新着記事

投資

2021/1/27

株式投資|会社四季報の読み方11【配当】を解説

この記事では、会社四季報の中の【配当】について解説しています。配当金は、銘柄を購入する上で、欠かせない判断材料の1つです。この銘柄を購入すれば、どのくらいの配当金を受け取れる目安が分かるはずです。

続きを読む

転売

2021/1/26

メルカリで高額販売するテクニック3選!心理学を使った値段の付け方

こんな悩みはありませんか? フリマアプリに出品している商品をなるべく高く売りたい フリマアプリの販売利益を上げたい MONEBLO メルカリをはじめとするフリマアプリでは、商品の販売価格を工夫するだけで、商品の売上、利益は大きく変わります。 今回の記事では、売上と利益を大きくする販売価格のテクニックを紹介します。 フリマアプリの中で一番ユーザー数や取引数の多いメルカリを例に紹介しますが、基本的にどのフリマアプリでも通用するテクニックなので、ぜひ参考にしてください。 また、主に転売ヤー目線で記事を書きますが ...

続きを読む

スマホ・通信費

2021/1/25

【完全ガイド】LINE Out Freeの使い方とは?無料で電話番号通話ができる!

LINE Out Free(ラインアウトフリー)を使えば、電話番号を使った通話が無料でできます。15秒程度の広告を見るだけで毎回の通話料を節約できるので、ビジネスの場面やお店の電話予約などで便利なサービスです。今回は使い方を画像付きで解説します。

続きを読む

水道光熱費

2021/1/24

出光昭和シェルで電気代とガソリン代を今よりもお得に!最大25,000円の節約が可能!

石油事業で大手の出光昭和シェルが電力事業もしていることは知っていましたか?電気代だけでなくガソリン代も安くなる出光昭和シェルのプランや料金について詳しく解説します。どれだけ安くなるかも算出していきます。ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む

税金

2021/1/23

源泉徴収票とは?見方と必要なタイミングを解説!

源泉徴収票とは年収や所得、所得税額が記載された収入証明書の一つです。年末調整後の12月~翌年の1月または退職時に会社から発行されます。源泉徴収票の見るべきポイントは、「支払金額」、「給与所得控除後の金額」、「所得控除の額の合計額」、「源泉徴収税額」です。

続きを読む

投資

2021/1/22

証券会社とは?総合証券会社とネット証券会社の違いや仕組み・業務を解説!

株式投資をするうえで証券会社に関する知識は最低限持っておく必要があります。証券会社がどのような業務をしているのか分からない方もいるはずです。株式や債券などの有価証券を投資するためには、証券会社の口座は必須です。そこで、本記事では証券会社とは何かということや業務内容を解説します。

続きを読む

水道光熱費

2021/1/18

コスモでんきとは?豊富な電気プランで電気代が最大約7,000円節約できる!

2人以上の家庭で月に電気を200kWh以上使う方には特におすすめなのがコスモでんきです。最大で月約7,000円節約できるコスモでんきについてわかりやすく説明します。今の電力会社と比べてお得になるか確かめてみましょう。

続きを読む

ブログ

2021/1/16

CVR(コンバージョン率)とは?平均値、低い原因と改善方法まで詳しく解説!

CVR(コンバージョン率)とは、ブログに訪れた人の中から「成果(コンバージョン)」をした人の割合を表すものです。ブログの収益を上げるにはCVRを改善しましょう。CVRの基本から計算方法、改善方法までわかりやすく解説します!

続きを読む

水道光熱費

夏のエアコン代を半分にする方法!エアコンと扇風機の電気代の差がすごい!

こんな悩みはありませんか?

  • 夏の電気代を少しでも安くしたい!
  • エアコン代ってどのくらい掛かっているかを知りたい!
  • エアコン代を簡単に安くする方法を教えて!
夏の電気料金が高くて困っているんだよ。
夏の電気代は、エアコン代が大半を占めています。エアコン代を削減すると大幅に電気代を削減できるので、この記事を読んでエアコン代の節約方法をミニ身につけましょう!
MONEBLO

夏はどうしてもエアコンをつけてしまいます。

朝から晩までエアコンをつけている方も少なくないでしょう。

エアコンがあれば快適に過ごせる一方、どうしても気になるのが電気代です。

今回の記事では、エアコン代が1ヶ月でどれだけかかっているのか?節約する5つの方法!について解説します。

夏のエアコン代は電気代全体の58%

エアコンは、家計全体の電気代の7.4%を占めています。

少し古いデータですが、2009年の資源エネルギー庁の「家庭におけるエネルギー消費実態について」によると、家計で使う電化製品の消費電力は4,618kWhです。

それを順位別に並べると

  1. 冷蔵庫:658kWh(14.2%)
  2. 照明器具:619kWh(13.4%)
  3. テレビ:411kWh(8.9%)
  4. エアコン:342kWh(7.4%)

という結果になっています。

家計全体でみると、意外と少なく感じますね。

一方で、夏の期間(7~9月)の日中だけを比較すると、エアコンが占める電気代は58%に達します。

夏の期間だけでいえば、電気代の半分以上をエアコンが占めており、エアコン代を削減することが、夏の電気代削減には欠かせません。

さらに詳しく!

一方で冬の期間(12~2月)の夕方以降では、エアコン暖房が占める電気代は約30%です。夏と比較すると少なく感じますが、それでも電気代の約1/3は大きな出費といえます。

エアコン代を下げるため5つの方法

エアコン代を下げるには、すぐにできるエアコンの清掃から、扇風機の活用、エアコンを買い替える方法などがあります。

ここでは簡単にできることから順に解説していきます。

すぐできる!エアコンを掃除する

エアコンを掃除することも節電に繋がります。

エアコンのフィルターが汚れていると、風の通り道が塞がれてしまうので、空気を吸い込むことが難しくなり、通常よりも多くの電力が必要になります。

エアコンにホコリやカビが溜まり目詰まりすると30%を超える風力が損なわれます。

フィルターや吹き出し口を定期的に掃除するだけで、エアコンの効率が大幅に改善されます。

すぐできる!室外機まわりを整理する

室外機の周りに植木鉢やゴミ箱など物があると、室外機から排出された熱風が再び機内に吸い込まれて行き、無駄な電気を使うことになります。

また、室外機まわりの温度が高いと、室内の熱風を捨てることができなくなってしまいます。

夏場は、すだれやカバーで覆い、直射日光を避けるだけで、室外機の温度を下げることができます。

すぐできる!扇風機を使う

エアコンの消費電力は部屋の広さで変わり、300~3,000Wと幅が広い特徴があります。

一般的に、600W~1,000Wで稼働するものが多いので、800Wで電気代を計算します。

仮に、夜寝ている間6時間エアコンをつけ続けると、95.424円です。

一方で、一般的な扇風機の消費電力は、弱20W、中30W、強40Wです。

仮に夜寝ている間、6時間扇風機をつけ続けると、弱で2.38円、中で3.57円、強で4.77円です。

つまり、エアコンを寝ている間つけ続けるのと、扇風機を中でつけ続けるのでは、26倍もの金額差があることがわかります。

1日1ヶ月
エアコン95.424円2,862円
扇風機(中)3.57円107円

コストがかかる!エアコンを買い替える

2000年代後半から省エネが叫ばれるようになり、当時から比べると技術も進歩しています。

20010年代に発売されたモデルと2020年に発売されたモデルを比較すると、年間の電気代は約8,000円削減できます。(14畳用のエアコンの同じシリーズ)

また、メーカーの保証期間も5~9年のところが多く、それ以降に壊れてしまうと、修理ができなくなるか、修理できても料金が高くなる可能性があります。

最大で10年経過する前に、買い替えることをおすすめします。

少しだけ手間!電力会社を切り替える

2016年4月に電力自由化となり、電力会社を自由に選べるようになりました。

電力会社を変えるだけで、電気代が今よりも安くケースが多く、4人家族だと8,000円程度電気代が安くなる可能性があります。

電力会社の切替も難しくはないので、早めに切り替えることをおすすえします。

一番簡単にできて、効果が大きいのは扇風機の活用だね!
MONEBLO

サーキュレーターと冷房活用法

扇風機を使うことは、エアコン代の節約に必要です。

しかし、扇風機だけだと物足りないこともあるでしょう。

そんな場合は、扇風機と冷房を組み合わせて使うことがおすすめです。

本当は、扇風機よりもサーキュレーターを使う方がより効率的だよ!扇風機とサーキュレーターの2台持ちが一番いいんだけど、扇風機しかない方は扇風機で代用しよう!
MONEBLO

扇風機とエアコンを組み合わせることで、空気を循環させることもできるため、温度ムラを防ぐこともできます。

エアコンだけでは、どうしてもを暑い空気は上に行き、冷たい空気は下に行ってしまいます。

最近のエアコンは温度を検知して、ムラなく調整することができますが、扇風機を使うことで、それよりもムラなく空気を循環させることができます。

扇風機とエアコンを使う場合は、エアコンの風向きを水平にし、扇風機をエアコンの向きに置きます。エアコンの風を部屋全体に行き届けるために扇風機の首を上げます。

そうすることで、エアコンの風と扇風機の風が部屋全体にいきわたり部屋の温度が均等になります。

部屋の温度が均等になり風の流れができるので、体感温度が下がります。

扇風機と組み合わせることで、体感温度が下がるのでいつもより2℃ほど温度を上げても体感は変わらないでしょう。

エアコンの設定温度が2℃上がると、電気代が10%程度安くなります。

普段は扇風機を中心に使い、どうしても扇風機だけでは物足りない時は、普段よりも2℃温度を上げたエアコンと扇風機を併用してみましょう。

サーキュレーターの正しい使い方は、エアコン代の節約!サーキュレーターとの併用で詳しく書いています。

さいごに 30秒でこの記事がわかる!

夏はエアコン代が、電気料金の58%を占めています。

エアコン代の削減は、夏の電気料金の削減に直結するため、対策を考えましょう。

  • エアコンの掃除
  • 室外機の整理
  • 扇風機の活用
  • エアコンの買い替え
  • 電力会社の切り替え

上記を使い、エアコン代を削減してみましょう。特に、扇風機とエアコンの併用は簡単にできて効果があります

ぜひ、取り組んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-水道光熱費
-,

© 2021 マネブロ|副業・節約 お金に関するまとめサイト Powered by AFFINGER5