特におすすめできる「Amazonプライム」のメリットについて解説します。

そのほかの趣味に関するサブスクは趣味や娯楽のサブスク5選で詳しく紹介しています。

サブスクリプションサービスとは

「サブスクリプション」とは、「定期購読」の意味です。

料金を支払って、一定の期間サービスを利用する仕組みのことをです。

最近では、雑誌やスマホアプリ、PCソフト以外にも、「家電」や「洋服」のサブスク、月額会員制の「コーヒー飲み放題」「焼き肉食べ放題」など、広がりをみせています。

さらに詳しく!

焼肉チェーンの「牛角」は、月額11,000円で、食べ放題の「牛角コース(1人3,828円)」と「お気軽コース(3,278円)」のいずれかを1日1回、1ヶ月間注文できるサブスクを行っています。このように実生活に近いところにも、サブスクは拡大しています。

これからの時代はものを所有するよりも、サブスク形式で利用する機会が増えてくるでしょう。

「動画見放題」のサブスク6社比較

「動画見放題」のサブスクについて主要6社を比較します。

Prime VideoNetflixHuluU-NEXTdTVFODプレミアム
月額料金(一般)500円880円/1,320円/1,980円1,026円2,189円550円976円
月額料金(学割)250円-----
最高画質4K4KフルHD4K4KHD
オフライン再生-
コンテンツ数約1万-約6万約18万約12万約4万
オリジナル作品-

※料金は税込み表記

Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオは、Amazonが提供している「Amazonプライム」のサービスです。

約1万本の映画やテレビ番組が、年間4,900円(月額500円)で見放題です。

この価格で、Amazonプライムの他のサービスも利用することができます。「ドキュメンタル」や「バチェラー・ジャパン」などのオリジナル作品も充実していて見ごたえがあり、動画系サブスクの中でもコストパフォーマンスが高いといえます。

年間4,900円(月額500円)と、他のサービスと比較して低価格であるにも関わらず、4K画質の動画を観ることができます。

コンテンツ数は他の動画視聴サービスと比較すれば少ないものの、充分納得のいく内容といえます。

Netflix

Netflixは、全世界で1億人以上のユーザーを抱える動画配信サービスです。

海外ドラマが充実している一方で、国内ドラマやバラエティは、比較的少ないのが特徴です。

料金は同時視聴台数と画質によって、3プラン用意されており、一番安いプランは「月額880円」です。

さらに詳しく!

同時視聴台数画質
880円プラン1台SD
1,200円プラン2台HD
1,800円プラン4台4K

スマホで視聴する分には月額800円のプランで充分ですが、パソコンなど大きな画面で視聴するには粗さが目立ちます。

使うデバイスなど、利用用途を考慮した上で選択することをおすすめします。

国内作品よりも、海外ドラマや映画などの海外作品が見たい方はNetfixがおすすめです。

Hulu

Huluは、2008年に米国でスタートした動画配信サービスです。

2011年に日本でサービスが開始され、2014年に日本テレビ(日テレ)が国内事業を買収し、米国Huluから独立しました。

そのため、海外ドラマが充実していて、日テレ系の国内向けのドラマや映画、アニメも充実しています。

日本Huluは日本テレビが運営するため、日本テレビ系のドラマ、アニメ、バラエティを見ることができます。

また、「24 Twenty Four」「プリズン・ブレイク」「ウォーキング・デッド」などの人気作を中心に、海外ドラマが充実しています。

海外ドラマや、日テレ系のドラマや映画が好きな方は、Huluがおすすめです。

U-NEXT

U-NEXTは2007年にサービスを開始した、老舗のサービスです。18万本という圧倒的な作品数と、頻繁なコンテンツ更新が特徴です。

また、追加料金無しで、約70種類の雑誌の読み放題もついています。

「ないエンタメがない」をコンセプトにしており、国内・海外問わず充実したラインナップです。

たくさんの動画が見たい方は、U-NEXTがおすすめです。

dTV

dTVはNTTドコモとエイベックスが運営しているサービスです。12万もの動画コンテンツを月額550円で楽しめます。

また、NTTドコモが運営していますが、NTTドコモ以外のキャリアを使っていても利用することができます。

エイベックスが運営しているので、映画やドラマだけでなく、アーティストのライ映像を楽しむことができるのが特徴です。

料金も安価な割に、作品数も多く安価で沢山の作品を楽しみたい人にはおすすめです。

FODプレミアム

FODプレミアムは、フジテレビが運営するサービスです。

「昼顔」「コード・ブルー」など、フジテレビが過去に制作した人気作品や、オリジナルドラマを見ることができます。

また、ドラマ見逃し配信サービスとして、フジテレビの最新ドラマやバラエティなどが期間限定で無料視聴できます。

また、雑誌読み放題のサービスもあり、101種の雑誌が最新号まで読み放題です。

フジテレビ系のドラマが好きな方は、FODプレミアムがおすすめです。

「音楽聴き放題」のサブスク6社比較

「音楽聴き放題」のサブスクについて主要6社を比較します。

Apple MusicSpotifyYoutube MusicPrime MusicLINE MUSICAWA
月額料金(一般)980円980円980円500円960円960円
月額料金(学割)480円480円480円250円480円480円
音質256kbps320kbps256kbps256kbps320kbps320kbps
オフライン再生
楽曲数5,000万曲4,000万曲4,000万+Youtube動画200万曲5,000万曲5,500万曲
無料期間3ヶ月60日1ヶ月30日3ヶ月30日

※料金は税込み表記

Apple Music

Apple Musicは、Appleが提供している音楽聴き放題のサブスクです。

料金は月額980円(学割で480円)です。

曲数は約5,000万曲で、なかでも洋楽がとても充実しています。

家族6人までで契約できるファミリープランもあり、月額1,480円で利用できます。

Apple端末で利用しやすいので、iPhoneやMacを使っている方におすすめです。

Spotify

Spotifyは約4,000万曲が聴けるサービスです。

料金はApple Musicと同じく月額980円(学割で480円)です。

世界で2億3,000万人のユーザーを抱える、音楽配信サービスの最大手です。

スウェーデン初のサービスなので、洋楽が充実していますが、邦楽もどんどん増えています。

有料プランは音質が320kbpsと、比較的高音質で聴くことができるので、音にこだわりがある方にもおすすめです。

Youtube Music

Youtube Musicは、Googleが提供するサービスです。

料金は同じく月額980円です。前サービスのGoogle Play Musicでは約4,000万曲が配信されていますが、Youtube Musicではそれに加えて、Youtube上にアップロードされている動画の音声を曲として聴くことができます。

曲数は、Youtube Musicが圧倒的に多いでしょう。

Prime Music

Prime Musicは、Amazonが提供しているサービスです。

Amazonプライムのサービスの一つなので、Prime会員であれば追加料金なしで200万曲を楽しめます。

無料プランでも広告はなく、デバイス内に音楽をダウンロードすることもできます。

「Amazon Music Unlimited」という有料プランも有り6,500万曲聞くことができます。

Prime会員は月額780円、それ以外の方は月額980円で利用することができます。

曲数が多いので、インディーズなどマニアックな曲も聴くことが可能です。

LINE MUSIC

LINE MUSICはLINEが運営するサービスです。月額960円と、他のサービスに比べて少し安く利用できます。

無料期間が3ヶ月と長いのも特徴です。

また、月20時間以内の利用であれば月額500円(学割で月額300円)とかなり安く利用できます。

曲を聴く頻度が高くない人におすすめのプランです。

AWA

AWAはLINE MUSICと同じく国産の音楽サブスクサービスです。5,500万曲と曲数が多いことが特徴です。

さらに、AWAのユニークなプランとして、月額270円で利用できる「ARTISTプラン」というものが存在します。

これは、一つのアーティストだけを聴くなら、どの曲もオフライン再生、フル再生、バックグラウンド再生ができるというものです。

普段聞いているアーティストが少ない人は、AWAがおすすめです。

初めてのサブスクは「Amazonプライム」一択

動画見放題と音楽聞き放題サービスを紹介してきましたが、まだどのサービスにも加入していない方は、Amazonプライムがおすすめです。

Amazonプライムとは、Amazonが提供しているサブスクです。

動画や音楽のサービスはもちろん、Amazonで買い物をする際の送料が無料になったり、配達日時注文した商品が1時間で届いたりと、10個の特典がついてきます。

今回紹介した動画系サブスク・音楽系サブスクは、Amazonプライムよりコンテンツが多く、確かに魅力的です。

他のサブスクは動画や音楽に特化しているのに対して、Amazonプライムは動画と音楽、さらに写真のバックアップや買い物の送料無料など、たくさんの特典がついてきます。

それらが年間4,900円だけで済んでしまうので、複数のサービスに登録する必要がなくなります。

そのため、動画系サブスク・音楽系サブスクの1つ目として、Amazonプライムがおすすめといえます。

Amazonプライムをベースとして、それでもコンテンツに不満があれば、今回紹介した他のサブスクで補うのがいいでしょう。

Amazonプライムのサービス一覧は、以下の記事で解説しています。

オススメ!
【2020最新版】Amazonプライムのおすすめサービスと登録方法を解説!

続きを見る

まとめ この記事が30秒で理解できる!

今回は「動画見放題」「音楽聴き放題」のサブスクに絞り解説をしてきました。

未だ加入していない方は、Amazonプライムをベースにするのがおすすめです。

その上で、各サブスクにはそれぞれの特徴があるので、好きなジャンルが豊富なサブスクを選ぶといいでしょう。

-サブスクリプション
-

© 2020 マネブロ|副業・節約 お金に関するまとめサイト Powered by AFFINGER5