水道光熱費

親指でんきで年間1万円の節約!7つのプランそれぞれの特徴を解説

親指でんき

こんな悩みはありませんか?

  • 親指でんきのプランはどう違うの?
  • 親指でんきに切り替えるといくら安くなるの?

親指でんき」は、親しみやすく、親身な電力会社を目指して、中小企業向けに節電や節水コンサルティング事業を行なっている株式会社ユビ二ティーが開始した新電力サービスです。

基本料金が0円のプランがメインで、従量料金も固定の料金となるため、シンプルでわかりやすい料金設計です。

さらに「わんにゃんプラン+」や「ゲームプラン」「ビューティープラン」などの他にはないプランも用意されており、様々なニーズに応えています。

この記事では「親指でんき」の8つのプランの中で、家庭向けの7つのプランについて紹介します。それぞれの特徴や、関西電力や東京電力との料金比較についても解説しています。

「親指でんき」でいくら安くなるのか、シミュレーションはこちらからできます。

親指でんきの電気料金プラン

親指でんきのプランは、以下の通り8つあります。

ほぼすべての地域を網羅していますが、北陸地方は全てのプランで対象外です。

プラン名概要
いいねプランA一般家庭向け(関西、中国、四国エリア)
いいねプランB一般家庭向け(北海道、東北、東京、中部、九州エリア)
いいねプランC電気を多く使う6kVA以上の家庭や店舗、事務所
動力プラン動力契約のある事務所
わんにゃんプラン+ペットを飼育している30A~60Aの家庭や店舗、事務所
日曜から夜更かしプラン夜型生活の家庭、夜間営業の店舗、事務所
ゲームプラン夜間にゲームをすることが多い家庭
ビューティープラン美容室やエステサロンなど美容業界店舗や、美容に興味ある家庭
この記事では、家庭向けのプランのみを解説するよ!
MONEBLO

いいねプランA

いいねプランAは、基本料金が0円のプランです。関西電力、中国電力、四国電力エリアの方が対象で、一般家庭向けのお得なプランです。

契約A(アンペア)数が高い方や、電力使用量の多い方がよりお得です。

エリア基本料金単価従量料金単価(1kWhにつき)
関西電力0円22.4円
中国電力0円24.4円
四国電力0円24.4円

ひとり暮らしで「関西電力 従量電灯Aプラン」と比較

ひとり暮らしの場合、「総務省統計データ」より算出した平均電力使用量は176khWです。

「関西電力 従量電灯Aプラン」で計算すると176kwhで3,919円であり、「いいねプランA」は3,942円です。

つまり、平均的な一人暮らしでは「いいねプランA」に切り替えると、月23円高くなってしまいます

電気使用量があまり多くない1人暮らしには、「いいねプランA」は向かないようです。

4人家族で「関西電力 従量電灯Aプラン」と比較

4人家族の場合、「総務省統計データ」より算出した平均電力使用量は368kWhです。

「関西電力 従量電灯Aプラン」で計算すると368kwhで9,064円であり、「いいねプランA」は8,243円です。

つまり4人家族の場合は、「いいねプランA」に切り替えると、月821円も安くなります。年間にすると9,852円の節約が期待されるので、切り替えする効果は高いです。

いいねプランB

いいねプランBも、基本料金が0円のプランです。いいねプランAとエリアが違い、北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、九州電力エリアの方が契約対象です。

現在の契約アンペア数が30A~60Aの方が対象になるため、一般家庭の方向けのプランです。

いいねプランBも、契約A(アンペア)数が高い方や、電力使用量の多い方がよりお得です。

エリア基本料金単価従量電料金単価(1kwhにつき)
北海道エリア0円29.5円
東北エリア0円26.4円
東京エリア0円26.4円
中部エリア0円26.4円
九州エリア0円23.4円

ひとり暮らしで「東京電力 従量電灯B」と比較

ひとり暮らしの場合、「総務省統計データ」より算出した平均電力使用量は176khWです。

「東京電力 従量電灯B」で計算すると176kwhで4,700円であり、「いいねプランB」は4,646円です。

月間で54円、年間で648円の節約になります。節約に繋がるものの、大きな節約にはならないので「シン・エナジー」などのひとり暮らし向け電力会社を選ぶといいでしょう。

4人家族で「東京電力 従量電灯B」と比較

4人家族の場合、「総務省統計データ」より算出した平均電力使用量は368kWhです。

「東京電力 従量電灯B」で計算すると368kwhで10,374円であり、「いいねプランB」は9,715円です。

月間で659円、年間で7,908円の節約です。やはり「いいねプランB」も、電力使用量が増えるほどお得になります。

いいねプランC

いいねプランCは、現在契約している容量が6kVA(キロボルトアンペア)以上の方が対象となる、電力多い家庭や店舗向けのプランです。

さらに詳しく!

1kVAは10Aとイコールです。つまり、6kVAは60Aと思って間違いありません。一人暮らしなど電気使用量が少ないなら20A~30A、家族や家電が多く電気使用量が多い家庭なら40A~60Aを目安となるので、オール電化の家庭や、電気を非常に使う家庭向けのプランです。

エリア基本料金(1kVAにつき)従量電力単価(1kwhにつき)
北海道電力エリア170.5円29.5円
東北電力エリア165円26.4円
東京電力エリア143円26.4円
中部電力エリア143円26.4円
関西電力エリア198円22.4円
中国電力エリア203.5円24.4円
四国電力エリア187円24.4円
九州電力エリア148.5円23.4円

わんにゃんプラン+

わんにゃんプラン+は、室内でペットを飼育していることが契約条件です。

適用範囲は、関西電力、中国電力、四国電力の「いいねプランA」のエリアと、北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、九州電力の「いいねプランB」のエリアです。

「いいねプランA」エリアは、現在契約している容量が6kVA以上の方が対象で、「いいねプランB」エリアは、現在の契約アンペア数が30A~60Aが対象です。

「わんにゃんプラン+」は、附帯サービスとして、株式会社犬吉猫吉が提供する「ペットライフ24」を無料で利用できるサービスです(通常、月額800円)。

さらに詳しく!

「ペットライフ24」は、ペットとオーナーの日常をトータルでサポートする会員サービスであり、ペットに関する各種相談や、ペット関連施設の割引利用が使えるサービスです。

「わんにゃんプラン+」の料金は、「いいねプランC」と同じです。

エリア基本料金(1kVAにつき)従量電力単価(1kwhにつき)
北海道電力エリア170.5円29.5円
東北電力エリア165円26.4円
東京電力エリア143円26.4円
中部電力エリア143円26.4円
関西電力エリア198円22.4円
中国電力エリア203.5円24.4円
四国電力エリア187円24.4円
九州電力エリア148.5円23.4円

日曜から夜更かしプラン

毎日22時00分~翌7時59分までの電力使用がお得になるプランです。

家庭だけでなく店舗でも利用できますが、基本料金が若干異なります。夜間に電気をたくさん使う商店や飲食業、夜間に電気をよく使用する、電気使用量の多いご家庭、共働きや日中不在にしている電気使用量の多いご家庭などにおすすめのプランです。

適用範囲は、関西電力、中国電力、四国電力の「いいねプランA」のエリアと、北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、九州電力の「いいねプランB」のエリアです。

「いいねプランA」エリアは、現在契約している容量が6kVA未満の方が対象で、「いいねプランB」エリアは、現在の契約アンペア数が30A~60Aが対象です。

エリア基本料金(1kVAにつき)昼間電力(1kwhにつき)夜間電力(1kwhにつき)
北海道電力エリア170.5円33.6円27.5円
東北電力エリア165円29.5円24.4円
東京電力エリア143円30.5円24.4円
中部電力エリア143円28.5円24.4円
関西電力エリア190.4円24.4円21.3円
中国電力エリア169円26.4円22.4円
四国電力エリア205.7円25.4円22.4円
九州電力エリア148.5円26.4円21.3円

※基本料金は、家庭向けの料金です。店舗や事務所の場合は料金が変わります。

ゲームプラン

毎日21時00分~翌5時59分までの電力使用がお得になるプランです。

TeamYAMASAのプロゲーマーとスポンサー契約を締結しており、プロゲーマーからeスポ―ツのお得情報を取得できます。

家庭だけでなく法人でも利用できますが、基本料金が若干異なります。夜間に電気をたくさん使い、プロゲーマーやゲームが好きな方にお勧めです。

適用範囲は、関西電力、中国電力、四国電力の「いいねプランA」のエリアと、東北電力、東京電力、中部電力、九州電力の「いいねプランB」のエリアです。

「いいねプランA」エリアは、現在契約している容量が6kVA未満の方が対象で、「いいねプランB」エリアは、現在の契約アンペア数が30A~60Aが対象です。「日曜から夜更かしプラン」と条件は同じです。

エリア基本料金(1kVAにつき)昼間電力(1kwhにつき)夜間電力(1kwhにつき)
東北電力エリア0円29.5円24.4円
東京電力エリア0円30.5円24.4円
中部電力エリア0円28.5円24.4円
関西電力エリア0円24.4円21.3円
中国電力エリア0円26.4円22.4円
四国電力エリア0円25.4円22.4円
九州電力エリア0円26.4円21.3円

※基本料金は、家庭向けの料金です。店舗や事務所の場合は料金が変わります。

ここがポイント!

「ゲームプラン」は最低料金を4,000円に設けています。

ビューティープランHome

業界初の電力×美容を実現したプランです。割引した電気代を美容室やエステ代にまわせたり、美容に関するお得情報を受け取れます。

ビューティープランに新規契約すると、化粧品のサンプルがプレゼントされるなど珍しいプランです。

適用範囲は、関西電力、中国電力、四国電力の「いいねプランA」のエリアと、北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、九州電力の「いいねプランB」のエリアです。

契約条件は、現在の契約アンペア数が30A~60Aの家庭です。

エリア基本料金(1kVAにつき)従量電力単価(1kwhにつき)美容割引特典
北海道電力エリア167.4円29円300円
東北電力エリア162円26円300円
東京電力エリア140.4円26円300円
中部電力エリア140.4円26円300円
関西電力エリア194.4円22円300円
中国電力エリア199.8円24円300円
四国電力エリア183.6円24円300円
九州電力エリア145.8円23円300円

まとめ 30秒でこの記事が理解できる!

「親指でんき」の料金プランと切り替えていくら安くなるのか解説しました。

ひとり暮らしでは、節約効果は低いのでおすすめできませんが、4人家族などの電気使用量が多い家庭では非常におすすめです。

4人家族であれば、年間10,000円程度節約に繋がる可能性があるので、是非一度シミュレーションしてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらの記事もよく読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

shuji

2020年から水道光熱費の節約に関する記事を執筆中です! 水道光熱費は身近だけど奥が深く、長い目で見て大きく節約できます。これから節約を始めたい方は、まずは水道光熱費を見直してみては如何でしょうか?

-水道光熱費
-

© 2021 マネブロ Powered by AFFINGER5