【メルカリ】高評価を貰える梱包のコツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

良い梱包は良い評価に繋がる

メルカリで商品を売ってお金を稼ぐ上で避けて通れないのが商品の梱包。

メルカリではアカウントの評価があり、出品者と購入者でお互い3段階の評価を行います。

商品情報からアカウントの評価を確認できるため、詐欺予防として確認される方も多いと思います。

面倒ではありますが、丁寧な梱包を行なっていれば購入者から良い評価を貰え、次の商品が売れやすくなります。

今回は、封筒などでは送れない、比較的大きな商品の梱包方法について紹介します。

梱包方法

入れ物を用意する(ダンボールや袋)

商品のサイズに合ったダンボールを用意しましょう。

小さいほど送料を安くできます。

商品が衣類などであれば紙袋などでも問題ありませんが、

輸送中のダメージを考えると、ダンボールが無難です。到着時のイメージも良いです。

日頃から通販などで届いたダンボールをストックしておきましょう。

無ければ、スーパーやホームセンターで貰えます。

コンパクトにする

商品をできるだけコンパクトにします。

衣類ならきれいに畳みます。ケースがあるものはケースに入れます。

ガジェット類などケーブルが付属しているものは、ケーブルを輪ゴム等でまとめましょう。

この際、輸送中に商品が動かないようにしましょう。

ビニールで包む

コンパクトにした商品を、ビニールで包みます。

配達中に雨に降られても大丈夫な状態にします。

割れ物であれば、新聞紙で包んだ後にビニールで包みます。

このような包装グッズが便利です。

大きいサイズの商品には大きいビニールを用意。

緩衝材を入れる

衣類などあれば必要ありませんが、

輸送中の破損の恐れがあるものを発送する際は必ず緩衝材を入れましょう。

代表的なものはプチプチ。

緩衝材を入れると同時に、ダンボール内で商品が動かないよう工夫しましょう。

(ダンボールの切れ端でサイズを調整したり、新聞紙を詰めるなど)

開封しやすいよう封をする

あまりに厳重にガムテープなどを巻いてしまうと、購入者が開封しづらくごみの処分にも困ります。

これが悪い評価に繋がらないとも言えません。

輸送中に開いてしまわない程度、かつしっかりした封をしましょう。

ガムテープは紙製だと粘着が弱くなるため、布製テープを選びましょう。

慣れれば面倒ではなくなる

以上、細かく紹介しましたが、正直面倒な作業だと思います。

ただ、慣れてしまえばすぐに用意できますし、良い評価に繋がる必要な作業です。

梱包状態で損をしないよう、マスターしましょう!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク