新着記事

投資

2020/11/27

株式投資|会社四季報の読み方6【資本異動】を解説!

会社四季報の【資本異動】では、会社が発行した株式の推移や資金繰りについて確認することができます。この記事では、会社四季報に主に書かれている資本異動についてや使われる略表記とその意味について解説します。

続きを読む

サブスクリプション

2020/11/26

【飲み代半額】居酒屋一休のサブスク「おつまみ&ドリンク半額会員」を解説!

居酒屋「一休」の「おつまみ&ドリンク半額会員」になることで、毎回の会計を約半額にすることができます。たった月額500円で、一休を半額にできるサブスク「おつまみ&ドリンク半額会員」について、登録方法や実際にいくら安くなったかをご紹介します。

続きを読む

ブログ・Webライティング

2020/11/26

【初心者必見】ブログの始め方マニュアル!ブログの準備から稼ぐ方法までを解説

ブログに興味があっても、何から手を付ければいいかわからない方は多いでしょう。この記事では、ブログ開設に必要な準備と、稼ぐためのブログの方向性を解説します。

続きを読む

水道光熱費

2020/11/23

固定費の節約|エルピオでんきで電気代を節約しよう!

「エルピオでんき」は、「価格.comの値引額ランキング」で1位を獲得している、とにかく電気代を抑えたい人におすすめの電力会社です。今回は、電気代を節約したい人に向けて、非常におすすめの「エルピオでんき」をご紹介します。

続きを読む

転売

2020/11/20

メルカリで稼ぐための「いいね!」を活用した裏技|「いいね!」を5個集めるメリット

今回は、フリマアプリ「メルカリ」の「いいね!」を使った販売術を3つ紹介します。また、「いいね!」たくさんもらうコツも同時に解説するので、メルカリで収益を上げたい人、メルカリでたくさんの商品を売りたい人は必見です。メルカリ転売にも有効ですよ!

続きを読む

サブスクリプション

2020/11/18

【24時間70円】傘のシェアリングサービス「アイカサ」の使い方を紹介!

70円で24時間使える!お得な傘のレンタルサービス「アイカサ」の使い方をまとめました。好きな場所で借り、好きな場所で返却できます。1ヶ月使い放題でも280円。コンビニでビニール傘を買うよりお得な「アイカサ」を紹介します!

続きを読む

税金

2020/11/17

減価償却とは?対象や計算方法をわかりやすく解説!

減価償却とは、取得価額が10万円を超える固定資産を耐用年数によって、数年に分けて費用計上することです。業務に使用していて、なおかつ時間の経過によって劣化するものが減価償却する条件です。減価償却の計算方法には、毎年一定の金額を経費にする定額法と、毎年一定の割合を経費にする定率法があります。

続きを読む

水道光熱費

2020/11/15

【基本料金タダ】Looopでんきとは?メリット・デメリットを解説!

基本料金が0円のLooopでんき(ループでんき)に切り替えることでどれくらい固定費を節約できるか知っていますか?定期的に電気代をはじめとする固定費を見直すことは節約に非常に効果的です。この記事ではLooopでんきのメリット・デメリットや料金プランを解説します。

続きを読む

サブスクリプション

【24時間70円】傘のシェアリングサービス「アイカサ」の使い方を紹介!

こんな悩みはありませんか?

  • できるだけ傘を持ち歩きたくない
  • 急な雨でついついビニール傘を買ってしまう
  • 傘のシェアリングサービスについて知りたい
  • 「アイカサ」の使い方を知りたい
傘を持ち歩くのが嫌だから、突然雨が降ると結構困るんだ。何か良い方法はないかな?
これからは、傘もシェアする時代!「アイカサ」を使えば、突然の雨でも傘をお得に借りることができるよ。
MONEBLO

 

あなたは、普段傘を持ち歩いていますか?

雨の予報を知っていたり、外出時に雨が降っていたりすれば傘を持ち歩くとは思いますが、常にそういうわけにはいきませんよね。

突然の雨だと、傘を持っていないことも十分あり得ます。

 

そんな時あなたはどうしていますか?

高いけど、コンビニでビニール傘を買っているなぁ。

コンビニで600円くらいの傘を買ってしまう人は、多いのではないでしょうか。

毎回ビニール傘を買っていてはもったいないので、傘のシェアリングサービスを利用することをおすすめします。

 

今回ご紹介するのは、傘のシェアリングサービス「アイカサ」です。

アイカサを利用することで、突然の雨の際に傘を安く借りることができます。

また、自分の傘を持ち歩く必要がなくなるので盗難の心配もなくなりますね。

この記事ではアイカサの登録方法と使い方を紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

自転車のシェアリングサービス「ハローサイクリング」はこちらの記事で解説しています。

傘のシェアリングサービス「アイカサ」の特徴

アイカサ トップページ

アイカサ

アイカサは、傘のシェアリングサービスです

「もう、傘を持ち歩かない生活を」というコンセプトのもと、2018年2月にサービスがスタートしました。雨が降ったら駅などにあるスポットでアイカサを使用し、雨がやんだら近くのスポットに傘を返却できる便利なサービスです。

 

このアイカサでは、2種類のプランから選択できます。

24時間70円で使える「通常プラン」と、1ヶ月280円で借りっぱなしにできる「使い放題プラン」があるので、自分の利用したいプランを選びましょう。

プラン通常プラン使い放題プラン
料金70円/24時間280円/1ヶ月
同時にレンタル可能な本数1本2本
備考最大420円(7日目以降は課金ストップ)-

通常プランは24時間ごとに70円かかりますが、同じ月であれば7日目以降は課金が止まります(最大420円

そのためもし傘を返し忘れてしまっていても、料金が高額になることはありません。

 

ひと月に4日以上使う可能性がある場合は、使い放題プランのほうがお得です。

梅雨の時期だけ使い放題プランにするなどの使い方ができそうですね。

使い放題プランの特徴として、同時に2本借りておける点が挙げられます。

1本は自宅用、もう1本は出先で雨が降ってきた時用というように使い分けることができます。

傘のシェアリングサービス「アイカサ」のメリット・デメリット

いつでも使える

アイカサのメリットは、いつでも使えることです。

傘を使いたい時は駅などに設置されているレンタルスポットから借り、使い終わったらスポットに戻せば完了です。

借りた時と同じスポットに戻す必要はなく、使い終わった時点で近くにあるスポットに返却することが可能です。

ビニール傘より安い

アイカサは24時間70円で利用できます。

コンビニで約600円のビニール傘を買うより安いですね。

折りたたみ傘よりしっかりした作りで、サイズも大きいので、普段傘を持ち歩きたくない方にはぴったりなサービスです。

環境にやさしい

アイカサを使うことで、環境問題に貢献することができます。

アイカサによると、日本では毎年約8000万本のビニール傘が消費されており、その多くは半年以内にゴミとして地球に埋め捨てられているそうです。

せっかく買った傘を使い捨てるのはもったいないですし、何より環境に悪いですよね。

 

アイカサでは傘にグラスファイバーを使用し耐久性を上げているため、簡単に壊れないようになっています。

また骨部分が折れても、1本ずつ交換できるようになっています。そのため1本の傘を比較的長期間使用できるのです。

アイカサを使う方が増えて、使い捨てのビニール傘を購入する方が減れば、環境問題に大きな貢献ができるでしょう。

傘のシェアリングサービス「アイカサ」のデメリット

アイカサのデメリットは、使えるエリアが限られることです。

2020年11月現在利用可能な都道府県は、東京・神奈川・埼玉・茨城・愛知・大阪・兵庫・福岡・岡山です。

ただし全国に拡大予定とのことなので、これから各地で使えるようになることを期待したいですね。

傘のシェアリングサービス「アイカサ」の登録方法

ここではアイカサの登録方法を説明します。登録はスマートフォンのアプリから行います。

iPhone用、Android用にそれぞれアイカサのアプリが用意されているのでインストールしてください。

1アイカサのアプリをダウンロードする。app store内のアイカサのページ

2好きな方法を選んでログインする。ログイン方法の選択

3プランを選択する(あとから設定することも可能)。プランの選択

4支払い方法を選択する(あとから設定することも可能)。決済方法の選択

以上でアイカサの登録は完了です。次は実際に傘を借りてみましょう。

傘のシェアリングサービス「アイカサ」の使い方

アイカサの使い方について解説します。(プランと決済方法を登録した状態で作業してください。)

1アプリを開いてマップを表示し、傘のアイコンをタップする。アプリ起動画面

2「借りる」をタップする。スポットを選択した状態

3利用地域を選択する。利用地域を選択

4スポットに記載されているQRコードを読み取る。QRコードスキャン画面

これでアイカサのレンタルは完了です。

使い終わったら近くのスポットに傘を返却しましょう。

返却の際もアプリから「返す」を選択し、QRコードを読み取るだけなので簡単です。

傘のシェアリングサービス「アイカサ」を利用してみて

アイカサの便利なところは、都心のあらゆるところにスポットが設置されているところです。

雨が振りそうな日に家から傘を持っていかなくてもよいというのは、荷物の軽減になりとても楽でした。

料金に関しても、1ヶ月280円で良い状態の傘が使えるので、かなり安いと感じました。

ビニール傘だと数回使ったら壊れてしまうことがありますが、アイカサであれば毎回違う傘を利用することになるので壊れた傘を使い続ける必要がなく、とてもストレスフリーです。

まとめ 30秒でこの記事が理解できる!

アイカサはお得に傘が使えるだけでなく、環境問題に貢献でき、さらには壊れた傘を使い続けるストレスから開放してくれる優れたサービスです。

利用するユーザーが増えることで、エリアの拡大に繋がりより便利になっていくはずです。

あなたもお得に傘をレンタルしてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

-サブスクリプション
-

© 2020 マネブロ|副業・節約 お金に関するまとめサイト Powered by AFFINGER5