Twitter

Twitterのツイート!本業が忙しい方向けの作成方法とは?

こんな悩みはありませんか?

  • Twitterを伸ばしながら、日常生活と両立したい
  • Twitterを伸ばすには、日常生活の時間を減らさないといけないの?
  • リアルな体験談のツイート作成方法とは?

単刀直入に言うと、日常生活を疎かにしては、ツイートを伸ばすのは難しいです。ツイートの内容は、あなた自身の体験談や努力を取り入れることも大切だからです。

あなたはTwitterを伸ばすことに夢中になり、Twitterの画面を1日眺めていませんか?

Twitterを伸ばすには、ツイートを高めることは必要不可欠です。

Twitterを伸ばすためには、ツイートの内容を考えたり、いいねやリプ周りなどを行うために、最低限の時間を確保する必要があります。

また、日常生活の時間を犠牲にして、Twitterを伸ばす目的を見失っている人も少なからずいます。

そこで本記事では、日常生活の体験談や知識を生かしながら、ツイートの作成方法について解説しています。

では、本編をどうぞ!

ツイート作成の材料を集める方法とは?

あなたの日常生活の体験談や知識、外部コンテンツ(ブログ、noteなど)は、ツイートを作るための必要な材料になります。

良く思いつきでツイートを作る方がいますが、絶対にお勧めしません。日常生活の時間を無駄にせずに、普段から発信者の視点でツイートを考えましょう。

具体的に言うと、ツイートを作成する方法は下記3つになります。

  • 日常生活の体験談、気づきでツイート作成
  • 本などから学んだ知識でツイート作成
  • 外部コンテンツからツイート作成

上記の内容を見ると分かりますが、上記3つを普段から意識するだけで、ツイートを作る負担が軽減されるのではないでしょうか。

一方、それでもツイート内容が思いつかなかければ、一度Twitterの時間を減らして、日常生活のインプットに時間を活用するべきです。

日常生活の体験談・気づきでツイート作成

自分が日常生活で取り組んでいる本業、日常生活の気づきをツイートで言語化することにより、質が高いツイートになりやすいです。

例えば、本業での仕事、学校、資格の勉強などの体験談、その体験談を通して感じたことです。

上記画像は、私が今までの経験を通じて、気づきを得たツイートです。

私はお金の重要性を知り、本業に取り組んでいるときに気づきを得たツイートです。

体験談や気づきのツイートは、自分だけが感じたことは独自の経験になり、周囲との差別化も図れ、個性を出すこともできます。

自分の体験談や気づきのネタを上手く言語化することで、ツイートは無限に作れます。

ここに注意!

体験談や気づきのツイートは、自分の人間味も出せて、周囲の共感を得られます。

しかし、発信ジャンルに無関係な体験談などの内容を、高頻度でツイートするのは厳禁です。

なぜなら、一般的にフォロワー層は顧客と同じで、あなたの発信ジャンルについて学びたくて訪問してきます。

全くジャンルと関係がないツイートをすると、ユーザーやフォロワーの満足度が下がってしまうので注意が必要です。

ブランディングが確立するまでは、1日のツイート数の1割ぐらいに抑えるのが無難です。

すべてのツイート作成に言えますが、その場で思いついた内容を練らずにツイートしないことです。

日常生活で思いついた内容は、ネタ帳を作っていつでもメモが取れるように準備しておきましょう。

メモはスマホの純正アプリ、紙のメモ帳なら持ち運びしやすくて便利です。

ツイートを作成する以前に、内容を作る環境から整理していきましょう。

本などから学んだ知識でツイート作成

本やSNSなどから得た知識を、Twitterでアウトプットという形でツイートしましょう。

自分の発信ジャンルの知識をインプットするだけはなく、Twitterでアウトプットすることで、さらに理解力や記憶力が深まります。

上記画像は、私が本から学んだ知識をツイートになります。

私の発信ジャンルは「株式投資」も1つのため、企業の数字は株式投資では重要な指標であることを伝えたかったのです。

1つ注意点として、ただ本に書かれている内容、知識のまま発信するのではなく、本を読んで得た気づき(考え)を含めてツイートしましょう。

多くのユーザーに少しでも見てもらえるように、メッセージ性を加えたほうが共感度も増し、ツイートも伸びやすくなります。

ここがポイント!

本などの内容からツイートを作るには、他の作成方法と比較して時間がかかるデメリットがあります。

発信ジャンルに関連する資格試験の勉強をしながら、Twitterでアウトプットとして発信することにより、学習効率も上がり一石二鳥です。

外部コンテンツからツイート作成

自分の外部コンテンツを通して、一部抜粋してツイートを作成することもできます。

Twitterのプロフィールや固定RTには、ブログやnote、Youtubeなどのコンテンツを宣伝することができます。

コンテンツの内容を一部ツイートにすることで、140文字以内に要約という形で宣伝にもなります。

私なら「Twitter×ブログ」の2本柱で運営をしていますが、ブログから抜粋してツイートを作っています。

上記画像は、私のブログから一部抜粋して、債券投資のメリットを140文字以内で伝えたかったツイートでした。

「Twitter×外部コンテンツ」の2本柱は、Twitterの作業効率も軽減にも繋がります。

上記画像は、私がブログを公開したときの宣伝ツイートです。Twitter以外の外部コンテンツを紹介する際も、ツイートで宣伝することができます。

ほかの媒体で伸びたコンテンツがあるなら、無理にツイートを作るのではなく、一部抜粋してツイートして伸ばす方法もあります。

ブログやnote、Instagram、Youtubeなどのような媒体で人気が出たネタは、ツイートで140文字以内で要約しても伸びる可能性が高く、集客の向上にも繋がります。

ここがポイント!

Twitter以外の媒体から引っ張って、ツイートをすることでブランディングの強化も期待できます。

140文字以内で発信するTwitterと違った視点で、発信内容は同じでも表現方法が変わってくるので、発信者としてのブランディングの強化も期待できます。

さいごに 30秒で理解できる!

本記事では、ツイートを作成するネタ探しについて解説しました。

  • 日常生活の体験談、気づきでツイート作成
  • 本などから得た知識でツイート作成
  • 外部コンテンツからツイート作成

Twitterを伸ばすには、日常生活の体験談や発信ジャンルの知識構築などが大切になります。

どうしてもTwitterを伸ばしたいからといって、1日の時間をTwitterに費やして、日常生活に影響が出るのは良くありません。

確かに、一時期はTwitterのインプレッションが伸びるかもしれませんが、長期的に見て継続するのは難しいでしょう。

やはり、日常生活の質を高めることが、Twitterの伸びにも影響してくるのです。

Twitterのようなオンライン上で自分を高めることは、日常生活の体験談や知識の吸収などの努力を高めていきましょう。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

マネブロとは?

マネブロは、

「ブログを始めたいけど一人じゃ自信ない!」ブロガーの卵と

「お金の知識を身に着けたい!」読者の

両方のニーズを満たす実践型ブログコミュニティです。

╲ タップすると記事に飛びます ╱

おすすめ記事

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Taiki

サラリーマン兼ライター。投資の情報をブログを通して発信します。日本の金融リテラシーの教育場になることが目標。現在は、物流業界に勤める会社員の傍ら、投資を初心者に向けてわかりやすく解説しています。

-Twitter
-,

© 2022 マネブロ Powered by AFFINGER5