新着記事

水道光熱費

2021/1/18

コスモでんきとは?豊富な電気プランで電気代が最大約7,000円節約できる!

2人以上の家庭で月に電気を200kWh以上使う方には特におすすめなのがコスモでんきです。最大で月約7,000円節約できるコスモでんきについてわかりやすく説明します。今の電力会社と比べてお得になるか確かめてみましょう。

続きを読む

ブログ

2021/1/16

CVR(コンバージョン率)とは?平均値、低い原因と改善方法まで詳しく解説!

CVR(コンバージョン率)とは、ブログに訪れた人の中から「成果(コンバージョン)」をした人の割合を表すものです。ブログの収益を上げるにはCVRを改善しましょう。CVRの基本から計算方法、改善方法までわかりやすく解説します!

続きを読む

スマホ・通信費

2021/1/15

【通話・SMS全て無料】Rakuten Link(楽天リンク)の導入と使い方を解説!|楽天モバイル

楽天モバイルが提供する「Rakuten Link」を使うと、通話とSMSがすべて無料で使えます。楽天モバイルを契約している方は必見の内容となっています。この記事ではRakuten Linkの導入方法と使い方を解説しています。

続きを読む

税金

2021/1/14

消費税の仕組みとは?納税義務者、課税対象の取引、計算方法までを解説

消費税とは、商品やサービスなどの消費活動に対して課税される間接税です。消費者が負担をし、事業者が納税をします。税率は10%、酒類を除く飲料食品、新聞は軽減税率が適用され税率は8%です。

続きを読む

税金

2021/1/12

非課税所得の種類と内容を解説!節税に繋がる所得とは?

非課税所得とは、社会的政策やその他様々な理由から、所得税の課税対象とならない所得のことです。非課税の適用を受けるための手続きは原則必要なく、確定申告時に申告する必要もありません。今回はそんな非課税所得についてわかりやすく解説します。

続きを読む

ブログ

2021/1/11

WordPressとはてなブログどちらがいいの?収益化するためのブログの作り方

ブログを始める際、WordPress(ワードプレス)とはてなブログどちらで始めるべきか、双方のメリット・デメリットを比較します。

続きを読む

転売

2021/1/10

Amazonの仕入れ商品リサーチ術!セラーリサーチのやり方とコツを解説!

今回は、誰でも簡単に優良商品を仕入れることができる「セラーリサーチ」について紹介しました。セラーリサーチとは、せどらーがAmazonへ出品してる商品の中身を調べることです。特に、せどり初心者の方必見の記事になります。ぜひご覧ください。

続きを読む

アプリ・ソフトウェア

2021/1/9

Adobe Photoshop(フォトショップ)のショートカットキー37選!本当に使えるものを厳選

Adobe Photoshopのショートカットキーを覚えることで、制作にかかる作業時間を大幅に短縮することができます。今回の記事では、Photoshopでよく使うショートカットキーを37個厳選してご紹介しています。

続きを読む

投資

株式投資|会社四季報の読み方8【ネットキャッシュ】【手元流動性比率】を解説

  • 会社四季報のネットキャッシュ、手元流動性比率の使い方が知りたい
  • 会社四季報を見て、安全性の高い企業か分析できるようになりたい

会社四季報は、上場企業の財務状況や業績などが一覧にまとまった情報誌で、「企業の健康診断書」とも呼ばれています。

今回の記事では、会社四季報の中で「企業の資金繰りの安全度」を表す「ネットキャッシュ」「手元流動性比率」について解説します。

会社四季報の【ネットキャッシュ】【手元流動性比率】

会社四季報は、全部で14ブロックに分割された情報が掲載されています。

会社四季報における14ブロックの情報のそれぞれが、投資対象の判断材料として重要な情報で、大きく分けると会社プロフィール(黄色3項目)会社の業績(青11項目)の2つに分けることができます。

【ネットキャッシュ】【手元流動性比率】は「」の項目に書いています。

会社四季報のネットキャッシュとは

会社四季報 キャッシュリッチ

会社四季報のネットキャッシュは、会社が所有している現金・預金や1年以内に現金化できる有価証券など流動性の高い資産から有利子負債を差し引いたものを指します。

ネットキャッシュとは

ネットキャッシュ=(現預金+短期保有の有価証券)-有利子負債

ネットキャッシュが高ければ、安全性の高い流動性資産の保有率が高く、財務上の安心材料が多いことを示す一方で、時価総額に対してあまりにもネットキャッシュが多いと、事業への投資や投資家への還元が少なく現金をうまく使えていないことを示しています。

ネットキャッシュの下に書かれている「総資産」は、総資産に対するネットキャッシュの割合を指します。

総資産に対してネットキャッシュが高ければ、流動性の高い資産を多く保有するキャッシュリッチ企業といえます。

キャッシュリッチ企業は、ROE(自己資本利益率)が高くなる傾向がある一方で、PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)が割安となり、株高要因になる傾向があります。

時価総額をネットキャッシュで割り込んだ数値をネットキャッシュ倍率といいます。

ネットキャッシュ倍率が低い企業は、経営に活用できていない現金が多く、株価が割安と評価されることが多く、M&Aなどの企業買収の対象になりやすい傾向にあります。

キャッシュリッチが、総資産や時価総額に対して高いと、好財務体質であることが多く倒産リスクも低いうえ、株主還元への期待度も高まります。

M&Aの対象になりやすい側面からも、株価のパフォーマンスが上がる可能性を考え、マーケットでは注目されます。

会社四季報の手元流動性比率とは

会社四季報 キャッシュリッチ

手元流動性比率とは、現金などの流動的資産の売上高に対する割合を示しています。

手元流動性比率とは

手元流動性比率=(現預金+短期保有の有価証券)÷(売上高÷12カ月)

手元流動性比率が高ければ、企業の短期的な支払能力が高いことを示しています。

事業を展開すると売上が遅れたり未払いとなるリスクも存在します。その場合、売上代金を回収できるまで、手元の資金で事業がまかなえなければ企業は傾いてしまいます。

上記画像の通り、手元流動性比率が11.2カ月であれば、仮に1ヶ月相当の売上が11.2カ月回収できなくても、手元資金で事業を継続できるので、かなり安心感があるといえます。

中小企業庁のデータによれば、情報通信業、不動産などは平均3カ月以上と比較的高い水準です。

一方で、飲食業や小売業、卸売業などは、資金をすぐに再投資するという特性上1ヶ月~2ヶ月程度の水準になっています。

また、中小企業と比較すると上場企業の手元流動性比率が高まる傾向もあります。

コロナウイルスの影響で、売上がなかなか回収できない事態に陥っている企業もすくなくないことから、手元流動性比率の高い企業に対する注目度はさらに高まっているといえます。

まとめ この記事が30秒で理解できる!

この記事では、会社四季報のネットキャッシュと手元流動性比率をみて、「企業の資金繰りの安全度」を確認する方法を解説しました。

ネットキャッシュや手元流動性比率が高ければ、安全性の高い流動性資産の保有率が高く、財務上の安心材料が多いことを示すため、先行き不透明なコロナ化では非常に注目度が高まっています。

一方で、総資産や時価総額に対して、あまりにもネットキャッシュが多いと、事業への投資や投資家への還元が少なく、現金をうまく使えていないことを示しているともみてとれます。

投資対象の銘柄を選択する際には、企業の安全性も評価したうえで銘柄選定すべきであり、ネットキャッシュと手元流動性比率は参考になるデータでしょう。

最後まで読んでいただきたいありがとうございました。

-投資
-

© 2021 マネブロ|副業・節約 お金に関するまとめサイト Powered by AFFINGER5