水道光熱費

2020/11/23

固定費の節約|エルピオでんきで電気代を節約しよう!

「エルピオでんき」は、「価格.comの値引額ランキング」で1位を獲得している、とにかく電気代を抑えたい人におすすめの電力会社です。今回は、電気代を節約したい人に向けて、非常におすすめの「エルピオでんき」をご紹介します。

続きを読む

転売

2020/11/20

メルカリで稼ぐための「いいね!」を活用した裏技|「いいね!」を5個集めるメリット

今回は、フリマアプリ「メルカリ」の「いいね!」を使った販売術を3つ紹介します。また、「いいね!」たくさんもらうコツも同時に解説するので、メルカリで収益を上げたい人、メルカリでたくさんの商品を売りたい人は必見です。メルカリ転売にも有効ですよ!

続きを読む

サブスクリプション

2020/11/18

【24時間70円】傘のシェアリングサービス「アイカサ」の使い方を紹介!

70円で24時間使える!お得な傘のレンタルサービス「アイカサ」の使い方をまとめました。好きな場所で借り、好きな場所で返却できます。1ヶ月使い放題でも280円。コンビニでビニール傘を買うよりお得な「アイカサ」を紹介します!

続きを読む

税金

2020/11/17

減価償却とは?対象や計算方法をわかりやすく解説!

減価償却とは、取得価額が10万円を超える固定資産を耐用年数によって、数年に分けて費用計上することです。業務に使用していて、なおかつ時間の経過によって劣化するものが減価償却する条件です。減価償却の計算方法には、毎年一定の金額を経費にする定額法と、毎年一定の割合を経費にする定率法があります。

続きを読む

水道光熱費

2020/11/15

【基本料金タダ】Looopでんきとは?メリット・デメリットを解説!

基本料金が0円のLooopでんき(ループでんき)に切り替えることでどれくらい固定費を節約できるか知っていますか?定期的に電気代をはじめとする固定費を見直すことは節約に非常に効果的です。この記事ではLooopでんきのメリット・デメリットや料金プランを解説します。

続きを読む

Webライティング

2020/11/13

SEOの基礎|「検索意図(インテント)」とは?なぜ重要なのかを解説!

SEO対策をする上で、ユーザーの「検索意図(インテント)」を想定することは非常に大切です。検索意図、つまりユーザーのニーズを的確に叶える記事を書くことで、質の高いコンテンツとみなされます。この記事では、検索意図の重要性や種類についてわかりやすく解説します。

続きを読む

サブスクリプション

2020/11/9

【就活生必見!】「カリクル」でリクルートスーツを無料レンタルする方法

カリクル(caricuru)では、無料でリクルートスーツがレンタルできるキャンペーンを行っています。出費がかさむ就活生の味方であるカリクルの登録方法から使い方まで、画像付きで詳しく解説します。先着5,000名限定なのでお早めに利用してくださいね!

続きを読む

投資

2020/11/14

株式投資|会社四季報の読み方5【キャッシュフロー】を解説

この記事では、会社四季報の【キャッシュフロー】について解説しています。キャッシュフローでは、営業CF・投資CF・財務CFがあり、この3本柱を確認することで、「支出・収入」の流れが分かり、会社が保有している現金・現金化できる能力が分かります。

続きを読む

投資

会社四季報とは?株式初心者には紙媒体とオンラインどっちがおすすめ?

こんな悩みはありませんか?

  • 「会社四季報」の「紙版」と「オンライン版」の違いはなに?
  • 「会社四季報」の「紙版」と「オンライン版」は、どっちを使えばいいの?
  • 「会社四季報」って、そもそも何?
「会社四季報」には「紙版」と「オンライン版」があるみたいなんだけど、どっちがおすすめなの?
「株式投資を既に行っているかどうか?」でオススメは変わるんだけど、これから株式投資に挑戦するなら「紙版」がおすすめだよ!この記事ではその理由を解説するね!
MONEBLO

株式投資を始める準備として、「証券会社の口座開設」「株式の基本的な知識を身に付ける」ことの他に「企業分析をする」ことが重要な要素となっています。

「企業分析」とは、投資対象となる株式銘柄を選定するために、会社の実績や将来性を評価することを指します。

そのために、もっともポピュラーな方法が「会社四季報」であり、この記事では「会社四季報」の「紙版」と「オンライン版」の特徴比較と、株式投資初心者には「紙版」がおすすめな理由を解説します。

会社四季報とは?

会社四季報のページ例

「会社四季報」とは、業界担当記者が、日本の全上場会社の特徴や、株式に関連する情報(財務・業績予測・株主・役員)などをまとめた会社情報誌です。

いわば、国内上場企業のデータがまとめられたデータベースであり、「株式投資の三種の神器」とか「企業の健康診断書」とも比喩されるほど、株式投資においては重要な情報誌です。

会社四季報は、大きく分けて「会社のプロフィール」と「会社の業績」に関する項目がまとめて書かれており、投資対象の株式を決めるときや、最新の会社状況を把握したい時に役立ちます。

そのため、大多数の株式投資家は会社四季報を愛読しており、「会社四季報が読めるようになる」ことが、株式投資の入り口ともいえます。

はじめて会社四季報をみると、色々な数字が並んでいてよくわからないと思いますが、マネブロではそれぞれの内容を詳しく解説していくので安心してください!
MONEBLO

「会社四季報」と「会社四季報オンライン」の比較

会社四季報の紙版とオンライン版

会社四季報には、「紙版」と「オンライン版」があります。

株式の初心者の方はどちらを選ぶべきか迷うと思いますが、初心者の方におすすめなのは紙版の会社四季報です。

その理由を説明するために、「紙版」と「オンライン版」を比較してみます。

紙版オンライン版
情報網羅性
情報の速さ
情報検索のしやすさ
料金9,200円(2,300円×4)12,960円(1,080円×12)/
64,800円(5,400円×12)

株式初心者に「紙版」がおすすめな理由

紙版では、1ページに2社ずつ、見開きで4社、合計約3,700社の上場企業の情報を見ることができます。

つまり、パラパラとページをめくれば、今まで知らなかった会社が見つけられたりと、新たな発見をすることができます。

「オンライン版」の場合は、企業を検索することがメインになるため、名前を知らない企業や興味がない企業の企業情報には辿り着けない可能性があります。

選ぶ銘柄が決まっていない段階では、色々な企業の情報を収集した方が良いので、情報収集に向いている「紙版」が有効です。

「オンライン版」の特徴

一方で、「オンライン版」のメリットは、「情報の速さ」「検索のしやすさ」です。

「オンライン版」では、「紙版」よりも早く企業情報のデータが更新されます。そのため、目当ての銘柄についての情報を、「紙版」を利用している投資家よりも先に仕入れることができます。

情報を先に仕入れられるということは、早めに投資ができるため、利益にも大きく影響します。

また、「オンライン版」では、スクリーニング機能があります。

スクリーニング機能は、いわば銘柄検索機能で、銘柄名だけでなく、「絶好調」などのワードでも検索できます。

さらに詳しく!

スクリーニング機能は、「会社四季報CD-ROM」でも可能です。CD-ROM付きの紙の本も販売されています。

組み合わせて使うのがおすすめ!

改めて整理すると、「紙版」の強みは情報網羅性でした。

今まで興味のなかった企業の情報が見つけられたりと、企業情報を収集しなければいけない株式初心者にはおすすめでした。

しかし、情報の速さでいえば「オンライン版」に分があるため、株式投資を開始して、特定の銘柄の最新情報をいち早く知りたいときには「オンライン版」がおすすめです。

会社四季報の「紙版」と「オンライン版」の両方をうまく組み合わせて使うことで、網羅性がありスピード感もある企業分析を行うことができます。

まとめ 30秒でこの記事が分かる!

株式投資を始めるためには、「会社四季報」を使い企業分析を行うことが重要です。

「会社四季報」は、国内上場企業のデータがまとめられたデータベースであり、「会社のプロフィール」と「会社の業績」に関する項目がまとめて書かれている、株式投資にとって重要な書物です。

「会社四季報に」は、「紙版」と「オンライン版」があり、それぞれの特徴は以下の通りです。

紙版オンライン版
情報網羅性
情報の速さ
情報検索のしやすさ
料金9,200円(2,300円×4)12,960円(1,080円×12)/
64,800円(5,400円×12)

特に株式の初心者には、情報の網羅性から「紙版」がおすすめであり、「会社四季報の紙版」が読める様になることが、株式投資の入門とも言えるでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

-投資
-,

© 2020 マネブロ|副業・節約 お金に関するまとめサイト Powered by AFFINGER5