水道光熱費

イデックスでんきとは?節約しながらdポイントを二重取りする裏技!

イデックスでんき

こんな悩みはありませんか?

  • イデックスでんきに切り替えると、どれくらいお得なの?
  • イデックスでんきのポイントサービスはお得なの?

今回紹介する電力会社は、九州で一番信頼されている電力会社「イデックスでんき」です。

九州電力と比較すると、4人家族で年間5,000円以上の節約効果が期待できるなど、従来よりも確実に安くなるようにプランが組まれています。

さらに、3つの割引オプションと、2つのポイントサービスをフル活用することで、電気代の節約が加速しながら、「Oki Dokiポイント」と「dポイント」「WAONポイント」を二重取りできる他にはないサービスです。

本編では、イデックスでんきの評判や、3つの割引オプションと2つのポイントサービスの内容、料金シミュレーションを行っています。

電力会社を切り替えようか迷っている方は、是非参考にしてみてください。

それでは、本編をどうぞ!

イデックスでんきとは?

イデックスでんきは、「株式会社 新出光」が運営している、一般家庭と事業者向けに電力を販売している会社です。

2015年4月から法人向けに50KW上の高圧電力の販売し、2016年7月から家庭向けの電力を始めています。

「株式会社 新出光」は、九州を中心にガソリンスタンドや車のレンタル、中古車販売やケアなどの事業を行う、九州に根差した企業であり、日本トレンドリサーチにおいて九州で一番信頼されている電力会社です。

供給エリアは、九州電力管内だけでなく、東北電力管内・東京電力管内・中部電力管内・北陸電力管内・関西電力管内・中国電力管内です。(北海道電力管内・四国電力管内・沖縄電力管内がエリア外)

イデックスでんきの評判

イデックスでんきは、電気料金がお得で、割引や特典が豊富に揃っています。

イデックスでんきは、電気を使うほど電気代がお得になる割引特典やポイントサービスがあり、メリットが多いと好評です。

電気とサービスステーションをセットで利用するとポイントもたまり、会員価格で給油できるなどのメリットがあるため、車に乗ることが多い方には特におすすめです。

以下、イデックスでんきの評判です。

 

イデックスでんき3つの割引オプション

イデックスでんきの割引特典やポイントサービスは、他の電力会社にはない珍しい3つのサービスがあります。

イデックスクレジットカードによる決済割引

「イデックスクラブポイントカード」か「イデックスクラブカード」で電気代を支払うと、電気代が月55円、年660円の節約できます。

支払い方法を該当のクレジットカードに切り替えるだけなので、非常に簡単に割引となります。

更に、「イデックスでんき」「イデックスのサービスステーション」をセットで利用すると、Oki Dokiポイントを通常の3倍付与します。

イデックスでんきペーパーレス割引

イデックスでんきは、マイページから電気使用量や電気料金を、3年前まで遡って確認することができます。

電気料金の請求書を、郵送せずにペーパーレスに設定すると、月55円、年660円の節約になります。

他の電力会社も、マイページから電気料金を確認できますが、割引がないところが大半です。イデックスでんきは、かなり割引が多い電力会社ですね。
MONEBLO

イデックスでんきの契約継続割引

イデックスでんきでは、1年契約を継続すると、満了月翌月の電気料金が500円割引されます。

更新の度に、毎年500円の割引になるのは、かなり珍しいサービスです。

契約継続で電気料金が割引になる電力会社は、ほとんどありません。
MONEBLO

イデックスでんき2つのポイントサービス

Oki Dokiポイントが最大3倍もらえる

イデックスクラブポイントカードで、「イデックスでんき」か「イデックスのサービスステーションの使用料」のいずれかを支払うと、Oki Dokiポイントが通常の2倍もらえます。

さらに、「イデックスでんき」と「イデックスのサービスステーションの使用料」の両方を支払うことで、最大3倍のOki Dokiポイントがもらえるのでお得です。

Oki Dokiポイントは、JCB系列のポイントで、Amazonなどで使えるポイントです。

イデックスクレジットカードによる月55円の決済割引も受けられるので、2重でお得です。
MONEBLO

dポイントとWAONポイントが貯まる

イデックスでんきと契約すると、毎月に電気量に応じて「dポイント」か「WAONポイント」がもらえます。

dポイントの場合は、電気代100円で1ポイント、WAONポイントの場合は、200円で2ポイントがたまります。

dポイントの場合はドコモユーザーでなくても、スマホの「dポイントクラブアプリ」から「モバイルdポイントカード」を設定することで利用できます。

さらに、「dポイント」「WAON POINT」は、「Oki Dokiポイント」と併用が可能なため、大量ポイント獲得が狙えます。

イデックスでんきの料金プラン

イデックスでんきの一般家庭向けのプランは、「イデックスファミリープラン」「イデックス夜トクプラン」の2つにわけられます。

どちらも大手電力会社よりも、必ず安くなるように設計されているのが特徴です。

イデックスファミリープランの料金

イデックスファミリープランは、九州電力 従量電灯Bと比べて、基本料金と従量料金が安く設定されています。

以下の表が、イデックスファミリープランの料金です。なお、表のカッコ内は、九州電力 従量電灯Bと比較した割引率です。

契約アンペア基本料金従量料金1kWhあたり
120kWhまで120kWh~300kWh300kWh以上
30A882.09円
(▲1.0%)
17.27円
(▲1.0%)
22.07円
(▲4.2%)
23.39円
(▲10.2%)
40A1176.12円
(▲1.0%)
17.05円
(▲2.3%)
22.07円
(▲4.2%)
23.90円
(▲8.2%)
50A1455.30円
(▲2.0%)
17.05円
(▲2.3%)
22.07円
(▲4.2%)
23.90円
(▲8.2%)
60A1728.54円
(▲3.0%)
16.87円
(▲3.3%)
22.07円
(▲4.2%)
23.90円
(▲8.2%)

契約によって従量料金が違いますが、特に月々で300kWh以上使うと、割引率が高くなります。

電気使用量が120kWh~300kWhだと契約アンペアに関係なく、一律の料金です。

イデックス夜トクプランの料金

イデックスでんきの夜トクプランは、オール電化の家庭や夜に電力を多く使う家庭向けのプランです。

イデックス夜トクプランは、平日・休日、季節によって、以下のように料金単価が違うので注意しましょう。

以下の表が、イデックス夜トクプランの料金です。なお、表のカッコ内は、九州電力の電化でナイト・セレクト22と比較した割引率です。

基本料金
契約電力が10KW以下の場合15KWまで15KW超過分
1600.5円
(▲3.0%)
4268.0円
(▲3.0%)
533.5円
(▲3.0%)
従量料金
季節平日(8時~22時)休日(8時~22時)22時~8時
夏・冬(7月1日~9月30日・12月1日~2月28日)26.03円
(▲3.0%)
20.57円
(▲3.0%)
12.8円
(▲3.1%)
春・秋(3月1日~6月31日・10月1日~11月30日)23.22円
(▲3.0%)
17.28円
(▲3.0%)
12.8円
(▲3.1%)

夜(22時~8時)の電気代が、平日の日中と比較して半分程度の電気代となっています。

夜に電力を多く使う世帯は、イデックス夜トクプランがおすすめです。

イデックスでんきに切り替えるとどれくらい安くなる?

1人暮らしでイデックスでんきに切り替えた場合

ひとり暮らしは、30Aの契約で充分であり、月100kW~200kWhの利用がほとんどです。

以下の表で、九州電力 従量電灯Bと、イデックスでんきを30Aで比較します。

項目九州電力従量電灯Bイデックスでんき月間割引
100kWh2,637円2,587円50円
150kWh3,328円3,249円79円
200kWh4,481円4,352円129円

イデックスでんきは、電気使用量が多いほど電気代が安くなるプランとなっているので、1人暮らしの方は満足のいく節約にならないかもしれません。

しかし、割引オプションや、ポイントサービスを使うことで上記の金額以上の割引となります。

3つの割引オプションを使うと、年間で1,820円の節約になります!
MONEBLO

4人家族でイデックスでんきに切り替えた場合

4人家族やペットを飼育しているなど、電力使用量が多い世帯で九州電力と料金を比較してみます。

以下の表では、50Aで350kWh~450kWh前提で、九州電力 従量電灯Bとイデックスでんきを比較します。

項目九州電力従量電灯Bイデックスでんき月間割引
350kWh9,033円8,668円365円
400kWh10,336円9,863円471円
450kWh11,639円11,058円581円

電気使用量が多い家庭は、イデックスでんきに切り替えると、年間で4,000円以上の節約に繋がります。

さらに、割引オプションや、ポイントサービスも活用すると、年間で5,000円以上の節約に繋がるでしょう。

まとめ この記事が30秒で理解できる

イデックスでんきは、企業としての信頼感もさることながら、節約にもつながる優良サービスです。

他の電力会社にはないような3つの割引オプションがあったり、「Oki Dokiポイント」と「dポイント」「WAONポイント」が二重取りできるのも魅力です。

1人暮らしであれば年間1,000円前後、4人家族であれば年間5,000円前後の節約に繋がり、さらに3つの割引で更に1820円お得になります。

申し込みも簡単なので、イデックスでんきへの切り替えを検討してみては如何でしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

shuji

2020年から水道光熱費の節約に関する記事を執筆中です! 水道光熱費は身近だけど奥が深く、長い目で見て大きく節約できます。これから節約を始めたい方は、まずは水道光熱費を見直してみては如何でしょうか?

-水道光熱費
-

© 2021 マネブロ Powered by AFFINGER5