水道光熱費

2020/11/23

固定費の節約|エルピオでんきで電気代を節約しよう!

「エルピオでんき」は、「価格.comの値引額ランキング」で1位を獲得している、とにかく電気代を抑えたい人におすすめの電力会社です。今回は、電気代を節約したい人に向けて、非常におすすめの「エルピオでんき」をご紹介します。

続きを読む

転売

2020/11/20

メルカリで稼ぐための「いいね!」を活用した裏技|「いいね!」を5個集めるメリット

今回は、フリマアプリ「メルカリ」の「いいね!」を使った販売術を3つ紹介します。また、「いいね!」たくさんもらうコツも同時に解説するので、メルカリで収益を上げたい人、メルカリでたくさんの商品を売りたい人は必見です。メルカリ転売にも有効ですよ!

続きを読む

サブスクリプション

2020/11/18

【24時間70円】傘のシェアリングサービス「アイカサ」の使い方を紹介!

70円で24時間使える!お得な傘のレンタルサービス「アイカサ」の使い方をまとめました。好きな場所で借り、好きな場所で返却できます。1ヶ月使い放題でも280円。コンビニでビニール傘を買うよりお得な「アイカサ」を紹介します!

続きを読む

税金

2020/11/17

減価償却とは?対象や計算方法をわかりやすく解説!

減価償却とは、取得価額が10万円を超える固定資産を耐用年数によって、数年に分けて費用計上することです。業務に使用していて、なおかつ時間の経過によって劣化するものが減価償却する条件です。減価償却の計算方法には、毎年一定の金額を経費にする定額法と、毎年一定の割合を経費にする定率法があります。

続きを読む

水道光熱費

2020/11/15

【基本料金タダ】Looopでんきとは?メリット・デメリットを解説!

基本料金が0円のLooopでんき(ループでんき)に切り替えることでどれくらい固定費を節約できるか知っていますか?定期的に電気代をはじめとする固定費を見直すことは節約に非常に効果的です。この記事ではLooopでんきのメリット・デメリットや料金プランを解説します。

続きを読む

Webライティング

2020/11/13

SEOの基礎|「検索意図(インテント)」とは?なぜ重要なのかを解説!

SEO対策をする上で、ユーザーの「検索意図(インテント)」を想定することは非常に大切です。検索意図、つまりユーザーのニーズを的確に叶える記事を書くことで、質の高いコンテンツとみなされます。この記事では、検索意図の重要性や種類についてわかりやすく解説します。

続きを読む

サブスクリプション

2020/11/9

【就活生必見!】「カリクル」でリクルートスーツを無料レンタルする方法

カリクル(caricuru)では、無料でリクルートスーツがレンタルできるキャンペーンを行っています。出費がかさむ就活生の味方であるカリクルの登録方法から使い方まで、画像付きで詳しく解説します。先着5,000名限定なのでお早めに利用してくださいね!

続きを読む

投資

2020/11/14

株式投資|会社四季報の読み方5【キャッシュフロー】を解説

この記事では、会社四季報の【キャッシュフロー】について解説しています。キャッシュフローでは、営業CF・投資CF・財務CFがあり、この3本柱を確認することで、「支出・収入」の流れが分かり、会社が保有している現金・現金化できる能力が分かります。

続きを読む

投資

株式投資|会社四季報の読み方3 「会社業績」の財務を貸借対照表を使い解説

こんな悩みはありませんか?

  • 株式投資に使えるくらい、会社四季報が使えるようになりたい!
  • 会社四季報で「企業の安定性」をどうやって確認するの?

会社四季報は、上場企業の財務状況や業績などが一覧にまとまった情報誌で、「企業の健康診断書」とも呼ばれています。

株式投資家にとって、企業情報の分析は収益を生み出す上で大変重要なため、上級者の株式投資家も大多数が会社四季報を利用しています。

この記事では、株式投資にこれから挑戦したい方や、本格的に収益化を目指したい方に向けて、企業の安定性を分析するための【株式】【財務】の項目を、貸借対照表を使って解説します。

会社四季報の解説「会社の業績」

会社四季報

会社四季報には、全部で14ブロックに分割された情報が掲載されています。

会社四季報における14ブロックの情報のそれぞれが、投資対象の判断材料として重要な情報で、大きく分けると会社プロフィール(黄色3項目)会社の業績(青11項目)の2つに分けることができます。

本記事は[4]の中で、【株式】【財務】に絞り解説をしていきます。

会社四季報の【株式】

会社四季報の株式

赤枠内を拡大したものが以下です。

会社四季報の株式詳細

【株式】の右側に記載されている数字は、4/30 時点での発行株式数を表します。

単位は、売買できる最少の株式数を表します。1株、10 株、100 株、1000 株など、1回の売買で取引できる単位のことで、単位100 株では、株価×100 が最低取引額です。

[ ]で囲われた[ 賃借 ]にはいくつか種類があります。

  • [貸借]:貸借銘柄
  • [優待]:株主優待制度がある銘柄
  • [225]:日経平均採用銘柄

さらに詳しく!

貸借銘柄とは、買い建て・売り建ての両方ができる銘柄です。

信用取引においては、取引所が設けた一定基準を満たしたものを「信用銘柄」と呼び、買い建てを行うことができます。そこからさらに厳しいハードルを設け、条件を満たした銘柄だけが「貸借銘柄」と呼ばれます。つまり、貸借銘柄は上場企業の中でも、さらに絞り込まれた銘柄だけが行える取引です。

「時価総額」は、発売前月下旬時点のものです。当日終値に発行済株式数を掛けた金額です。新規上場企業は「-」を表示します。

会社四季報の【財務】

会社四季報の財務

赤枠内を拡大したものが以下です。

会社四季報の財務詳細

【財務】は、貸借対照表=バランスシート(B/S)から抜粋された数字であり、株式銘柄を選定する上で非常に重要な情報です。

貸借対照表をざっくり説明

貸借対照表を簡単に説明すると、大ざっぱに言えば、左側に「資産」を、右側に「負債」と「純資産」を書いた財務諸表です。

これら3つの関係は、常に「資産」=「負債」+「純資産」が成り立っています。

貸借対照表

わかりやすいように家計に置き換えると、以下のようになります。

  • 「資産」:預貯金、不動産、保険など
  • 「負債」:住宅ローン、奨学金など
  • 「純資産」:資産ー負債

つまり、貸借対照表をみると、家にお金がどれくらいあるのか?借金はどれくらいあるのか?借金と預貯金のバランスはどんなもんか?などを計ることができます。

 

会社四季報の【財務】と貸借対照表の関係

会社四季報【財務】に書いてある「総資産」や「自己資本」は、貸借対照表から重要項目を抜粋したものです。

以下の任天堂株式会社の貸借対照表を見ながら、会社四季報の【財務】について解説します。

任天堂の貸借対照表

出典:任天堂株式会社 2020年3月決算短信〔日本基準〕(連結)

上記の貸借対照表を「資産」「負債」「純資産」に分けると、以下の通りです。

青く表示しているところが「資産」、赤が「負債」オレンジが「純資産」です。

任天堂の貸借対照表分類

会社四季報の【財務】に掲載されているのが。以下の[1]~[6]です。

[1]総資産 [2]自己資本  [3]自己資本比率 [4]資本金 [5]利益余剰金 [6]有利子負債

任天堂の貸借対照表項目分類

[1]総資産

総資産」は、企業が保有している資産の合計額です。

内訳は、現金や有価証券などの基本的に1年以内に現金化できる流動資産と、土地や建物、機械などの設備投資品、ソフトウェアのような無形資産など現金化に時間がかかる固定資産にわかれます。

総資産は、銀行等から借りた負債を含んでいる資産のため、これだけで企業の投資対象の判断をするのは難しいので、返済のいらない純資産とのバランスを見て評価することができます。

[2]自己資本(≒総資産合計)

自己資本」は、返済義務のない企業が自由に使える資産を指します。

内訳は、株主に出資してもらった資金、事業で出た利益などが該当します。

自己資本は返済義務がないため、一般的に総資産に対する自己資本の割合が大きいと、倒産しにくい企業とみることができます。

しかし、本来事業で出た自己資本が少なく、株主に出資してもらった自己資本の割合が大きい場合は、事業がうまくいっている訳ではないので、注意が必要になります。

さらに詳しく!

株式会社の自己資本は、株主に出資してもらった資金、事業で出た利益ですが、貸借対照表上の「総資産合計」とは厳密にいえば違います。

貸借対照表上の「総資産合計」には、株主に出資してもらった資金、事業で出た利益の他に、「新株予約権」と「非支配株主持分」が含まれます。(任天堂株式会社の2020年3月決算には新株予約権がありません)

新株予約権とは、決められた条件のもとで株式を購入できる権利のことをいいます。外部の株主だけではなく社員などの内部の人間が購入するかもしれない株式のため、自己資本には含みません。

被支配的株式持分とは、子会社の資本のうち、親会社の資本でない部分の資本を指します。

詳しく説明すると難しくなるので、ここでは「自己資本」=「総資産合計」-(「新株予約権」+「被支配的株式持分」)とだけ覚えておいてください。

重要指標|[3]自己資本比率

自己資本比率」は、総資産に対する自己資本の割合です。

簡単にいえば、「企業にある資産の中で、返済しなくていいお金がどれだけあるか?」を示した比率です。

つまり、自己資本比率が高いほど、返済義務のないお金が潤沢にあるといえ、単純に比率が高いほど経営が安定している判断材料になります。

一般的に、自己資本比率が20%以上が一般的な水準とされ、40%以上であれば倒産しにくい企業といえます。

そのため、安全性のある投資を行う場合は、少なくとも自己資本比率20%以上の企業を狙うといいでしょう。

[4]資本金

資本金」は、株主が事業を円滑に進めるために出資した金額を指します。

株主が出資した金額のうち、出資をうけた企業が資本金と見なした金額が資本金とされ、企業の規模や体力を計る指標として使われます。

資本金が大きいということは、それだけ出資を受けたという証明にはなるものの、株式投資においては企業を評価する指標には基本的には使いません。

いざという時の後ろ盾がどれだけあるか?を知る程度に留めておけばいいでしょう。

[5]利益余剰金

利益余剰金」は、企業が生み出した利益を何年も積み立てて、企業内部に蓄えているもので、いわゆる内部留保とも呼ばれます。

企業の利益は、株式の配当、借金の返済、設備投資などに回されますが、それを差し引いて手元に残っているお金が利益余剰金です。

つまり、利益余剰金も企業の経営安定度を計るひとつの指標と言え、多ければ多いほど安定しているといえます。

[6]有利子負債(負債合計の一部)

有利子負債」は、利子がついている借金額を指し、金融機関からの借入金や、社債、転換社債、コマーシャル・ペーパー(CP)などが含まれます。

貸借対照表における「負債」の部には、有利子負債と無利子負債が含まれていて、無利子負債は支払手形、買掛金、未払金、預り金、前受金などが該当します。

有利子負債が多いということは単純に金利の支払い金額が多いということであり、自己資本を上回る有利子負債があると、自己資本で金利が返済できないので危険シグナルとされています。

任天堂株式会社の貸借対照表では、負債合計が393,186百万円となっていますが、いずれも無利子負債のため、有利子負債は0です。

まとめ この記事が30秒で理解できる!

会社四季報の【株式】【財務】は、企業の安定性を計る重要なポイントでした。

【株式】は、発行済株式数や時価総額をみることができ、企業の規模感を計ることができます。

また、売買できる最少の株式数がわかるため、株式を購入する際に最低限必要な金額がわかります。

【財務】は、貸借対照表の抜粋であり、企業の経営状況を示す重要な指標です。

中でも、自己資本比率は、返済義務のないお金がどれだけあるかを計る指標といえ、単純に比率が高いほど経営が安定しているという判断材料になります。

会社四季報の【株式】【財務】を投資銘柄の選定にぜひ役立ててください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-投資
-

© 2020 マネブロ|副業・節約 お金に関するまとめサイト Powered by AFFINGER5