新着記事

水道光熱費

2021/1/18

コスモでんきとは?豊富な電気プランで電気代が最大約7,000円節約できる!

2人以上の家庭で月に電気を200kWh以上使う方には特におすすめなのがコスモでんきです。最大で月約7,000円節約できるコスモでんきについてわかりやすく説明します。今の電力会社と比べてお得になるか確かめてみましょう。

続きを読む

ブログ

2021/1/16

CVR(コンバージョン率)とは?平均値、低い原因と改善方法まで詳しく解説!

CVR(コンバージョン率)とは、ブログに訪れた人の中から「成果(コンバージョン)」をした人の割合を表すものです。ブログの収益を上げるにはCVRを改善しましょう。CVRの基本から計算方法、改善方法までわかりやすく解説します!

続きを読む

スマホ・通信費

2021/1/15

【通話・SMS全て無料】Rakuten Link(楽天リンク)の導入と使い方を解説!|楽天モバイル

楽天モバイルが提供する「Rakuten Link」を使うと、通話とSMSがすべて無料で使えます。楽天モバイルを契約している方は必見の内容となっています。この記事ではRakuten Linkの導入方法と使い方を解説しています。

続きを読む

税金

2021/1/14

消費税の仕組みとは?納税義務者、課税対象の取引、計算方法までを解説

消費税とは、商品やサービスなどの消費活動に対して課税される間接税です。消費者が負担をし、事業者が納税をします。税率は10%、酒類を除く飲料食品、新聞は軽減税率が適用され税率は8%です。

続きを読む

税金

2021/1/12

非課税所得の種類と内容を解説!節税に繋がる所得とは?

非課税所得とは、社会的政策やその他様々な理由から、所得税の課税対象とならない所得のことです。非課税の適用を受けるための手続きは原則必要なく、確定申告時に申告する必要もありません。今回はそんな非課税所得についてわかりやすく解説します。

続きを読む

ブログ

2021/1/11

WordPressとはてなブログどちらがいいの?収益化するためのブログの作り方

ブログを始める際、WordPress(ワードプレス)とはてなブログどちらで始めるべきか、双方のメリット・デメリットを比較します。

続きを読む

転売

2021/1/10

Amazonの仕入れ商品リサーチ術!セラーリサーチのやり方とコツを解説!

今回は、誰でも簡単に優良商品を仕入れることができる「セラーリサーチ」について紹介しました。セラーリサーチとは、せどらーがAmazonへ出品してる商品の中身を調べることです。特に、せどり初心者の方必見の記事になります。ぜひご覧ください。

続きを読む

アプリ・ソフトウェア

2021/1/9

Adobe Photoshop(フォトショップ)のショートカットキー37選!本当に使えるものを厳選

Adobe Photoshopのショートカットキーを覚えることで、制作にかかる作業時間を大幅に短縮することができます。今回の記事では、Photoshopでよく使うショートカットキーを37個厳選してご紹介しています。

続きを読む

投資

株式投資|会社四季報の読み方9【業種・比較会社】を解説

  • 会社四季報の【業種】の使い方が知りたい
  • 会社四季報の【比較会社】の使い方が知りたい

会社四季報(四季報)は、東洋経済新報社から年に4回発行される情報誌で、上場企業のプロフィール(企業名、所在地、代表者名)や業績、株価などが一覧にまとまっています。

この記事では、会社四季報の中で【業種】【比較会社】の項目について解説します。

会社四季報の【業種】【比較会社】

会社四季報

会社四季報の中で【業種】【比較会社】は、会社四季報の[9]番に掲載されています。

拡大したものが以下の画像です。

会社四季報 業種 比較会社

株式投資家からすると、【業種】と【比較会社】の項目は、銘柄選定において、業界における企業の立ち位置や、ライバル企業を簡単に見つけるのに役立ちます。

投資家目線でいえば、【業種】【比較会社】は他の項目と比べると、重要な項目ではありません。この項目は銘柄の財務状況や業績を細かく分析するために設けられた訳ではありません。

【業種】【比較会社】は、銘柄を俯瞰するのに役立つ項目となっているため、これから株式銘柄を選定する方、まだ銘柄ぜんぜん絞り込めていない方が、投資対象の銘柄を絞り込む際に使い勝手のいい項目となります。

【業種】

【業種】の項目には、会社の業種時価総額順位について書いてあります。

会社の業種は、東洋経済分類による業種名(小分類)をもとに分類されています。

時価総額順位は、同業種会社の中での時価総額の順位を示しています。

時価総額は、会社の規模・経営状態を表しているので、時価総額順位が高いほど、会社の規模が大きいことになります。

会社の規模が大きければ必ずしもいい訳ではありませんが、一般的に経営が安定しやすくリスクの低い投資対象といえます。一方で、リスクと相反するように利回りが低くなる傾向にあります。

【比較会社】

【比較会社】では、同業他社・類似業種の会社を、1社から3社ほど上げられています。

【比較会社】に挙げられる基準は、「時価総額が近い会社」「営業管轄地域が近い会社」の2点です。

投資銘柄を選定する際には、投資予定の銘柄だけでなく、ライバル企業の財務状況や業績や動向を合わせて分析することが求められます。

【比較会社】に名前を連ねる企業は、会社四季報の担当者が「時価総額が近い会社」「営業管轄地域が近い会社」といったライバル企業を選定してくれているので、まずはその企業を四季報で確認するといいでしょう。

まとめ この記事が30秒で理解できる!

会社四季報の【業種】には、会社の業種・時価総額順位が書かれており、投資対象が安全度を確認する一つの判断材料になります。

【比較会社】では、「時価総額が近い会社」「営業管轄地域が近い会社」が1社から3社ほど挙げられています。

それらのライバル企業は、投資対象の銘柄を決める際に分析が必要となるので、情報を俯瞰でみるのに【比較会社】は役立ちます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-投資

© 2021 マネブロ|副業・節約 お金に関するまとめサイト Powered by AFFINGER5