新着記事

ブログ・Webライティング

2020/11/29

クローラーとは?検索順位を左右する5つのポイント

検索順位を上げるためにはクローラーの重要性を理解することが大切です。クローラーとはインターネット上のテキストや画像データを集めるために巡回するプログラムのことです。ブログやWebサイトで大きな成果を出すためにも、クローラーの知識をこの記事で身につけましょう。

続きを読む

投資

2020/11/27

株式投資|会社四季報の読み方6【資本異動】を解説!

会社四季報の【資本異動】では、会社が発行した株式の推移や資金繰りについて確認することができます。この記事では、会社四季報に主に書かれている資本異動についてや使われる略表記とその意味について解説します。

続きを読む

サブスクリプション

2020/11/26

【飲み代半額】居酒屋一休のサブスク「おつまみ&ドリンク半額会員」を解説!

居酒屋「一休」の「おつまみ&ドリンク半額会員」になることで、毎回の会計を約半額にすることができます。たった月額500円で、一休を半額にできるサブスク「おつまみ&ドリンク半額会員」について、登録方法や実際にいくら安くなったかをご紹介します。

続きを読む

ブログ・Webライティング

2020/11/26

【初心者必見】ブログの始め方マニュアル!ブログの準備から稼ぐ方法までを解説

ブログに興味があっても、何から手を付ければいいかわからない方は多いでしょう。この記事では、ブログ開設に必要な準備と、稼ぐためのブログの方向性を解説します。

続きを読む

水道光熱費

2020/11/23

固定費の節約|エルピオでんきで電気代を節約しよう!

「エルピオでんき」は、「価格.comの値引額ランキング」で1位を獲得している、とにかく電気代を抑えたい人におすすめの電力会社です。今回は、電気代を節約したい人に向けて、非常におすすめの「エルピオでんき」をご紹介します。

続きを読む

転売

2020/11/20

メルカリで稼ぐための「いいね!」を活用した裏技|「いいね!」を5個集めるメリット

今回は、フリマアプリ「メルカリ」の「いいね!」を使った販売術を3つ紹介します。また、「いいね!」たくさんもらうコツも同時に解説するので、メルカリで収益を上げたい人、メルカリでたくさんの商品を売りたい人は必見です。メルカリ転売にも有効ですよ!

続きを読む

サブスクリプション

2020/11/18

【24時間70円】傘のシェアリングサービス「アイカサ」の使い方を紹介!

70円で24時間使える!お得な傘のレンタルサービス「アイカサ」の使い方をまとめました。好きな場所で借り、好きな場所で返却できます。1ヶ月使い放題でも280円。コンビニでビニール傘を買うよりお得な「アイカサ」を紹介します!

続きを読む

税金

2020/11/17

減価償却とは?対象や計算方法をわかりやすく解説!

減価償却とは、取得価額が10万円を超える固定資産を耐用年数によって、数年に分けて費用計上することです。業務に使用していて、なおかつ時間の経過によって劣化するものが減価償却する条件です。減価償却の計算方法には、毎年一定の金額を経費にする定額法と、毎年一定の割合を経費にする定率法があります。

続きを読む

転売

メルカリの商品梱包|転売で丁寧に梱包・発送するポイント!

こんな悩みはありませんか?

  • メルカリの発送で、商品を梱包するコツを知りたい
  • できるだけ送料を抑えて、商品を梱包・発送したい
メルカリに出品していた商品が売れので、商品を梱包して発送したいんだけど、上手な梱包の仕方がイマイチ分からないんだよね。
今まで梱包作業をしたことない人は、「どうやって梱包したら良いのか?」が分かりづらいよね。
今回は、送料を抑えられる梱包の仕方を解説するね。
MONEBLO

転売商品を梱包する際に使うもの

商品を梱包する場合は、以下の5つのいずれかを使います。それぞれ商品の大きさや耐久度に応じて、梱包材を使い分けるといいでしょう。

  • OPP袋、キッチンパック
  • 緩衝材
  • 封筒
  • 紙袋
  • 段ボール

OPP袋、キッチンパック

OPP袋、キッチンパック

OPP袋とは、簡単にいうと透明フィルムを袋状に加工したもので、耐水性があることが特徴です。

そのため、OPP袋を利用することで、雨水などから商品が濡れることを防ぐことができます。

キッチンパックでも代用できますので、用意しやすい方を選んでください。

OPP袋は色付きのものもあるので、外から見られないように色付きの袋を選ぶと、より親切でしょう。
MONEBLO

緩衝材

緩衝材

緩衝材は、様々な衝撃から商品が破損することを守ってくれます。

商品が壊れないように購入者の元へ届けるために、緩衝材を包んで発送するようにしましょう。

特に電子機器や壊れ物は、緩衝材で商品を包むことがおすすめです

緩衝材は、100円ショップやホームセンター、ネットショップから購入することができます。

上の写真の緩衝材は、100円ショップ(ダイソー)で購入した物です。
MONEBLO

封筒

封筒

封筒は、手に入れやすく商品を梱包する時に非常に便利です。

本や薄手の衣服などは封筒で梱包すれば十分でしょう。

紙袋

紙袋

紙袋は、少し大きな商品を発送する時に利用します。

普段買い物をする上で、紙袋をいただける機会は多いと思いますので、紙袋を捨てずに再利用していきましょう。

特に厚手の衣服や、商品自体が厚紙で梱包されている商品は、紙袋がおすすめです。

段ボール

段ボール

紙袋で梱包できない商品は、段ボールを梱包に使うと便利です。

段ボールは、Amazonなどで商品を購入したものを残しておくと、後で再利用できます。

梱包の流れ

イヤフォンを例にして、梱包の仕方を解説していきます。

OPP袋orキッチンパックで商品を包む

商品を梱包する

始めに、OPP袋やキッチンパックで雨水などで濡れないように商品を包みます。

大きい商品の場合は、OPP袋やキッチンパックで包むことができないため、この工程を省いても構いません。

機械系の商品や衝撃に弱い商品は緩衝剤で包む

緩衝材で包む

配送中の衝撃などから商品が壊れないように、緩衝材を使って商品を包みます。

イヤホンのような機械製品や、ガラス製品など割れやすい商品は緩衝材を使いましょう。

封筒や紙袋で商品を包む

封筒や紙袋で包む

最後に、封筒や紙袋で商品を包みます。

可能な限り丁寧に梱包することで、購入者からの印象が良くなります。

最後に、ガムテープでしっかり封をしましょう。

商品梱包を丁寧に行うコツ

それでは、実際の梱包のコツを紹介します。

OPP袋orキッチンパックを使う

商品サイズが収まるならOPP袋もしくはキッチンパックを使って商品を包むことで、雨水などで濡れることを防ぐことができます。

また、OPP袋は透明度が高く光沢があるため、商品を綺麗に見せることができる効果もあります。

ここがポイント!

OPP袋は雨水から守るのに最適な物ですが、値段はキッチンパックの方が安いです。キッチンパックでも充分に対応できるため、少しでも利益を出したい方はキッチンパックをお勧めします。

専用BOXで発送する場合は、BOXと商品の隙間を埋める

専門BOXで包む

「宅急便コンパクト(らくらくメルカリ便)」や「ゆうパケット(ゆうゆうメルカリ便)」などで専用のBOXで発送する場合は、BOXと商品の隙間を埋めることが大切です。

隙間があると、配送中にBOXの中で商品が動いてしまい、商品が傷ついてしまう可能性があるからです。

BOXの中の隙間に新聞紙を埋めるなど対応をして、商品が動いてしまうことを防ぎましょう。

商品を安く梱包・発送するコツ

商品を丁寧に梱包することは大切ですが、副業として取り組むためには、送料をできるだけ抑えることも大切です。

送料を抑えるためのポイントには、発送方法が大きく関わるので、大きさと重さを正確に測ることは非常に重要です。

そのため「厚さ測定定規」と「計量器」を使うことが非常に重要であり、副業として取り組む方は購入すべきです。

厚さ測定定規

厚さ測定定規

厚さ測定定規は、100円ショップ(ダイソー)で購入できます。

商品の厚さが「3cm以内かどうか?」を測ることができます。

例えば、定規にある厚さ3cmの隙間に商品を通すことができれば、「ネコポス((らくらくメルカリ便)」や「ゆうパケット(ゆうゆうメルカリ便)」で発送できます。

数ミリでも3cmを超えてしまったら、「ネコポス(らくらくメルカリ便)」や「ゆうパケット(ゆうゆうメルカリ便)」で発送できないため、厚さ測定定規を使って厚さ3cm以内に抑えられるように梱包しましょう。

送料を抑えるグッズ「計量器」

計量器

商品の重さで送料が変わってしまうので、正確な商品の重さを計ることが重要です。

適切な送料を計らないと送料が数十円・数百円も変わってしまいますので、計量器は必ず購入しましょう。

封筒と緩衝材が一緒になっているグッズ

100円ショップや郵便局などで、封筒と緩衝材が一緒になっている封筒が販売されています。

封筒の中に緩衝材が付いているため、わざわざ緩衝剤材を包んで封筒に入れる必要がありません。

しかし、封筒1枚の値段が高いため、毎月3商品以上を定期的に販売している方は、自分で緩衝剤を包んで封筒に入れて発送する方法をお勧めします。

最後に 30秒でこの記事が理解できる!

今回は、商品の梱包のポイントについて解説しました。

梱包の仕方

  • OPP袋、キッチンパック
  • 緩衝材
  • 封筒
  • 紙袋
  • 段ボール

梱包において必要な資材は、ほとんど100円ショップで入手できます。

購入者に「あなたから商品を購入して良かった」と思っていただけるように、綺麗に梱包して気持ちの良い取引ができるようにしていきましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

-転売
-

© 2020 マネブロ|副業・節約 お金に関するまとめサイト Powered by AFFINGER5