水道光熱費

2020/11/23

固定費の節約|エルピオでんきで電気代を節約しよう!

「エルピオでんき」は、「価格.comの値引額ランキング」で1位を獲得している、とにかく電気代を抑えたい人におすすめの電力会社です。今回は、電気代を節約したい人に向けて、非常におすすめの「エルピオでんき」をご紹介します。

続きを読む

転売

2020/11/20

メルカリで稼ぐための「いいね!」を活用した裏技|「いいね!」を5個集めるメリット

今回は、フリマアプリ「メルカリ」の「いいね!」を使った販売術を3つ紹介します。また、「いいね!」たくさんもらうコツも同時に解説するので、メルカリで収益を上げたい人、メルカリでたくさんの商品を売りたい人は必見です。メルカリ転売にも有効ですよ!

続きを読む

サブスクリプション

2020/11/18

【24時間70円】傘のシェアリングサービス「アイカサ」の使い方を紹介!

70円で24時間使える!お得な傘のレンタルサービス「アイカサ」の使い方をまとめました。好きな場所で借り、好きな場所で返却できます。1ヶ月使い放題でも280円。コンビニでビニール傘を買うよりお得な「アイカサ」を紹介します!

続きを読む

税金

2020/11/17

減価償却とは?対象や計算方法をわかりやすく解説!

減価償却とは、取得価額が10万円を超える固定資産を耐用年数によって、数年に分けて費用計上することです。業務に使用していて、なおかつ時間の経過によって劣化するものが減価償却する条件です。減価償却の計算方法には、毎年一定の金額を経費にする定額法と、毎年一定の割合を経費にする定率法があります。

続きを読む

水道光熱費

2020/11/15

【基本料金タダ】Looopでんきとは?メリット・デメリットを解説!

基本料金が0円のLooopでんき(ループでんき)に切り替えることでどれくらい固定費を節約できるか知っていますか?定期的に電気代をはじめとする固定費を見直すことは節約に非常に効果的です。この記事ではLooopでんきのメリット・デメリットや料金プランを解説します。

続きを読む

Webライティング

2020/11/13

SEOの基礎|「検索意図(インテント)」とは?なぜ重要なのかを解説!

SEO対策をする上で、ユーザーの「検索意図(インテント)」を想定することは非常に大切です。検索意図、つまりユーザーのニーズを的確に叶える記事を書くことで、質の高いコンテンツとみなされます。この記事では、検索意図の重要性や種類についてわかりやすく解説します。

続きを読む

サブスクリプション

2020/11/9

【就活生必見!】「カリクル」でリクルートスーツを無料レンタルする方法

カリクル(caricuru)では、無料でリクルートスーツがレンタルできるキャンペーンを行っています。出費がかさむ就活生の味方であるカリクルの登録方法から使い方まで、画像付きで詳しく解説します。先着5,000名限定なのでお早めに利用してくださいね!

続きを読む

投資

2020/11/14

株式投資|会社四季報の読み方5【キャッシュフロー】を解説

この記事では、会社四季報の【キャッシュフロー】について解説しています。キャッシュフローでは、営業CF・投資CF・財務CFがあり、この3本柱を確認することで、「支出・収入」の流れが分かり、会社が保有している現金・現金化できる能力が分かります。

続きを読む

サブスクリプション

【2020年版】住まいのサブスク5選!subsclifeやADDressを紹介!

こんな悩みはありませんか?

  • サブスクには、どんな種類があるの?
  • 家具や家電を安く使う方法ってないの?
  • 家賃が高くて。もっと安く住む方法はないの?
最近よく「サブスク」って聞くけど、どんなものがあるの?
今やサブスクは広く普及していて、様々なジャンルがあるよ。今では「住まいや家具・家電」もサブスクできるサービスがあるんだ!
MONEBLO

今や「サブスクだけで生活できる」と言っても過言ではないくらい、サブスクのサービスは多岐にわたります。

Amazon PrimeやNetflixなどの「動画系」サブスク、Apple MusicやSpotifyなどの「音楽系」は有名ですが、それはサブスク全体からみればほんの一部にしかすぎません。

今回は、「住まいのサブスク」「家具・家電のサブスク」に関して、おすすめのサービスを5つご紹介します。

「趣味や娯楽」に関するサブスクは別記事で解説しています。

「住まい」「家具・家電」のサブスク5選

今までの常識では、「住まい」は賃貸か購入するという考え方でしたが、住まいのサブスクは「家を1か所に固定しない」という考え方です。

色んな場所に家があり、好きな時に好きな場所に住むのが住まいのサブスクです。

また、「家具や家電」のサブスクが登場したことで、家具や家電も借りるという選択肢が生まれました。

本記事では、その中でも特におすすめのサブスクを5つご紹介します。

  • subsclife(家具・家電レンタル)
  • air Room(家具のレンタル)
  • ADDress(全国住み放題)
  • Hostel Life(全国のホステル宿泊し放題)
  • HafH(世界中、定額制住み放題)

次の章からは、それぞれのサービスの概要やメリットなどを解説します。

subsclife(家具・家電レンタル)

subsclifeのHP写真

subsclife
subsclifeのリンク

料金月額500円(税別)~(レンタルする商品による)
最低契約期間3か月
こんな人におすすめ
  • おしゃれな家具や家電を気軽に試してみたい人
  • 短期間だけ家電を借りられればいい人
  • 季節家電などを収納するスペースが少ない人

subsclifeは、家具・家電の定額レンタルサービスです

BALMUDAやjournal standard furniture、ACME furniture、cadoなどの有名ブランドの家具・家電が安い値段でレンタルできます。

料金はレンタルするものによって変動しますが、例えばBALMUDAの有名なトースターは月額1,030円~で借りられます。

通常価格で25,000円以上する家電なので、非常にお得だと言えます。

ここに注意!

最低契約期間が「3か月」なので、注意してください!

また、特徴的なのは、レンタル期間終了後の選択肢です。

レンタルの「終了」か「継続」に加え、「購入」を選択できます。つまり、レンタルした商品が気に入れば、そのまま購入できるということです。

しっかりと新品が送られてくるため、非常にお得なサービスと言えます。引っ越しを検討している方や、家具・家電の買い替えを考えている方などは、検討してみてはいかがでしょうか?

air Room(家具のレンタル)

air RoomのHP写真

air Room

料金月額500円(税別)~(レンタルする商品による)
最低契約期間3か月
こんな人におすすめ
  • 単身赴任や一人暮らしなどの引っ越しをする人
  • 模様替えをお得にしたい人
  • オフィスの家具をお得に揃えたい人

air Roomは、家具の定額レンタルサービスです

1万点を超える商品の中から、気に入った家具をレンタルすることができます。

特徴的なのは、プロによるルームコーディネートをそのままレンタルできたり、無料でコーディネートの相談ができたりすることです。

自分の理想とする部屋の雰囲気をそのままレンタルできてしまうのは、非常に便利です。

返却期限は3か月~無期限なので、ずっと使い続けることも可能です。

subsclife同様、契約期間が終わり次第購入することもできます。商品数の多さではこちらに軍配が上がります。あなたに合ったサービスを選ぶといいでしょう。

ADDress(全国住み放題)

ADDressの画像

ADDress

料金月額40,000円(税別)
最低契約期間3か月(契約から1週間は無料で解約可能)
こんな人におすすめ
  • 週末などに家族やパートナーと旅行をしたい人
  • 各地の落ち着いた場所でのんびりと仕事がしたい人
  • 月に何度も宿泊していて、ホテル代が高い人

サブスクサービス1つ目はADDressです。

ADDressが日本各地で運営する、家に定額で住めるサービスです。

北は北海道から南は宮崎まで、全国50拠点以上あり、その拠点の多くは立地の良い場所にあります。空き家や別荘をリノベーションしているため、きれいで快適に過ごせる空間なのが魅力です。

44,000円の月額には、水道代、電気代、ガス代も含まれているので、別途料金は取られず安心して利用できますね。

ここに注意!

同時予約ができるのは最大14日までで、同じ個室の予約は最大7日まで(場合によっては延長可)です。

また、嬉しいのは契約者の同伴者も利用できるということです。二親等までの家族または固定のパートナー1名であれば、契約者と一緒に利用することができます。

そのため、家族で長期間遠出をしたり、パートナーと週末に気になる場所に行ったりする際にも重宝できそうなサービスです。

さらに詳しく!

二親等とは、両親、夫、妻、子、兄弟姉妹、祖父母、孫までのことを指します。また、パートナーは3か月に1回登録の変更が可能です。

節約の意味でも、月44,000円で住めるなら、賃貸で住むより安く住む場合が多いですね。

Hostel Life(全国のホステル宿泊し放題)

hostel life HP写真

Hostel Life

料金月額15,000円~(税別)
最低契約期間1か月
こんな人におすすめ
  • 全国のホステルに泊まりたい人
  • シェアハウスをしたい人
  • 長期の旅行を頻繁にする人

Hostel Lifeとは、全国各地に存在するホステルに宿泊できるサービスのことです。

その利用方法は多岐にわたりますが、プランは全部で3つあります。

  1. 多拠点パス
  2. ホステル暮らしパス
  3. 多拠点シェアハウス

「多拠点パス」は、全国各地の多拠点で生活する前提のプランです。一度に2泊までしか泊まれませんが、チェックインをすると別のホステルの予約ができるようになります。

料金は最安で月額15,000円(12か月の有効期限の場合)と、非常に安く宿泊できるのが魅力です。

「ホステル暮らしパス」は、家を手放したり、長期で旅行したりする際のプランです。予約し放題で月額45,000円~利用できます。

ここに注意!

「多拠点パス」も「ホステル暮らしパス」も、どちら使用できる曜日(週末使用できるか否か)によって料金が変わってきます。HPでよくチェックする必要があります。

「多拠点シェアハウス」は、全国4か所(千葉・大阪)あるシェアハウスに泊まりながら、ホステルも利用できるというプランです。

シェアハウスの場所や部屋のクオリティによって、料金は変わってくるので注意しましょう。

さらに詳しく!

利用するには、申し込み後に面談をする必要があります。それに伴い、説明会も都内で行われているので気になる方はぜひ参加してみてください。

利用する目的に応じてプランを選択できるのがうれしいですね。

HafH(世界中、定額制住み放題)

HafHのHP写真

HafH

料金月額16,000円(税込)
最低契約期間1か月(休会も可能)
こんな人におすすめ
  • 一人で頻繁に旅行に行く人
  • 海外旅行での宿もお得にしたい人
  • いろいろな場所にお得に泊まりたい人

HafHは、定額制の世界中住み放題サービスです。

「Home away from Home(第2のふるさと)」の頭のアルファベットをとってこの名前が名付けられたそうです。

世界で約200拠点もあるホテルに、プランで定められた泊数泊まれる、旅行好きには非常に魅力的な内容となっています。

HafHの定額プランには、以下の4つがあります。

  1. おためしHafH(初めて利用する方におすすめの体験プラン、月2泊まで宿泊可能)
  2. ちょっとHafH(週末など、気が向いたときに利用するプラン、月5泊まで宿泊可能)
  3. ときどきHafH(平日の利用や海外での利用も視野に入れたプラン、月10泊まで宿泊可能)
  4. いつもHafH(1か月以上の利用や、頻繁に宿泊地を転々とするプラン、毎日宿泊可能)

ここがポイント!

は2020年7月22日から始まったGo To Travelキャンペーンの対象となっているので、現在各プラン35%OFFで利用できます(「おためしHafH」は除く)。「ちょっとHafH」の場合、16,000円(税込)の35%OFFなので、月額10,400円で利用できます。

HafHのすべての宿にはFree Wi-Fiとコワーキングスペースが完備されているので、フリーランスやノマドの方の利用にも最適な場所です。

また、HafHプランによってHafHコインというものが毎月もらえます。このHafHコインを使うと、部屋のグレードが上がるなどのうれしい特典もあります。

現状では1人のみの利用しかできないため、1人で旅行へ行ったり、週末にゆったり仕事をしたりする場合には、ぜひHafHを検討してみてはいかがでしょうか?

まとめ この記事が30秒で理解できる!

この記事では、「住まい」や「家具・家電」に関するサブスクについてご紹介しました。

サブスクの登場により、家を1か所に固定しなかったり、家具や家電を借りるというような、自由度の高いライフスタイルが生まれました。

これらのサブスクは、節約にはもちろん、生き方の選択肢を増やすうえでも非常に面白いサービスなので、理想のライフスタイルに合わせて利用してみるといいでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

-サブスクリプション
-

© 2020 マネブロ|副業・節約 お金に関するまとめサイト Powered by AFFINGER5