メールアドレスを取得しよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

メールアドレスとは

電子メールアドレス(でんしメールアドレス、英語:Electronic mail address)、Eメールアドレス(イーメールアドレス、英語:email address、e-mail address)は電子メールにおける送信先や発信元を表す。略称としてメールアドレスアドレスメルアドメアドなどがある。漢字で言うと電子郵便住所である。

wikipediaから引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/メールアドレス

メールアドレスとは、メール(ネット上の手紙)を送受信する住所

この世に同じメールアドレスは存在しません。

ビジネスを行う上では絶対に必要になるものです。

SNSを利用しビジネスを行う場合、SNSのアカウントを作成するのにメールアドレスが必要です。

ブログアフィリエイトを行う場合、ドメイン取得やサーバーレンタルの際にもメールアドレスが必要です。

ネット上のビジネスに限らず、不動産ビジネスでは業者さんとの連絡をメールで行います。

これからお金を稼ごうと考えている方は、まずメールアドレスを取得してください。

メールアドレスは無料で作成できます。無料でアドレスを作成できるサービスをフリーメールサービスといいます。

メールサービスは運営会社が事業を行う限り存続します。安定した企業であれば認知度も高いため信用もあり今後長期間使用できるメールサービスと言えます。

プロバイダのメールアドレスを使用している場合は、プロバイダの変更と同時にそのアドレスが使用できなくなるため、無料で作成でき、変更の手間が無いフリーメールを使用するのが賢い選択です。

フリーメールでおすすめの2社を紹介します。

Gmail


検索エンジンで有名なgoogleが運営するメールサービス。

利用者数は4億2500万人以上で、世界最大のメールサービス。

特徴

  • メール容量は15GBの大容量(業界最大)
  • ウイルススキャン付き
  • 絵文字対応
  • 添付ファイル無制限
  • 複数アカウント保持が可能

登録はこちらから。

登録方法が分からない方は以下をご覧ください。

Yahoo!メール

Yahoo!メールは検索エンジンで有名なYahoo!が提供するメールサービス。

人によってはGmailよりも馴染みがあるかもしれない。

特徴

  • メール容量は10GBの大容量
  • メールの振り分けが簡単
  • 絵文字対応
  • 添付ファイル50個まで
  • 複数アカウント保持が可能(セーフティーアドレス

登録はこちらから。

登録方法が分からない方は以下をご覧ください。

結局、どっちがいいの?

管理人としてはGmailをおすすめします

付随サービスとの連携やセキュリティ面でも信頼が置けると感じます。

yahoo!メールとGmailの詳しい比較はこちら。

いくつかのアドレスを使い分けよう

当サイト管理人は以下のように使い分けをしています。

メインアドレス:Gmail

サブアドレス:Yahoo!メール

ブログ用アドレス:ドメイン(サイトのURL)を使用したアドレス

メインのアドレスは容量・信用ともに高いGmailを使用。本名を組み込んだアドレスで、顔を合わせる業者さんとのやりとりや長期間使用するサービスの登録に使用しています。

サブアドレスのYahoo!メールも各種サービスの登録に使用しますが、メルマガや営業メールなど、緊急性の無い連絡を受けるアドレスとして使用しています。最悪の場合アドレスを抹消しても仕事に支障の無いアドレスです。

ブログ用のアドレスとして使用しているのは、ドメインを使用したアドレスです。
こちらが当サイトのメールアドレス。info@moneyblog.jp
当サイトの連絡先であると一目でわかることが大切です。

独自ドメインを使用したメールアドレスの作成方法はこちら

もちろん、全てGmailでも問題ありませんので、自分に合った使い方を見つけていきましょう!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク