Twitter

Twitterの「FF」比率の目安は?相互フォローNGの理由についても解説

Twitter FF とは

こんな悩みはありませんか?

  • TwitterのFF比率の目安ってある?
  • FF比率を高めたほうがいいの?
  • 相互フォローってダメなの?

Twitter(ツイッター)でときどき目にする「FF」「FF外」という言葉は「フォロー(Follow)、フォロワー(Follower)」の頭文字からとった言葉です。

「FF外から失礼します。」という挨拶は、「フォローもフォロワーでもない関係なのに失礼します」という意味となります。

このFFですが、「FF比率」という指数がフォロワー数を伸ばしていく上でも大切になります。

つまり「フォローとフォロワーをどれくらいのバランスにすれば、アカウントが伸びやすいか」といった目安が存在します。

今回は「FF比率の目安は?」「FF比率を高める3つのメリット」について解説しています。

では、本編をどうぞ!

FF比率の計算方法と目安

FF比率は、Twitterアカウントの人気や活動の度合いを測るのに役立ちます。

まずは、理想的なFF比率について解説していきます。

FF比率の計算方法

FF比率とは、「フォロー/フォロワーの比率」を指します。

FF比率は、次の計算式で求められます。

FF比率の計算式

FF比率=フォロワー数÷フォロー数

つまり、フォローされているフォロワーアカウント数に対して、自分がフォローしているアカウントの比率がどの程度か表しています。

理想的なFF比率

FF比率の目安は、フォロワー1,000人までは2.0以上、フォロワー1,000人以降はより数字を伸ばしていきましょう。

例えば、フォロワーが500人でフォローが100人の場合、FF比率は5.0になります。

これは理想的な比率ですね。

一方で、フォロワーが500人でフォローが1000人の場合、FF比率は0.5になります。

FF比率が低いアカウントは、フォローしないとフォロワーが増えなかったり、ツイートの反応率が少ないなどの傾向があります。

私のFF比率

Twitter FF

 

上記画像の通り、私のフォロワー数は6,629人、フォロー数は664人になります。

私のFF比率は、6,629人(フォロワー数)÷664人(フォロー数)により、FF比率は9,98になります。

FF比率が2倍を超えているため、FF比率だけを見れば、活動的なアカウントに見えますね。

さらに詳しく!

FF比率が2未満でも、活動的なアカウントがあるのは事実です。

FF比率だけではなく、人気が高いアカウントなのかどうかは、ツイートのいいね数でも判断できます。

具体的に言うと、オリジナルツイートが「フォロワー数×1%」のいいねが付いているかどうかでも判断できます。

では次に、FF比率を高めると、どのようなメリットがあるのか解説します。

FF比率を高める3つのメリット

FF比率が高めると、次の3つのメリットがあります。

FF比率を高めるメリット

  1. 価値のあるアカウントに見られる
  2. インプレッション(いいね、リプ、RTなど)が高くなる
  3. 外部コンテンツへの集客率が上がる

それぞれについて解説します。

価値の高いアカウントに見られる

FF比率を2.0以上に調整すると、それだけで価値の高いアカウントにみえます。

手前味噌ですが、私はフォロワー6,629人でFF比率が9,98のアカウントなので、それだけで権威性の高いアカウントに見えるでしょう。
MONEBLO

FF比率が低いと、それだけでツイート内容も価値が低そうと決めつけられる可能性があります。

それだけでフォロワーが更に増えにくくなるため、FF比率を意識してフォローしていくといいでしょう。

現状FF比率が低い人は、「相互フォロー」アカウントや、動きのないアカウントのフォローを外して、FF比率を調整しましょう!
MONEBLO

インプレッションが高くなる

ツイートに対して、フォロワー数×1%以上のいいねが理想とされています。

例えば、私ならフォロワー数が6,629人のため、1つのツイートに「いいね66」以上が理想です。

FF比率の低いアカウントは、ツイートに興味を持たれてフォローされたアカウントよりも、ただ相互フォローしたフォロワーなどの母数が増えるため、いいねが少ない傾向があります。

一言でフォロワーといっても、自分のアカウントに興味を持ってくれているフォロワーと、機械的に相互フォローしているフォロワーがいるってことだね!
MONEBLO

3.外部コンテンツへの集客率が上がる

Twitterはブログ、note、オンラインサロンなど、外部コンテンツやサービスの集客と相性がいいです。

参考:Twitter(ツイッター)で稼ぐ!Twitter副業7つの方法を解説

FF比率を上げると、ツイートのインプレッションが高くなるため、結果として外部コンテンツやサービスへの集客力が増します。

実際にマネブロにもツイッターから4,000件近いアクセスがあります。

Twitter アナリティクス

MONEBLO

相互フォローはFF率に悪影響

Twitterのフォロワーを増やす方法として、相互フォローアカウントを利用してフォロワーを増やす戦略があります。

相互フォローアカウントとは、名前の通りこちらがフォローしたら、フォロー仕返してくれるアカウントです。

特にアカウント運用初期に、見かけ上のフォロワー数を増やすことを目的にして、相互フォローアカウントを利用する方もいるでしょう。

しかし、相互フォローアカウントは「いいね」などのアクションが殆どないため、フォロワーが増えてもインプレッションがほとんど増えません

結果として、活発なフォロワーが増えづらいため、FF比率を増やしていくためには逆効果になります。

見かけ上のフォロワーは、長い目でみたらマイナスになるってことだね。
MONEBLO

まとめ この記事が30秒で理解できる!

FF比率とは、「フォロー/フォロワーの比率」を指します。

一般的に、FF比率は2.0以上が理想でした。

FF比率を高めることで、次の3つのメリットがあります。

FF比率を高めるメリット

  1. 価値のあるアカウントに見られる
  2. インプレッション(いいね、リプ、RTなど)が高くなる
  3. 外部コンテンツへの集客率が上がる

Twitterを伸ばす際には、フォロワー数を増やすことに目が行きがちですが、権威性をあげるには、FF比率を高めることも大切です。

相互フォローのようにフォロワー数を増やす方法ではなく、ツイートやコンテンツの内容を高めながら、フォロー率向上を目指すことが大切です。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Taiki

サラリーマン兼ライター。投資の情報をブログを通して発信します。日本の金融リテラシーの教育場になることが目標。現在は、物流業界に勤める会社員の傍ら、投資を初心者に向けてわかりやすく解説しています。

-Twitter

© 2022 マネブロ Powered by AFFINGER5