サブスクリプション

傘のサブスク「アイカサ」を試してみた!おすすめポイントを解説

アイカサ

こんな悩みはありませんか?

  • できるだけ傘を持ち歩きたくない
  • 急な雨でついついビニール傘を買ってしまう
  • 傘のシェアリングサービスについて知りたい
  • 「アイカサ」の使い方を知りたい

仕事終わりの時間にゲリラ豪雨に見舞われ、傘のレンタルサービス「アイカサ」を利用してみました。

「アイカサ」はアプリに登録して、レンタルスポットでQRコードをかざすだけで1日70円から傘が借りられるので、非常にお得です。

傘を持ち歩くと荷物になるし、折り畳み傘は干すのが面倒臭いので、非常にストレスフリーでおすすめです。

今回の記事は、「アイカサ」の料金や、オススメできるポイントを紹介します。

実際に利用してみて、万が一に備えてアプリは登録しておくべき!と感じたので、かなりおすすめといえます。

それでは、本編をどうぞ!

傘のシェアリングサービス「アイカサ」の特徴

アイカサは、「もう、傘を持ち歩かない生活を」というコンセプトのもと、2018年2月にサービスが開始した「傘のシェアリングサービス」です。

雨が降ったら駅などにあるスポットで傘をレンタルし、雨がやんだら近くのスポットに傘を返却できる便利なサービスです。

 

アイカサは、2種類のプランから選択できます。

24時間70円で使える「通常プラン」と、1ヶ月280円で借りっぱなしにできる「使い放題プラン」があるので、とりあえずは通常プランに登録しておけば、万が一の時に役立ちます。

プラン通常プラン使い放題プラン
料金70円/24時間280円/1ヶ月
同時にレンタル可能な本数1本2本
備考最大420円(7日目以降は課金ストップ)-

通常プランは24時間ごとに70円かかりますが、同じ月であれば7日目以降は課金が止まります(最大420円)。

そのためもし傘を返し忘れてしまっていても、料金が高額になることはありません。

コンビニで傘を買うと1,000円~1,500円程度かかるので、急な雨でもアイカサに登録しておけば出費をかなり抑えられます。

 

プラン選択は都度出来るので、梅雨の時期だけ使い放題プランにするなどの使い方ができそうです。

使い放題プランは、同時に2本借りておけます

1本は自宅用、もう1本は出先で雨が降ってきた時用というように使い分けることができて便利です。

「アイカサ」のスポット

アイカサが設置しているスポットは、関東を中心に全国に拡大しています。

2021年3月現在では、東京・神奈川・埼玉・茨城・愛知・大阪・兵庫・福岡・岡山でアイカサが利用できます。

例えば、新宿周辺だけでも沢山のスポットがあり、首都圏中心を生活圏にしている方にはかなり使い勝手がいいでしょう。

アイカサ 新宿

 

「アイカサ」は他のスポットにも返却できる

アイカサは、基本的に各地のスポットどこでも返却することができます。

そのため、出先で借りた傘を、最寄りのスポットで返却することもできるので非常におすすめです。

特に旅行や出張などの荷物が多い時に、わざわざ傘を持ち歩くのは億劫なので、万が一にアイカサを利用するのがいいでしょう。

 

各スポットには、置ける傘の上限が決められています。上限を超えると、そのスポットには傘が置けず他のスポットに返却しなければいけません。

アプリでスポットごとの傘の残数が確認できるので、返却前に確認しておくといいでしょう。

基本的にどのスポットも、もともと置いてある傘の2倍近く余裕がありそうです。傘が埋まって置けないなんてことはそうそうないでしょう。
MONEBLO

「アイカサ」で年1,000円節約する

少し古いデータですが、2017年に株式会社ウェザーニューズが行った「1年で何本傘を買うか」の調査によると、1位の東京が0.9本、全国平均0.6本となっています。

また「傘を何本持っているか」の調査で、1位の東京は4.1本、全国平均は3.6本です。

傘は自宅に必要量あるにもかかわらず、毎年1本弱の傘を買ってしまうのは、やはり出先で突然の雨に打たれた時に買ってしまうのでしょう。

通常プランでは1本あたり70円で借りられるので、1本1,000円~1,500円でいらない出費をするよりはかなりお得でしょう。

「アイカサ」は環境にも優しい

世界に比べて折りたたみ傘の使用率が低く「ビニール傘の使い捨て意識」が定着している日本は、不法投棄傘が社会課題となりはじめています。

日本では毎年約8000万本のビニール傘が消費されており、その多くは半年以内にゴミとして地球に埋め捨てられているそうです。

せっかく買った傘を使い捨てるのはもったいないですし、何より環境に悪いですよね。

 

アイカサを使えば、不要な傘の購入が避けられるため、環境にとって非常に優しいサービスです。

さらに、アイカサの傘はグラスファイバーを使用し耐久性を上げているため、簡単に壊れないようになっています。

また骨部分が折れても、1本ずつ交換できるようになっているので、1本の傘を比較的長期間使用できるのです。

アイカサを使う方が増えて、使い捨てのビニール傘を購入する方が減れば、環境問題に大きな貢献ができるでしょう。

実際に使ってみても、かなり頑丈に感じました。ゲリラ豪雨で台風並みの風力でしたが、骨が折れることなく自宅まで帰れました。
MONEBLO

まとめ 30秒でこの記事が理解できる!

アイカサはお得に傘が使えるだけでなく、環境問題に貢献でき、さらには壊れた傘を使い続けるストレスから開放してくれる優れたサービスです。

利用するユーザーが増えることで、エリアの拡大に繋がりより便利になっていくはずです。

まだアプリのインストールが済んでいない方は、「アイカサ」からアプリをインストールしてみては如何でしょうか。

インストールは無料なので、いざという時に備えておくといいでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

UESHO

マネブロのオーナー&複数企業の経営者。FP2級保持。 フリーランス時代に、ブログ・転売・投資・MLMなどあらゆるインターネットビジネスを経験済み。嘘にまみれたインターネットビジネスの世界を是正するため、マネブロでは、目で見た正しい情報だけを発信しています。

-サブスクリプション
-

© 2021 マネブロ|副業・節約 お金に関するまとめサイト Powered by AFFINGER5