不動産投資で不労所得は作れる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

不動産ビジネスとは

不動産ビジネスとしては、売買、仲介、管理など様々ありますが、ここでは不動産賃貸経営について紹介します。
アパートやマンションのオーナー、つまり大家さんになる副業です。
一般的に不動産投資と呼ばれるものです。

副業としてアパートやマンションを経営する、と聞くと一見難しそうに感じるかもしれません。

元手となる資金が無いから出来ない、と諦める必要はありません。

他人のお金で投資できる


これは数ある投資の中でも珍しく、不動産投資の特徴です。
一般的に、投資は自己資金で行います。
株式投資などの金融商品も自己資金で行いますね。

それに対し、不動産投資は他人の資金を投資に回すことができます。
つまりお金を借りて、そのお金で投資できるということです。
FX投資でのレバレッジも同じです。

銀行など金融機関から借り入れを行い、その資金で不動産を購入、賃貸物件として経営するのです。

不労所得になる

不労所得とは、自分が働かなくても得られる収入のこと。
サラリーマンなど時間に応じて得られる収入は労働所得などと呼ばれます。

副業として収入を作るには、本業をおろそかにしないよう自分の時間は確保したいところ。
不動産投資は一度仕組みを作ってしまえばほとんど働かずに収入が得られます。

サラリーマンほどお金が借りやすい

不動産を購入するためには、大きなお金を用意しなければなりません。
マンション一棟ともなれば億単位の資金が必要です。

現金を用意できる方は問題ないですが、多くの人は金融機関等に融資を受けることになると思います。
金融機関に融資を受ける際、物件の良し悪しが審査対象になりますが、加えて審査対象になるのが、融資を受ける人の属性です。

属性とは、その人の情報のこと。
具体的には以下のとおり。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク