スマホ・通信費

iPadを安く利用する方法とは?iPadのデータシェア利用を解説!

こんな悩みはありませんか?

  • iPadを安く利用したい
  • データシェアプランが何なのか知りたい
  • データシェアプランで維持費がいくらになるのか知りたい

iPadの新規利用を考えてる方で、不安の種はその維持費ではないでしょうか?

本体の価格もそうですが、データ通信を行うためにはSIMカードの購入やキャリア契約が必要となります。

昨今、SIMカードの販売にはさまざまな企業が参入しており、格安のものなどが出回っています。

しかし、場合によっては通信状態が劣悪であったり、保証等のサービスが信用に足らないといったことも多くあります。

そこで今回は、大手キャリアの提供するデータシェアというサービスを紹介します。

データシェアを利用すれば、スマホとデータ量を共有することができ、月々1,100円程度でiPadの利用が可能になります。

今回は、データシェアの詳細と各キャリアの特徴について解説していきます。

それでは本編をどうぞ。

データシェアとは

データシェアとは、スマホのデータ量をiPadとシェアすることができるサービスのことです。

通常、iPadを利用する場合、単体の料金プランで契約を結ぶ必要があります。

データ量が1GBのプランであれば月額1,000円程度であり、20GBのプランであればスマホ代と変わらないほどの価格帯となります。

しかし、データシェアを利用すれば、少ないデータ量の契約をしながら、より多くのデータ通信をiPadで行うことができます。

例えば、「スマホの月間データ量が20GB、iPadの月間データ量が1GB」という契約していた場合、iPadは1GBしか使うことができません。

しかしデータシェアを利用すれば、スマホのデータ量20GBのうち、その一部をiPadのデータ量として使うことができます。

つまり、1GB分の料金なのに、1GB以上のデータ通信をすることができるというわけです。

どのキャリアでも、月々1,100円程度でタブレットの運用ができるようになるので、非常に魅力的なサービスといえます。

今回は、具体的なデータシェアの使用例をdocomo・au・softbankの各キャリアで見ていくよ!
MONEBLO

auの場合

auでiPadを契約する場合、選べるプランは「タブレットプランライト 5G/4G」「タブレットプラン20」の2種類です。

「タブレットプランライト 5G/4G」は、月額1,100円で1GBでのデータ通信ができます。

「タブレットプラン20」は、月額6,050円で20GBのデータ通信ができます。

ここで、auの代表的なプランである「使い放題MAX 5G/4G」でスマホを契約しているとします。

「使い放題MAX 5G/4G」は、月額4,928円でデータ使用量が無制限です。

「タブレットプランライト 5G/4G」のタブレット契約に、そのスマホのデータ量をシェアすればiPadは月額1,100円で20G以上の利用ができることになります。

スマホのプランと合計しても6,028円なので、「タブレットプラン20」と比べても維持費は安く抑えられます。

softbankの場合

softbankでiPadを契約する場合、選べるプランは「データシェアプラン」「データ通信専用50GBプラン」の2つです。

「データシェアプラン」は、月額1,078円でsoftbankで契約しているスマホとデータをシェアする前提のプランであり、このプラン自体に利用可能なデータ容量はありません。

「データ通信専用50GBプラン」は、月額5,280円で50GBのデータ通信が可能です。

softbankの代表的なスマホプラン「メリハリ無制限」は月額4,928円でデータ利用が無制限というものです。

softbankのデータシェアは、上限が30GBと決められているため、「スマホ+データシェア」よりも「データ通信専用50GBプラン」の方がデータ通信料のコスパは高いといえます。

しかし、すでにsoftbankでスマホを契約している場合には、追加1,100円でiPadが利用できるということです。

したがって、softbankでiPadを契約する場合は、iPadの使用量が30GB以内であれば「データシェアプラン」、30GB以上であれば「データ通信専用50GBプラン」がお得になります。

docomoの場合

docomoでiPadを契約する場合に選べるプランは、「データプラス」の1つだけです。

「データプラス」は、月額1,100円でスマホのプラン「ギガホ」または「ギガホライト」とセットで契約することを前提としたプランです。

「データプラス」自体にデータ量はなく、セットとなるスマホのデータ量に依存する形となります。

スマホプランの「ギガホ」は月額4,818円で60GBまでデータ通信ができるプランなので、「データプラス」を契約した場合の合計は5,918円となります。

すでにdocomoでスマホの契約がある場合は、追加1,100円でiPadが利用できることになりますが、スマホ契約がない場合はiPadのみの契約ができないので注意が必要です。

iPadを選ぶ際の注意点

iPadにはWi-Fiモデルセルラーモデルという2つのモデルがあります。

Wi-Fiモデルとは、Wi-Fiに接続してデータ通信を行うモデルのことです。

このモデルは、セルラーモデルよりも本体価格がやや安い分、SIMカードを利用することができません。

一方でセルラーモデルとは、SIMカードを挿入して4Gや5GなどのLTE回線を使ったデータ通信ができるモデルです。

簡単に言うと、場所を選ばずスマホのように使用できるのがこのモデルです。

各キャリアで取り扱っているiPadは、このセルラーモデルであり、データシェアが利用できるのもこのセルラーモデルのみです。

Wi-Fiモデルでは、データシェアを利用することができないので、購入の際は注意して選ぶようにしましょう。

まとめ  この記事が30秒で理解できる!

大手キャリアのデータシェアプランを利用すれば、いま使っているスマホ代にプラス1,100円程度でiPadを利用することができます。

契約内容もとてもシンプルでシェアプランは申し込んですぐにデータ通信を楽しむことができます。

大手キャリアのスマホをお持ちでiPadを使いたい方はデータシェアプランを検討してみてはいかがでしょうか?

こちらの記事もよく読まれています

-スマホ・通信費
-

© 2021 マネブロ Powered by AFFINGER5