水道光熱費

みんな電力の特徴とは?生産者の顔が見える特徴的なサービスも解説!

こんな悩みはありませんか?

  • みんな電力は他の電力会社と何が違うの?
  • みんな電力に興味があるけど、料金は安くなるの?

みんな電力」は、小売電気事業者153社の中で、自然エネルギーの利用率が最も多い環境に配慮した新電力です。

環境グッドライフアワードで環境大臣賞最優秀賞、第20回グリーン購入大賞で大賞と経済産業省賞を受賞するなど、環境に関する賞をとっている実績があります。

また、「顔の見える電力™」という、電力生産者の顔と電力づくりへのこだわりなどが公開されているサービスがあり、特定の生産者を応援する面白い仕組みがあります。

環境意識の高い方や、自分の故郷の発電所や、思い入れのある土地にある発電所を応援したい方にはおすすめの電力会社です。

この記事では、みんな電力の特徴と、どれくらい節約に繋がるのかについて解説します。

結論、みんな電力に切り替えることで1万円以上も節約に繋がる家庭があります。

それでは、本編をどうぞ!

みんな電力の会社情報

2011年5月に東京都世田谷区に設立された「みんな電力株式会社」による新電力サービスです。

新電力サービスの他に、再生可能エネルギーの発電所構築やITシステムの販売などを手掛けています。

供給エリアは、東北・東京・中部・関西・九州電力に限られているため、それ以外の地域の方は使えません。

最大の特徴 「顔の見える電力™」で発電所を応援できる

みんな電力の最大の特徴は、野菜のように「顔の見える電力™」サービスを提供している点です。

ピンとこないかもしれませんが、電力を作った人、電力の作り方、電力が作られた場所などの情報が公開されており、生産者を選んで発電所を「応援」することがで着る珍しいサービスです。

基本料金から毎月100円が応援資金になる

発電所を選んで「応援」すると、じぶんの電気代の基本料金から毎月100円が応援した発電所に自動的に支払われます。

自分の故郷の発電所や、思い入れのある土地にある発電所を応援するのもいいでしょう。

みんな電力

参考:みんな電力の「顔の見える電力™」発電所一覧抜粋

 

発電所の選び方は、地域や発電手段などで選択可能です。発電手段も再生可能エネルギーで発電した「FIT電気」と「再生可能エネルギー(自然エネルギー)」を積極的に仕入れており、なかには自然エネルギー100%の電力もある環境に優しい電力会社です。

みんな電力 目的

発電所の応援で特典がもらえる

みんな電力の「顔の見える電力™」では、応援する発電所によっては特典を設けています。

特典は、お酒や、野菜、お米など、発電所ごとに個性豊かなものが準備されています。特典を基準に選ぶのも楽しみのひとつでしょう。

みんな電力

みんな電力の2つのプラン

みんなの電力は、電力使用量の多い家庭だと電気代が安くなります。

そのため、4名以上の家族や、ペットを飼っていて冷暖房を長い時間つけている家庭は、かなりの節約効果があります。

再生可能エネルギーを使いながら節約したい方には、おすすめといえます。

みんな電力には「スタンダードプラン」と「プレミアム100プラン」の2つのプランがあります。

どちらも基本料金+従量料金のプランとなっており、シンプルな料金プランです。

スタンダードプランとプレミアム100プランの違いは、自然エネルギーの電源構成の違いです。

スタンダードプランは、全体の60%をFIT電気、全体の15%を再生可能エネルギー、残り25%がその他の電気で構成されています。一部火力や原子力を使っているものの、全体の75%は自然エネルギーです。

プレミアム100プランは100%が自然エネルギーで、構成は全体の60%をFIT電気、全体の40%を再生可能エネルギーとなっています。

そのため、プレミアム100プランの方が自然エネルギーを多く使っており、環境に優しい電気です。

しかし、若干プレミアム100プランの方が高いので、価格を優先するならスタンダードプラン、環境を優先するならプレミアム100プランを選ぶと良いでしょう。

以下が従量電灯B(40A)の場合の料金比較です。

スタンダードプランプレミアム100プラン
基本料金1,072円1,072円
従量料金24.99円/kWh26.48円/kWh

※従量料金に、燃料費調整額(みんな電力は「電源コスト調整単価(みんなワリ)」)、再生可能エネルギー発電促進賦課金(東京電力とみんな電力同額)が別途加算。

みんな電力と東京電力の料金比較(1人暮らし)

ひとり暮らしで充分な電力量として、30Aで100kWh~200kWhで東京電力 従量電灯Bとみんな電力を比較します。

項目東京電力スタンダードプランプレミアム100プラン
100kWh2,627円3,106円3,255円
150kWh3,709円4,194.5円4,418円
200kWh4,924円5,283円5,581円

電力使用量が少ないと、いずれも東京電力 従量電灯Bの方が安くなりました

みんな電力に切り替えても、金銭的にデメリットとなるので、切り替えない事をおすすめします。

ひとり暮らしの方は、「シン・エナジー」などのひとり暮らしで安くなる電力会社を選ぶのもおすすめです。
MONEBLO

みんな電力と東京電力の料金比較(家族)

4人暮らしやエアコンなどの使用が多い世帯向けに、50Aで300kWh~500kWhで東京電力 従量電灯Bとみんな電力を比較します。

項目東京電力スタンダードプランプレミアム100プラン
300kWh8,012円7,746円8,193円
350kWh9,443円8,834.5円9,356円
400kWh10,876円9,923円10,519円
450kWh12,307円11,011.5円11,682円
500kWh13,740円12,100円12,845円

電気使用量が多いと、みんな電力に切り替える効果と節約に繋がります。

4人家族に多い450kWhで比較すると、スタンダードプランに切り替えると月1,295.5円、プレミアム100プランに切り替えると月625円の節約になりました。

つまり、スタンダードプランの場合だと年間で15,000円程度、プレミアム100プランでも年間7,500円程度の節約になり、かなりお得です。

申し込みに関して

みんな電力」の申し込みは、5分ほどで簡単にできます。

最新の検針票とクレジットカードを準備して、WEBから申し込みを進めることができます。

「みんな電力」に切り替える時は、前まで使っていた電力会社に解約の連絡をする必要がありますが、「みんな電力」が解約手続きも行ってくれます。

みんな電力に切り替える時に、スマートメーターを設置しなければいけませんが、原則立ち会いは不要です。スマートメーターが設置されていると、基本的には次の検針日から電気を使えます。申し込みから電気の利用開始までは、3~6週間です。

スマートメーターを設置する必要がある家庭では、申し込みから切り替わるまで少し時間がかかってしまうことがあり、目安として6週間程度です。

支払いは、クレジットカードと口座振替を選ぶことができます。

クレジットカードは、Visa、MasterCard、JCB、 Diners Club、American Express と基本的に全て使えるので、不便はしないでしょう。

口座振替の場合は、月末締め切りの27日で口座から引き落とされます。支払い方法を口座振替にした方は、WEBから紙で申し込みができます。紙で申し込み希望の方は、WEBからダウンロードするか、カスタマー・サポートまで連絡してください。

まとめ この記事が30秒で理解できる

みんな電力は、「顔の見える電力™」サービスで、生産者が応援できる珍しい電気会社です。

基本料金から毎月100円で生産者を応援できるため、負担なく生産者を応援することができます。

さらに、環境に優しい自然エネルギーを積極的に使っているため、環境志向の方にもおすすめです。

電力使用量の多い家庭の場合、1万円以上の節約も可能となるので、節約の意味でも非常に価値が高いサービスといえます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
shuji

shuji

2020年から水道光熱費の節約に関する記事を執筆中です! 水道光熱費は身近だけど奥が深く、長い目で見て大きく節約できます。これから節約を始めたい方は、まずは水道光熱費を見直してみては如何でしょうか?

-水道光熱費
-

© 2021 マネブロ|副業・節約 お金に関するまとめサイト Powered by AFFINGER5