水道光熱費

リミックスでんきの評判や特徴を解説!最大5%節約できるプランとは

リミックスでんき

こんな悩みはありませんか?

  • 電気代を今よりも安くして節約したい
  • リミックスでんきについて知りたい
  • リミックスでんきでどれだけ安くなるのか知りたい

リミックスでんきは、電気使用量にかからわず、電気代が5%安くなる新電力です。

月間1万円の電気代であれば、月500円、年6,000円の節約になります。

また、節約分をそのままビットコインに自動投資できるプランもあり、ビットコインを貯めている人にも意識せずにビットコインが貯まるのでおすすめです。

この記事では、リミックスでんきの評判やおすすめポイントについて解説します。

結論、電力会社を変えたくてどこにすべきか迷っている人は、確実に節約できるリミックスでんきはかなりおすすめです。

だれでも電気代5%OFF

リミックスでんきはこちら

まずは電気代をシミュレーションしましょう

それでは、本編をどうぞ!

リミックスでんきとは?

一般家庭に29万件分以上の電力を届けている実績があり、経済産業省資源エネルギー庁の省エネ補助金のコンサルティングも行なっている企業です。

東証二部に上場している「株式会社リミックスポイント」が運営元であり、信頼のおける企業と考えていいでしょう。

リミックスでんきのプランは、「電気代割引プラン」「仮想通貨付与プラン」「使い得プラン」の3つのプランしかないのでシンプルでわかりやすい特徴があります。

リミックスでんきの評判は?

リミックスでんきの評判をTwitterで調べると、電気代が安くなったといった前向きな評判がでてきます。

リミックスでんきはいまの電気代と比較して、「基本料金」「従量料金」ともに、最大5%安くなる料金プランとなっています。

また、リミックスでんきの仮想通貨付与プランを選択すると、電気代の5%をビットコインで換算して還元してくれます。

リミックスでんきの特徴

いまの電気代から最大5%OFFになる

リミックスでんきの「電気代割引プラン」は、基本料金と従量料金ともに5%割引されます。

他の新電力会社は、電気を使うほどお得だったりと、電力使用量によってはお得でないことがあります。

しかし、リミックスでんきは一律5%OFFとなるため、電力使用量に関わらず、電力使用量が少なくても5%お得になります

以下は、一般家庭で契約している東京電力 従量電灯Bとリミックスでんき「電気代割引プラン」の料金比較です。

基本料金
契約容量東京電力リミックスでんき割引率
30A858.00円815.10円5%
40A1,144.00円1,086.80円5%
50A1,430.00円1,358.50円5%
60A1,716.00円1,630.20円5%
従量料金
契約容量東京電力リミックスでんき割引率
~120kWh19.88円18.88円5%
120kWh~300kWh26.48円25.15円5%
300kWh~30.57円29.04円5%

尚、「低圧電力」に関しては、新電力会社でも安くなるプランがほぼありませんが、リミックスでんきは低圧電力でも一律2%割引になります。

低圧電力
契約容量東京電力リミックスでんき割引率
1,122.00円1,099.56円2%
夏季料金(1kWh)17.37円17.02円2%
その他季(1kWh)15.80円15.48円2%

ビットコインを貯めている人におすすめ

「仮想通貨付与プラン」は、電気代割引プランで割引される相当分(最大5%、低圧電力2%)の仮想通貨(ビットコイン)が付与されます。

「株式会社リミックスポイント」は、暗号資産交換所(仮想通貨交換所)の運営をしている関係で、このようなサービスを提供しているのです。

リミックスでんき

使い得プランは基本料金が0円

「使い得プラン」は基本料金が0円なので使った分を支払う(従量料金)プランです。

「電気代割引プラン」よりも従量料金は高いですが、基本料金が無料なので電気使用量によってはこちらの方がお得になります。

エリア従量料金
東北エリア26.3円/kWh
東京エリア26.3円/kWh
中部エリア26.3円/kWh
関西エリア22.3円/kWh
中国エリア24.3円/kWh
四国エリア24.3円/kWh
九州エリア22.3円/kWh

ここに注意!

北海道エリア、沖縄エリア、離島の方は対象外です。

初期費用・解約料が0円

リミックスでんきは、契約時の初期費用や解約時の手数料が無料です。

契約期間は1年単位ですが、途中で契約を解除しても違約金がかからないので、試しに電力を切り替えたい方にもおすすめです。

リアルタイムで電力使用量が確認できる

リミックスでんきは、30分間隔で電力使用量が確認できるため、何時に電力資料用が多いのか確認するのが便利です。

昼夜の電力使用量の差や、曜日ごとの傾向などをみることで無駄な電力を可視化することができるでしょう。

リミックスでんきにはありませんが「親指でんき」「ミツウロコでんき」「シン・エナジー」などは、夜生活向けのプラン等、時間ごとに料金が変わるプランがあります。

電力使用量を分析した上で、時間帯によって偏っているのであれば、他の電力会社への切り替え検討もおすすめです。

MONEBLO

リミックスでんき「割引プラン」と「使い得プラン」の比較

東京エリアで「割引プラン」「使い得プラン」を比較すると、以下の表のとおりです。

契約容量割引プラン使い得プラン
基本料金30A815.10円0円
40A1,086.80円
50A1,358.50円
60A1,630.20円
従量料金~120kWh18.88円26.3円
120kWh~300kWh25.15円
300kWh~29.04円

40Aの条件で料金を比較してみると、300kWhまでは割引プラン、400kWh以上で使い得プランがお得になります。

契約容量割引プラン(40A)使い得プランおすすめ
200kWh5,364.4円5260円割引プラン(40A)
300kWh7,879.4円7890円割引プラン(40A)
400kWh10,783.4円10520円使い得プラン
500kWh13,687.4円13150円使い得プラン
600kWh15504.6円16,591.4円使い得プラン

2019年12月の「総務省統計データ」より算出した「平均電力使用量」を参考にすると、2人家族だと307kWh、3人家族だと345kWhが平均的な電力使用量です。

電気を良く使う2人家族や、3人家族以上は、使い得プランがおすすめになる可能性が高くなります。

だれでも電気代5%OFF

リミックスでんきはこちら

まずは電気代をシミュレーションしましょう

まとめ 30秒でこの記事が理解できる!

リミックスでんきは、ライフスタイルに関わらず5%割引になる電力です(低圧電力は2%)。

他の新電力会社と比較すると、電力使用量を気にせず、どれだけ電気を使っても一律5%OFFになることがポイントです。

とはいえ、その「割引プラン(40A)」と「使い得プラン」を比較すると、300kWhまでは割引プラン、400kWh以上で使い得プランがお得になります。

うまく活用して電気代を節約してください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

shuji

2020年から水道光熱費の節約に関する記事を執筆中です! 水道光熱費は身近だけど奥が深く、長い目で見て大きく節約できます。これから節約を始めたい方は、まずは水道光熱費を見直してみては如何でしょうか?

-水道光熱費
-

© 2021 マネブロ Powered by AFFINGER5