新着記事

投資

2020/11/27

株式投資|会社四季報の読み方6【資本異動】を解説!

会社四季報の【資本異動】では、会社が発行した株式の推移や資金繰りについて確認することができます。この記事では、会社四季報に主に書かれている資本異動についてや使われる略表記とその意味について解説します。

続きを読む

サブスクリプション

2020/11/26

【飲み代半額】居酒屋一休のサブスク「おつまみ&ドリンク半額会員」を解説!

居酒屋「一休」の「おつまみ&ドリンク半額会員」になることで、毎回の会計を約半額にすることができます。たった月額500円で、一休を半額にできるサブスク「おつまみ&ドリンク半額会員」について、登録方法や実際にいくら安くなったかをご紹介します。

続きを読む

ブログ・Webライティング

2020/11/26

【初心者必見】ブログの始め方マニュアル!ブログの準備から稼ぐ方法までを解説

ブログに興味があっても、何から手を付ければいいかわからない方は多いでしょう。この記事では、ブログ開設に必要な準備と、稼ぐためのブログの方向性を解説します。

続きを読む

水道光熱費

2020/11/23

固定費の節約|エルピオでんきで電気代を節約しよう!

「エルピオでんき」は、「価格.comの値引額ランキング」で1位を獲得している、とにかく電気代を抑えたい人におすすめの電力会社です。今回は、電気代を節約したい人に向けて、非常におすすめの「エルピオでんき」をご紹介します。

続きを読む

転売

2020/11/20

メルカリで稼ぐための「いいね!」を活用した裏技|「いいね!」を5個集めるメリット

今回は、フリマアプリ「メルカリ」の「いいね!」を使った販売術を3つ紹介します。また、「いいね!」たくさんもらうコツも同時に解説するので、メルカリで収益を上げたい人、メルカリでたくさんの商品を売りたい人は必見です。メルカリ転売にも有効ですよ!

続きを読む

サブスクリプション

2020/11/18

【24時間70円】傘のシェアリングサービス「アイカサ」の使い方を紹介!

70円で24時間使える!お得な傘のレンタルサービス「アイカサ」の使い方をまとめました。好きな場所で借り、好きな場所で返却できます。1ヶ月使い放題でも280円。コンビニでビニール傘を買うよりお得な「アイカサ」を紹介します!

続きを読む

税金

2020/11/17

減価償却とは?対象や計算方法をわかりやすく解説!

減価償却とは、取得価額が10万円を超える固定資産を耐用年数によって、数年に分けて費用計上することです。業務に使用していて、なおかつ時間の経過によって劣化するものが減価償却する条件です。減価償却の計算方法には、毎年一定の金額を経費にする定額法と、毎年一定の割合を経費にする定率法があります。

続きを読む

水道光熱費

2020/11/15

【基本料金タダ】Looopでんきとは?メリット・デメリットを解説!

基本料金が0円のLooopでんき(ループでんき)に切り替えることでどれくらい固定費を節約できるか知っていますか?定期的に電気代をはじめとする固定費を見直すことは節約に非常に効果的です。この記事ではLooopでんきのメリット・デメリットや料金プランを解説します。

続きを読む

投資

株式投資|会社四季報の読み方5【キャッシュフロー】を解説

  • 株式投資に使えるくらい、会社四季報を読み解けるようになりたい!
  • 会社が所有している現金の流れを知りたい
  • 会社四季報の【キャッシュフロー】について知りたい

会社四季報は、上場企業の財務状況や業績などが一覧にまとまった情報誌で、「企業の健康診断書」とも呼ばれています。

株式投資家にとって、企業情報の分析は収益を生み出す上で大変重要なため、上級者の株式投資家も大多数が会社四季報を利用しています。

今回は、「キャッシュフロー」について解説します。

会社四季報の解説「会社の業績」

会社四季報の全容

会社四季報には、全部で14ブロックに分割された情報が掲載されています。

会社四季報における14ブロックの情報のそれぞれが、投資対象の判断材料として重要な情報で、大きく分けると会社プロフィール(黄色3項目)会社の業績(青11項目)の2つに分けることができます。

本記事は[4]の中の、【キャッシュフロー】に絞り解説をしていきます。

会社四季報のキャッシュフローとは

キャッシュフローでは、一定期間の支出・収入の増減額を示しています

ちなみに英語では、「Cash Flow」と書くので、省略するとCFと表記されます。

さらに詳しく!

ある会社の現金による収入は、キャッシュイン(消費者から現金を支払われる場合など)と呼び、現金による支出は、キャッシュアウト(会社の物品を購入するなど)と呼びます。

それでは、実際に先ほどの画像にある任天堂(7974)の【キャッシュフロー】を参考にしながら、キャッシュフローについて解説していきます。

以下の画像が、任天堂(7974)の上記[4]に書かれている【キャッシュフロー】の内容です。

四季報キャッシュフローの詳細

 

会社四季報の【キャッシュフロー】には、上から「営業CF・投資CF・財務CF・現金同等物」という項目が書かれています。

それぞれの項目については、後ほど詳しく解説します。

それぞれの数字の単位は、「百万円」か「億円」で、企業ごとに異なるため、右上に表示されている単位を確認する必要があります。

各項目の左側の数字は、直近(本決算期)の金額で右側の( )内の数字は、前期の金額を表しています。

また、「▲」はマイナスを意味します。

それでは、各項目の内容について解説していきます。

営業キャッシュフロー(営業CF)

営業キャッシュフロー(営業CF)は、実際の営業において生じるキャッシュの増減を表すものです。

純利益から売掛金や買掛金などを差し引きし、そこに実際の現金流出を伴わない減価償却費を足します。

さらに詳しく!

減価償却費とは、年月の経過や使用によってそのものの価値が下がる固定資産にかかった金額を、一定期間、毎期の費用に計上する費用のことで、建物や土地などが例として挙げられます。

営業CFがプラス(黒字)だと、その期の営業でキャッシュが増加したことになります。

一方、営業CFがマイナスだと、もともと純利益が赤字の可能性もありますが、在庫を増やしていたり、売掛金の回収が遅れていたりする場合もあります。

仕入れと販売の関係によっては、資金回収までの時間にラグがあるため、売り上げが大きくなればなるほど営業CFが減少する場合は十分あります。

そのため、営業CFがマイナスだからと言って、一概に経営が悪化しているとは判断できません

会社四季報の【業績】項目で営業利益などを確認し、総合的に判断することが必要です。

会社四季報の【業績】についてはこちらの記事で解説しています。

 

さらに詳しく!

新規会社の場合は、利益拡大を目的に売掛金が高くなることで、営業キャッシュフローが赤字になる場合もあります。ですが、前期分の資金を回収できれば、今期の営業CFは黒字になります。売掛金とは、商品の販売・サービスの提供をしたことで受け取れる資金のうち、未収のものとして計上するお金です。

任天堂(7974)の営業CFを確認してみましょう。

営業CFの説明

営業CFの項目を見ると、本決算期は、3,477億円となっています。

前期の数値である1,705億円と比較してみると、本決算期では順調にキャッシュが増加していることがわかります。

投資キャッシュフロー(投資CF)

投資キャッシュフロー(投資CF)は、設備などの固定資産や子会社や関連会社への投資に対して、資産や有価証券の売却額を差し引いたものです。

有価証券を売却するようなことでもない限り、基本的にはマイナスになる項目です。

現状の設備に投資したり、新たな事業に投資したりするような運用が考えられるため、一般的に、投資CFはマイナスの方が事業拡大や新規事業への参入を積極的にしている会社ことになります

 

例えば、新規の工場や店舗を建設するためには、資金を投入することになりますが、その時点での投資CFはマイナスとして計上されます。

一方、投資CFがプラスになるケースとしては、すでに会社が所有している工場や店舗を売却して資金を回収するケースが例として挙げられます。

 

任天堂(7974)の投資CFを確認してみましょう。

投資CFの説明

本決算期は、▲1,884億円となっています。

前期の数値である、453億円と比較してみると、本決算期では、事業拡大に力を入れ、資金を投じたことが想定できます。

財務キャッシュフロー(財務CF)

財務キャッシュフロー(財務CF)は、金融機関や社債などから、どのくらいの資金が集められたかを表し、資金繰りの状況を把握できるものです。

借入金から返済額を差し引いた金額が財務CFとなります。

 

金融機関などに借入金を返済したり社債を投資家に償還したりすると、その会社は支出が多くなるため、財務CFはマイナスになります。

営業CFで得たキャッシュを投資CFに回し、その不足分を一時的に財務CFで調整します。

財務CFは単年度のプラス・マイナスだけを見ても判断しきれないので、年を追って判断する必要があります。

 

任天堂の財務CFを確認してみましょう。

財務CFの説明

本決算期は、▲1,110億円となっています。

前期の数値である、▲1,090億円と比較してみると、金融機関の借入金などを前期よりも返済していることが分かります。

現金同等物

現金同等物とは、会社が所有している「現金」・「流動性が高い資」を合わせた資産のことです。

流動性が高い資産とは、3ヶ月以内に現金に換えることが可能な資産のことです。

例えば、一般的に馴染みがあるのは、銀行預金が該当します。

さらに詳しく!

6ヶ月の定期預金は、現金同等物に含めることができません。現金同等物に含めるためには、3ヶ月以内に現金に換えることが条件だからです。

任天堂(7974)の現金同等物を確認してみましょう。

現金同等物の説明

本決算期は、6,214億円となっています。

前期の数値である、5,853億円と比較してみると、「現金」・「流動性が高い資産」を合わせた資産が増えていることが分かります。

フリーキャッシュフロー(フリーCF)とは

フリーキャッシュフロー(フリーCF)とは、「営業CF」「投資CF」の数字を合計額で表したものです。

会社四季報には載っていないので、自分で計算する必要があります。

 

フリーCFがプラスの会社だと、金融機関などの借入金を必要とせずに、事業で得た利益を将来のために自由に使うことができます。そのため、今後事業の拡大ができる可能性があります。

一方、フリーCFがマイナスの会社だと、営業CFの数字だけでは設備投資をしても不足額が生じるため、金融機関などからの借入金や社債を発行することで、不足額を補填することになります。

任天堂(7974)の【キャッシュフロー】を用いて、フリーCFを計算してみましょう。

フリーCFの説明

フリーCFは、「3,477億円(赤枠)+▲1,877億円(青枠)」により、1,600億円になります。

そのため、任天堂(7974)の利益は1,600億円となり、金融機関などの借入金を用いなくても、営業利益だけで設備投資の費用をまかなうことができます

まとめ この記事が30秒で理解できる!

この記事では、会社四季報の【キャッシュフロー】について解説しました。

キャッシュフロー(CF)とは、現金の支出・収入の流れを表している財務表のことで、営業CF・投資CF・財務CF・フリーCFという種類があります。

営業CF実際の営業において生じるキャッシュの増減を表すもの
投資CF設備などの固定資産や子会社や関連会社への投資に対して、資産や有価証券の売却額を差し引いたもの
財務CF金融機関や社債などから、どのくらいの資金が集められたかを表し、資金繰りの状況を把握できるもの
現金同等物会社が所有している「現金」・「流動性が高い資産」を合わせた資産のこと

フリーCFは、会社四季報には書かれていませんが、「営業CF+投資CF」の式で計算することができます。

このように、キャッシュフローでは、その会社のお金の流れを確認することができます。

キャッシュフローを参考にして投資をするか判断しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

-投資
-

© 2020 マネブロ|副業・節約 お金に関するまとめサイト Powered by AFFINGER5