税金

2020/9/18

【2020年たばこ税増税】たばこ税とは?法改正によるたばこ税率の変更点を解説!

たばこ税とは、たばこ税法に基づき、製造たばこに課税されます。たばこ税は「国たばこ税」「たばこ特別税」「道府県たばこ税」「市町村たばこ税」をまとめたものです。2020年10月、2021年10月に20円ずつ値上げをします。

続きを読む

サブスクリプション

2020/9/17

【画像付き解説】タイムズカーシェアの登録方法を徹底解説!

タイムズカーシェアは話題のカーシェアリングサービスのひとつです。この記事は、タイムズカーシェアの登録方法について画像付きで丁寧に解説しています。

続きを読む

転売

2020/9/18

メルカリで稼ぐ!商品文の作り方マニュアル|月50商品売るコツを公開!

メルカリ転売で売上を上げるのは、商品写真・商品タイトル・商品説明文など「商品情報」の役割がかなり大きくなります。この記事では商品が売れやすくなる、商品情報の作り方を解説しています。

続きを読む

スマホ・通信費

2020/9/16

【体験談】楽天モバイルのRakuten UN-LIMITで10万円の節約!おすすめポイントや登録方法を解説!

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT(楽天アンリミット)に切り替えて、2年間で10万円の節約に繋がりました。この記事では、楽天アンリミットのポイントだけでなく、契約から回線開通まで、画像付きで分かりやすく説明します。

続きを読む

ブログ・Webライティング

2020/9/18

SEOライティングの基礎|検索順位を上げるたった8つのポイント

SEOライティングの基礎は、読者にとってわかりやすい記事を書くことです。この記事ではブロガーが必ずおさえるべき文章を書く基本テクニック8個、実例を用いて紹介します。

続きを読む

スマホ・通信費

【家族でお得】格安SIMエキサイトモバイルの魅力|3大キャリアとの料金シミュレーション付き

こんな悩みはありませんか?

  • 格安SIMにしたいけど、どこの格安SIMがいいか迷ってる
  • スマホ代をとにかく安くしたい
  • 家族で格安SIMに切り替えたいんだけど、どれがおすすめ?

毎月のスマホ料金がグンと安くなる格安SIMは、テレビや雑誌でも度々取り上げられています。

なんとなく安くなるとはわかっていても、難しそうでついつい後回しになってしまい、結局手が付けられていない方が多いのでないでしょうか?

しかし、今使っているdocomo、au、softbankから格安SIMに乗り換えるだけで、年間で4万円、家族で切り替えれば10万円以上もスマホ代が安くなるなら、後回しにするのはあまりにも勿体ないと思いませんか?

この記事では、格安SIMの中でも特におすすめのエキサイトモバイルに切り替えるメリットや、実際にいくら安くなるのかのシミュレーションを行います。

格安SIMエキサイトモバイルとは?

エキサイトモバイルは、エキサイトブログやエキサイト光を手掛ける「エキサイト株式会社」の格安SIMサービスです。

自社のプロバイダーであるBBエキサイトがNTT回線を使い通信を行なっているため、速度が安定した格安SIMとしても有名です。

エキサイトモバイルは数ある格安SIMの中で、複数SIM契約や、料金プランが充実している点などから独自性のある格安SIMといえます。

格安SIMエキサイトモバイル最大の魅力

魅力1. SIMカードを5枚まで申し込める

エキサイトモバイルの最大の魅力は、1回のSIMカード契約で5枚までSIMカードが契約できる点です。

家族全員で格安SIMに乗り換えたい場合、本来であれば個別に契約をすることになりますが、エキサイトモバイルであれば一度に契約することができます。

また、エキサイトモバイルで複数のSIMカードを同時に契約すると、同時契約したSIMカードのデータ通信量合計が料金に反映されます。

データ通信料が極端に少なくても、基本料金がかかり割高になってしまいますが、家族全員で共有することで極端に少ない方と多い方を合算できるのでお得です。

魅力2. 料金プランが豊富

エキサイトモバイルの料金プランは、月額料金500円のプランから、通信量に応じて複数のプランが用意されています

料金プランは「最低料金プラン」と「定額プラン」があります。

最低料金プランは100MB~15GBまでデータ通信料に合わせた従量制料金がかかり、定額プランは0MB~50GBまでの決められたデータ通信量に対して、毎月一定額の料金を支払います。

毎月のデータ通信量にムラがある方は「最低料金プラン」、毎月同じ程度のデータ通信量の方は「定額プラン」を選ぶのがおすすめでしょう。

さらに詳しく!

「最低料金プラン」の場合、1ヶ月の家族全員分のデータ通信量の合計が、従量制料金のもととなるデータ通信量です。

例えば、SIMカードを4枚契約した場合、お父さん1GB・お母さん3GB・お兄ちゃん6GB、妹1GBのデータ通信量であれば、11GBに対する料金がかかります。

「定額プラン」も考え方は同じで、1ヶ月の家族全員分のデータ通信量の合計を、契約したデータ通信料まで使うことができます。

例えば、定額9GBプランに4人で契約した場合、お父さん2GB・お母さん1GB・お兄ちゃん4GB、妹2GBなどと、合計で9GB以内であれば問題なく使えます。

ただし、契約の9GBを超えてしまうと、低速通信に切り替わり、高速通信が当月中は使えなくなるので注意が必要です。

他にもあるエキサイトモバイルの魅力

「SIMカードが5枚まで申し込める」「料金プランが豊富」以外にも、エキサイトモバイルには魅力的な点があります。

余ったデータを翌月に繰り越せる

エキサイトモバイルの「定額プラン」では、余ったデータ通信量を翌月に繰り越すことができます。

例えば、月9GBの契約をしていて5GBしか使わなかった場合、翌月は4GB余分に使うことができます。

docomoからの切り替えが簡単

エキサイトモバイルは、自社のプロバイダーであるBBエキサイトがNTTの回線を使い通信を行っているため、同じNTTの回線を使うdocomoスマホからの切り替えが簡単です。

docomoスマホからの切り替えの場合、SIMロックがされていたとしても切り替えることができるので、今使っているスマホをそのままエキサイトモバイルのSIMに切り替えることができます

ここに注意!

auやsoftbankからエキサイトモバイルに切り替える場合は、SIMロックを解除するためにauショップやsoftbankショップに行かなければならず面倒です。またSIMロック解除の手数料として3,000円程度の料金がかかります。

バースト機能に対応している

エキサイトモバイルでは、他のキャリアと同様に高速通信の容量を使いきると低速制限に切り替わります。

その際に、ネットにアクセスした瞬間の初速を高速にして一気に画像やテキストデータを読みこむバースト機能を搭載しています。

通常、低速制限がかかると読み込みが遅れ、画面が真っ白のまま進まないことがよくありますが、バースト機能により低速制限時でも比較的サイトが開きやすくなっています。

直近3日間の通信制限がない

多くの格安SIMは、以下のように直近3日間の高速データ通信の使用量合計が既定値を超えると、翌日低速制限になります。

格安SIM内容
UQ mobile直近3日間で6GBの高速通信を使用した場合
BIGLOBEモバイル
(タイプA)
直近3日間で6GBの高速通信を使用した場合
IIJmio(タイプA)直近3日間で6GBの高速通信を使用した場合
mineo(Aタイプ)直近3日間で6GBの高速通信を使用した場合
Y!mobile
(データプラン)
直近3日間で10GBの高速通信を使用した場合、当日18~翌1時まで通信制限
ロケットモバイル
(神プラン以外)
直近3日間でプラン規定値以上の高速通信を使用した場合
1GBプラン:360MB、2GBプラン:360MB、3GBプラン:500MB、5GBプラン:800MB、7GBプラン:1GB、20GBプラン:3GB
nuroモバイル直近3日間でプラン規定値以上の高速通信を使用した場合(規定値非公表)

エキサイトモバイルのデメリット

音声通話し放題プランがない

エキサイトモバイルには音声通話し放題プランが存在しません

そのため、電話を良く利用する方にとっては不向きなSIMといえます。

とはいえ、3分間以内であれば通話し放題のプランに月額690円で加入できるので、要件の短い電話が多い方はそちらがおすすめです。

最近では、LINEをはじめ通話できる手段が増えているので、電話をほとんどしない方は、音声通話機能無しのエキサイトモバイルSIMでも充分ともいえるでしょう。

クレジットカード決済にのみ対応

エキサイトモバイルの料金決済には、クレジットカードのみ対応しています。

銀行からの引き落としやコンビニ払いだけでなく、デビットカードによる支払いもできないのが難点です。

また、クレジットカードもプリペイド式のカードや、海外発行のカードは利用できないので、契約前に利用できるクレジットカードを準備する必要があります。

エキサイトモバイルの店舗がない

エキサイトモバイルは実店舗をもっていません。

docomo、au、softbankの3大キャリアであれば、困ったときは店舗で相談すれば解決しますが、エキサイトモバイルではそれができません。

また、問い合わせ電話窓口もフリーダイヤルでなく有料電話になるので、問い合わせ頻度が多い方には向かない可能性があります。

しかし、エキサイトモバイルサイト上に無料のオンラインチャット窓口があるので、チャットのやりとりに抵抗がない方であれば、大きなマイナスにはならないでしょう。

キャリアメールが使えない

エキサイトモバイルでは、docomoの「@docomo.ne.jp」やauの「@ezweb.jp」といったキャリアのメールが使えません。

とはいえ、GmailやYahoo!メールの設定はできるので、大きなデメリットではありません。

エキサイトモバイルの料金プラン

エキサイトモバイルは、料金プランが充実しています。

料金は、以下の3つの条件の組み合わせにより変わります。

  1. 最低料金プラン or 定額プラン(0MB~50GB)
  2. データ通信のみ or SMS機能付き or SMS機能と音声通話機能付き(3分かけ放題の要不要)
  3. SIMの枚数(1~5枚)

例えば、定額プランの20GBでSIMを家族4人分契約しお父さんとお母さんは「音声通話機能付きSIM」子ども2人は「SMS機能付きSIM」などと選択することができます。

参考までに、最適料金プランと定額プランの「データ通信のみ」プランを以下に掲載します。

どんなプランが向いているかが知りたい方は、エキサイトモバイルの「かんたんプラン診断」で簡単に確認できます。

最適料金プラン データ通信のみSIM
高速データ通信量
(月あたり)
料金
SIM1枚SIM3枚
低速通信のみ500 円(税抜)対象プランなし
100MB630 円(税抜)1,050 円(税抜)
500MB630 円(税抜)1,100 円(税抜)
1GB660 円(税抜)1,180 円(税抜)
2GB770 円(税抜)1,340 円(税抜)
3GB880 円(税抜)1,550 円(税抜)
4GB1,150 円(税抜)1,780 円(税抜)
5GB1,450 円(税抜)1,890 円(税抜)
6GB1,600 円(税抜)1,950 円(税抜)
7GB1,900 円(税抜)2,100 円(税抜)
8GB2,120 円(税抜)2,190 円(税抜)
9GB2,200 円(税抜)2,380 円(税抜)
10GB2,380 円(税抜)2,540 円(税抜)
11GB対象プランなし2,830 円(税抜)
12GB対象プランなし3,100 円(税抜)
13GB対象プランなし3,450 円(税抜)
14GB対象プランなし3,790 円(税抜)
15GB対象プランなし3,980 円(税抜)
定額プラン データ通信のみSIM
高速データ通信量
(月あたり)
料金
SIM1枚SIM3枚
0MB650 円(税抜)1,100 円(税抜)
1GB670 円(税抜)1,260 円(税抜)
2GB770 円(税抜)1,450 円(税抜)
3GB900 円(税抜)1,680 円(税抜)
4GB1,170 円(税抜)1,980 円(税抜)
9GB2,250 円(税抜)2,460 円(税抜)
20GB3,980 円(税抜)4,480 円(税抜)
30GB5,980 円(税抜)6,580 円(税抜)
40GB7,980 円(税抜)8,580 円(税抜)
50GB10,180 円(税抜)10,680 円(税抜)

3大キャリアとの料金比較

現在3大キャリアを使っている方は、エキサイトモバイルに乗り換えることで料金が半額近くになる可能性があります。

以下に、単身の場合と3人家族の場合で、3大キャリアとエキサイトモバイルの料金をシミュレーション比較しました。

シミュレーション条件

  • データ通信量:5GB
  • 各社5GBで最もお得なプランで比較
  • 音声通話は各社とも時間限定かけ放題プラン(3大キャリアは5分、エキサイトモバイルは3分)
  • キャンペーン割引は考慮しない
  • 留守番電話などのオプションは考慮しない
  • スマホ端末代は考慮しない

単身契約の場合

3大キャリアとエキサイトモバイルを比較した結果、3大キャリアで最も安いdocomoと比較しても、エキサイトモバイルは年間38,400円もお得になりました。

docomoausoftbankエキサイトモバイル
5GB最安プラン5Gギガライトピタットプラン5GミニフィットプランでんわパックプランS
5GB最安プラン料金5,150円6,980円8,480円1,960円
音声通話700円
(5分間かけ放題)
800円
(5分間かけ放題)
800円
(5分間かけ放題)
690円
(3分間かけ放題)
月間料金5,850円7,780円9,280円2,650円
年間料金70,200円93,360円111,360円31,800円

家族3人契約の場合

3大キャリアとエキサイトモバイルを比較した結果、3大キャリアで最も安いdocomoと比較しても、エキサイトモバイルは年間100,800円もお得になりました。

docomoausoftbankエキサイトモバイル
5GB最安プラン5Gギガライト
(3契約)
ピタットプラン5G(3契約)ミニフィットプラン(3契約)最適料金プラン
(15GB使用前提))
5GB最安プラン料金(3名合計)15,450円20,940円25,440円6,080円*
音声通話
(3名合計)
2,100円
(5分間かけ放題)
2,400円
(5分間かけ放題)
2,400円
(5分間かけ放題)
2,070円
(3分間かけ放題)
家族3人利用の
家族割
1,000円1,000円
月間合計
(3名合計)
16,55022,34027,8408,150円
年間料金
(3名合計)
198,600円268,080円334,080円97,800円

*最適料金プラン15GBの料金3,980円と音声通話機能料金700円/枚の合計金額

エキサイトモバイルはどんな人におすすめ?

3大キャリアと比較して大幅に料金が安くなることが分かったと思います。

それでは、「特にエキサイトモバイルをおすすめしたい人は、どんな人なのか?」を解説します。

おすすめ1. 家族で格安SIMに乗り換えたい人

もっともおすすめできるのは、家族で格安SIMに乗り換えたいと思っている人です。

家族でエキサイトモバイルに切り替えると、上記のシミュレーションのように年間10万円以上節約できる可能性があります。

最大5人ぶんのSIMカードを契約できるので、ご自身と子どもや両親とみんなで切り替えるのが一番お得でしょう。

おすすめ2. 音声通話をほとんど使わない人

エキサイトモバイルのプランは、音声通話機能付きSIMにすると月額700円かかり、3分かけ放題プランに加入するとさらに月額690円がかかります。

例えば、定額プランのデータ通信量3GBで見比べると、データ通信SIMは1,680ですが、音声通話付きSIMにすると2,380円と割高になってしまいます。

もちろん、3大キャリアとは比較にならないほど安いものの、極限までスマホ代を抑えるなら音声通話は無しの選択肢もありです。

音声通話はいらなくてもSMSが必要になるケースは多々あるので、SMS機能は付けておく方がいいでしょう。

マネブロのおすすめは、SMS機能付きSIMを契約して、音声通話が必要であれば、「月額300円程度の050から始まるIP電話を契約する」ことです。

MONEBLO

まとめ この記事が30秒で理解できる!

エキサイトモバイルは、特に家族、音声通話が不要な方にとって大きな節約効果のある格安SIMです。

現在3大キャリアを使っている場合は、単身で年間で4万円、家族3人で10万円程度スマホ料金が安くなる可能性があります。

音声通話をよく使う方や、店舗で問い合わせしたい方などにとってはあまりおすすめはできませんが、それ以外の方でスマホ代を安くしたい方は、切り替えることをおすすめします。

まずはどれくらい安くなるのか、以下でシミュレーションしてみては如何でしょうか。

格安SIMのエキサイトモバイル

 

-スマホ・通信費
-

© 2020 マネブロ|副業・節約 お金に関するまとめサイト Powered by AFFINGER5