水道光熱費

2020/11/23

固定費の節約|エルピオでんきで電気代を節約しよう!

「エルピオでんき」は、「価格.comの値引額ランキング」で1位を獲得している、とにかく電気代を抑えたい人におすすめの電力会社です。今回は、電気代を節約したい人に向けて、非常におすすめの「エルピオでんき」をご紹介します。

続きを読む

転売

2020/11/20

メルカリで稼ぐための「いいね!」を活用した裏技|「いいね!」を5個集めるメリット

今回は、フリマアプリ「メルカリ」の「いいね!」を使った販売術を3つ紹介します。また、「いいね!」たくさんもらうコツも同時に解説するので、メルカリで収益を上げたい人、メルカリでたくさんの商品を売りたい人は必見です。メルカリ転売にも有効ですよ!

続きを読む

サブスクリプション

2020/11/18

【24時間70円】傘のシェアリングサービス「アイカサ」の使い方を紹介!

70円で24時間使える!お得な傘のレンタルサービス「アイカサ」の使い方をまとめました。好きな場所で借り、好きな場所で返却できます。1ヶ月使い放題でも280円。コンビニでビニール傘を買うよりお得な「アイカサ」を紹介します!

続きを読む

税金

2020/11/17

減価償却とは?対象や計算方法をわかりやすく解説!

減価償却とは、取得価額が10万円を超える固定資産を耐用年数によって、数年に分けて費用計上することです。業務に使用していて、なおかつ時間の経過によって劣化するものが減価償却する条件です。減価償却の計算方法には、毎年一定の金額を経費にする定額法と、毎年一定の割合を経費にする定率法があります。

続きを読む

水道光熱費

2020/11/15

【基本料金タダ】Looopでんきとは?メリット・デメリットを解説!

基本料金が0円のLooopでんき(ループでんき)に切り替えることでどれくらい固定費を節約できるか知っていますか?定期的に電気代をはじめとする固定費を見直すことは節約に非常に効果的です。この記事ではLooopでんきのメリット・デメリットや料金プランを解説します。

続きを読む

Webライティング

2020/11/13

SEOの基礎|「検索意図(インテント)」とは?なぜ重要なのかを解説!

SEO対策をする上で、ユーザーの「検索意図(インテント)」を想定することは非常に大切です。検索意図、つまりユーザーのニーズを的確に叶える記事を書くことで、質の高いコンテンツとみなされます。この記事では、検索意図の重要性や種類についてわかりやすく解説します。

続きを読む

サブスクリプション

2020/11/9

【就活生必見!】「カリクル」でリクルートスーツを無料レンタルする方法

カリクル(caricuru)では、無料でリクルートスーツがレンタルできるキャンペーンを行っています。出費がかさむ就活生の味方であるカリクルの登録方法から使い方まで、画像付きで詳しく解説します。先着5,000名限定なのでお早めに利用してくださいね!

続きを読む

投資

2020/11/14

株式投資|会社四季報の読み方5【キャッシュフロー】を解説

この記事では、会社四季報の【キャッシュフロー】について解説しています。キャッシュフローでは、営業CF・投資CF・財務CFがあり、この3本柱を確認することで、「支出・収入」の流れが分かり、会社が保有している現金・現金化できる能力が分かります。

続きを読む

転売

「店舗せどり」と「電脳せどり」のメリット・デメリットを比較!副業におすすめなのは?

こんな悩みはありませんか?

  • 「店舗せどり」と「電脳せどり」の違いを知りたい!
  • 「店舗せどり」と「電脳せどり」、どちらがおすすめか知りたい!
  • 「店舗せどり」と「電脳せどり」のどちらが始めやすいか知りたい!
「店舗で仕入れるせどり」と「ネット上で仕入れるせどり」って、どっちがおすすめなの?

せどりは大きくわけて、店舗で商品を仕入れる「店舗せどり」と、オンライン上で商品を仕入れる「電脳せどり」に分けることができます。

この記事では、「店舗せどり」と「電脳せどり」のメリット・デメリットを比較して解説します。

転売については有料転売と無料転売の比較で解説しています!

「せどり」とは?

せどり」とは、次のように定義されています。

「同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人」

出典:三省堂 大辞林

元々は、中古ショップに並んだ本やCDの「背表紙を見て取る」が変化した「背取り(せどり)」に由来しており、中古本を安く仕入れて高く販売することを意味しています。

しかし、最近では徐々に「せどり」という言葉には、幅広い意味が持たれるようになり、本だけでなく家電やCD、玩具など、さまざまな種類の商品に対し使用されることが多くなっています。

そのため、近年では「転売」とほぼ同じ意味で使われており、「せどり」と「転売」は同じと考えても問題ありません。

さらに詳しく!

細かな違いでいえば、「せどり」は価格差のある商品であればなんでも仕入れて販売するイメージですが、「転売」は限定品や入手困難商品を仕入れて販売するイメージで使われることが多いです。

とはいえ、最近はほとんど同じ意味で使われており、違いを覚える必要はありません。

「せどり(転売)」は、仕入れを「店舗で行うか」「オンラインで行うか」で、「店舗せどり」「電脳せどり」と種別することができます。

「店舗せどり」とは?

「店舗せどり」は、店舗で商品の仕入れを行います。

店舗で安価な商品を見つけて、それをAmazonやメルカリ、ヤフーオークションなどで販売するのが一般的です。

仕入れ場所としては、ビックカメラやヨドバシカメラなどの家電量販店やドン・キホーテ、古本や中古ゲームを扱うブックオフなどの中古専門店です。

さらに詳しく!

得意分野や狙うジャンルによりますが、ホームセンター、リサイクルショップ、ドラッグストア、アウトドア用品店、スポーツ用品店、カー用品店、雑貨店、イオンモール等と、アイデア次第で仕入れ先には色々な可能性があります。

メリット1. 狙い目の商品を大量に仕入れできる

「店舗せどり」の最大メリットは、セールのタイミングなどを狙って一気に商品が仕入れられる点です。

特に季節ものの商品や型落ち品は、在庫処分セールやワゴンセールを行うことがあるので、そのタイミングは狙い目です。

せどりする店舗によってはセール時期が決まっているので、事前にリサーチしておけばセールを狙って店舗に行くことができます。

メリット2. 目の前で商品を見ることができる

「店舗せどり」では、目の前で商品が見られるため、目の前でどの商品を仕入れるべきか見定められます。

そのため、不良品を仕入れてしまうことや、誤って仕入れたい商品と違う商品を仕入れてしまうようなミスを減らすことができます。

メリット3. その場で利益率が調べられる

「店舗せどり」では、その場でAmazonやメルカリなどの販売価格や売れ行き情報を調べることができます。

調べる際には、専用ツールを使うこともありますが、最も簡単な方法はその場でAmazonやメルカリを開いて商品名を検索する方法です

その場で商品名を調べれば、いくらで何件売れているかが確認できるため、「どれくらいの利益が取れそうか?」がその場で確認できます。

ここがポイント!

Amazonやメルカリで商品を販売する場合、手数料や配送料を差し引いたものが利益になります。

そのため、単純に店舗の販売金額とAmazonやメルカリの販売価格を比較すると、赤字になる場合があります。

Amazonの手数料は販売する商品ジャンルによって異なりますが、販売手数料は8~15%程度、メルカリの場合は10%となるので注意が必要です。

デメリット1. 地域差がある

「店舗せどり」は、住んでいる地域によっては向き不向きがあります。

首都圏であれば、店舗が充実しているので沢山の店舗を廻れますが、地方であればそうもいきません。

一方で、地方はライバルが少なくなるので、思いもよらない掘り出し物が見つかる可能性が高くなります。

良い悪いはありませんが、「店舗せどり」で大きな収益を狙うのであれば、仕入れる商品数も多くなるため、首都圏の方が有利になる可能性が高くはなります

デメリット2. 移動が大変

「店舗せどり」の場合、基本的に1日で何店舗も巡ります。

そのため、移動時間がかなりとられたり、店舗に行っても目ぼしい商品が見つからない場合もよくあります。

また、商品を沢山仕入れる場合は車で店舗を巡りますが、荷物が大量にあると荷下ろしが大変です。

身体に負担がかかるのも、「店舗せどり」のデメリットといえます。

ここがポイント!

車で移動すると、ガソリン代がかかります。商品が売れて利益を出せても、ガソリン代の分の利益が低くなる可能性があるので、頭に入れておきましょう。

デメリット3. 店舗の営業時間しか仕入れられない

「店舗せどり」では、店舗の営業時間しか商品を仕入れることができません。

そのため、店舗をいくつも巡る場合は順路を計算したり、仕事終わりの平日夜にはなかなか仕入れが難しいなどのデメリットがあります。

「電脳せどり」とは?

「電脳せどり」では、Amazonやメルカリ、ヤフーオークションなどのオンラインで商品を仕入れます。

基本的には「店舗せどりと」変わりませんが、仕入元がオンラインになる点が違います。

オンラインの仕入れ先の場合は、海外も仕入れ対象になります。

国内から仕入れる場合と海外から仕入れる場合の違いについては、国内転売・輸入転売・輸出転売の比較を参考にしてください。

メリット1. いつでも場所を問わずに商品を仕入れることができる

インターネット上から商品を仕入れることができるため、仕事終わりの空いた時間でも仕入れる活動ができ、副業に向いているといえます。

24時間インターネットから仕入れることができるのは大きなメリットです。

メリット2. 仕入れる商品が豊富

「店舗せどり」の場合、店舗に置いてある商品しか仕入れることができないため、数や種類に制限があります。

しかし、「電脳せどり」の場合は、インターネット上から購入できる全ての商品が仕入れ候補の商品になるため、多くの種類の商品を仕入れることが可能です。

メリット3. 仕入れ作業の負担が少ない

「店舗せどり」では、商品を仕入れるために店舗に行き自宅まで商品を運びますが、「電脳せどり」では、配送業者が自宅まで商品を運んでます。

そのため、仕入れの時間や労力は「店舗せどり」と比較すると大きく削減できます。

デメリット1. 商品が配送される

「電脳せどり」では、インターネット上で商品を購入するため商品が配送されてきます。

そのため配送料がかかるので、仕入価格に配送料が乗ってきます。

特に海外から商品を仕入れる場合は、配送料が高くなる傾向があるため、注意が必要です。

ここに注意!

海外から商品を仕入れた場合は、配送料の他にも、関税がかかる場合があります。

また、商品を受け取らないといけないので、日中仕事をしていて商品が受けとれない環境の場合は、商品受け取りに手間取ることがあります。

デメリット2. 商品の状態を確認できない

「電脳せどり」の場合は、商品の状態を商品説明文や写真からしか判断できません

商品状態が確認できないと、イメージしていた商品と色味や材質などのイメージが違う場合があります。

また、店舗と比較すると仕入れ先が見えないので、販売者によっては商品の扱いが雑で、欠陥品が多い特徴があります。

商品を仕入れたら動作確認を怠らないことが重要です。

「店舗せどり」と「電脳せどり」はどっちがおすすめ?

「店舗せどり」と「電脳せどり」を説明しましたが、どちらがおすすめということはありません。

ライフスタイルや地域性によって、自分に合っている方を選んでみてください。

「店舗せどり」は、地域性や体力的な問題、車の有無などでできない環境にいる方もいるでしょう。

しかし、商品の実物が見られるので安心感があったり、セールなどで一気に狙い目商品を仕入れることができます。

一方で「電脳せどり」は、インターネット環境さえあれば簡単に始められるので、参入しやすいのが特徴です。

24時間いつでもどこでも商品を仕入れることができるので、副業で始めるにはおすすめです。

まとめ 30秒でこの記事が理解できる!

今回は、「店舗せどり」と「電脳せどり」の違いや、メリット・デメリットをまとめました。

店舗せどり」とは、「実際に店舗まで足を運んで商品を仕入れて転売すること」をいいます。

それに対し、「電脳せどり」とは、「オンライン上で商品を仕入れて転売すること」をいいます。

どちらの方が良いとかはありません。それぞれ一長一短があります。

この記事を参考に、「店舗せどり」「電脳せどり」について少しでも理解していただけたら幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-転売
-,

© 2020 マネブロ|副業・節約 お金に関するまとめサイト Powered by AFFINGER5